日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net

公開日:2020年05月22日

企画に使えるデータ・事実 成長市場を探せ
ウイスキー(2020年版)





 酒類全体のダウントレンドのなかで、ウイスキーの快進撃が続いている。2018年度のウイスキーの課税数量は182,743kl、前年度比9.4%増で、11年連続で拡大している(国税庁「酒のしおり」)。




 戦後の日本のウイスキー市場は右肩上がりの成長を続けてきたが、1983年をピークに減少に転じ、20年以上低迷を続けてきた。しかし、サントリーが2008年にスタートさせた「ハイボール復活プロジェクト」が奏功、それまでの飲食店でのボトルキープや、シニアの飲み物というイメージを払拭、若い世代を中心に消費が増加した。さらにニッカウヰスキー創業者夫妻をモデルとした2014年9月放送開始のNHKの連続テレビ小説「マッサン」の影響も加わって、2014年度、2015年度は2桁の成長となった。かつては輸入品のイメージが強かったウイスキーだが、2014年にはサントリーの「山崎シングルモルト・シェリーカスク2013」が英ウイスキーガイドブック「ワールド・ウイスキー・バイブル2015(Whisky Bible)」で世界最高のウイスキーに選ばれたのを皮切りに、国産ウイスキーの受賞が相次いだことも人気を後押し、熟成に時間がかかることから急激な増産は難しく、国産ウイスキーは品薄状態が続いている。メーカー各社は海外のウイスキーメーカーとの提携などにも積極的で、ブームはまだ続きそうだ。


参照コンテンツ


シリーズ 成長市場を探せ


おすすめ新着記事

企画に使えるデータ・事実 成長市場を探せ ウイスキー(2020年版)
企画に使えるデータ・事実 成長市場を探せ ウイスキー(2020年版)

酒類全体のダウントレンドのなかで、ウイスキーの快進撃が続いている。2018年度のウイスキーの課税数量は182,743kl、前年度比9.4%増で、11年連続で拡大している。そのきっかけとなったのは、サントリーがスタートさせた「ハイボール復活プロジェクト」。ハイボールという飲み方提案を通じて、若者向けのアルコールとしての地位を確立したことが大きい。

戦略ケース ぶれない基軸で何度も危機を乗り越える チョーヤの成長戦略
戦略ケース ぶれない基軸で何度も危機を乗り越える チョーヤの成長戦略

日本食ブームなどで海外でも人気が高まっている日本の梅酒。その製造・販売のパイオニアがチョーヤ梅酒だ。同社は1959年に梅酒の販売を始めて以降、大手メーカーの参入や生活者の酒離れなど、幾度も苦境に立たされてきた。それでも2018年度の売上高は124億円、国内シェアトップの地位を築いている。中堅企業である同社は、どのように危機に立ち向かい、今日の成長を遂げたのか。

消費者調査データ エナジードリンク<br>「コカ・コーラ エナジー」「アイアンボス」 新商品で再びブームなるか
消費者調査データ エナジードリンク
「コカ・コーラ エナジー」「アイアンボス」 新商品で再びブームなるか

2019年のエナジードリンク市場は前年比116%と2桁の伸びだ。今回調査ではいずれのブランドも3ヶ月内購入は6%台で、ユーザー層は大きいとは言い難い。しかし再購入意向は高く、ユーザー層は活発だ。新商品も登場する中、再びブームは訪れるのか。






会員登録のご案内
消費社会白書2020
研修テキストに使える!コンテンツパッケージ販売のご案内
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
マーケティングモニターのご案内
データでわかる辛口性格診断
page top

JMR生活総合研究所マーケティングサイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2020 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.