日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net



戦略200+・企業活動分析
株式会社 資生堂(2018年)
人気の企業活動分析 無料サンプル はこちらから
本コンテンツの全文は、PDFでのご提供となっております。
ご利用には有料の会員登録が必要です。
ご登録済みの方は、こちらから最新版をご覧になれます。
会員のご登録はこちらをご覧ください。

2017年12月期決算の総括
資生堂の2017年12月期の連結決算は、売上高1兆51億円(前年同期比18.2%増)、営業利益804億円(同118.7%増)の増収増益となった。日本事業に関しては、マーケティング投資を強化してきた中高価格帯のブランドが好調を継続し、国内顧客の売上が拡大してきたことに加え、訪日外国人向けのインバウンド需要を着実に獲得してきたことなどから、市場を大きく上回る成長となった。中国事業に関しては、「SHISEIDO」「クレ・ド・ポー ボーテ」「IPSA」などのプレステージブランドが"メイド・イン・ジャパン"の強みを活かして高成長を持続したほか、パーソナルケアブランドもEコマース売上が牽引して大きく伸長した。アジアパシフィック事業に関しては、韓国、タイ、台湾を中心に「クレ・ド・ポー ボーテ」や「NARS」などのプレステージブランドがいずれも大きく成長した。米州事業では、「NARS」や「SHISEIDO」などのプレステージブランドが成長を継続した。また、前期に取得した「Laura Mercier」は、成長に向けてマーケティング投資を強化した。一方、ブランドの再構築に取り組んでいる「bareMinerals」は、大手百貨店の閉店影響やスペシャルティストア(企業型専門店)での競争激化などにより、売上が前期を下回まわった。欧州事業では、前期にライセンス契約を締結した「Dolce&Gabbana」を中心にマーケティング投資を強化し、ブランド価値向上を図った。また、これまで別々に事業を展開していた化粧品とフレグランスの組織統合をはじめ、バックオフィスや物流システムの統合など構造改革を推進し、収益性向上の基盤づくりに取り組んだ。トラベルリテール事業、プロフェッショナル事業に関しても成長を続け、増収となった。2018年3月には新3カ年計画を策定。各地域のお客さまニーズに対応したブランド戦略を徹底し、積極的なマーケティング投資を継続しながら、デジタライゼーションの加速や新事業開発、さらにイノベーションによる新価値創造を進めていく。

【最新版 2018.08.30 更新】
資生堂
企業活動分析
更新状況
00年 01年 02年 03年 04年 05年 06年 07年 08年 09年
- - -
10年 11年 12年 13年 14年 15年 16年 17年 18年
- - -
戦略200+・企業活動分析「資生堂」
戦略200+・企業活動分析


企業活動分析に関する基調論文


参照コンテンツ


競合他社の業績と比較分析する


おすすめ新着記事

MNEXT 中堅ビジネスの再成長への提案<br>―大手よりも伸びる中堅企業のナゼ?
MNEXT 中堅ビジネスの再成長への提案
―大手よりも伸びる中堅企業のナゼ?

どうしたら会社が持続的に成長できるのか。経営者にとって最大の悩みだ。当社独自の分析では、直近10年間で成長していたのは大手企業よりもむしろ中堅企業であった。つまり、中堅企業は大手よりも優れた成長戦略を採ったということだ。では、どのような戦略で「壁」を突破し再成長を遂げたのか、事例を交え解説する。

成長市場を探せ 麦茶飲料(2019年版)
成長市場を探せ 麦茶飲料(2019年版)

無糖茶市場が拡大を続けている。なかでも成長著しいのが麦茶飲料で、2018年は前年比14%増、9年連続の伸長だ。背景には、近年の猛暑から熱中症対策飲料としての認知が進んだこと、加えて健康効果も知られるようになり、通年商品化したことが挙げられる。需要最盛期を迎え、ますますの市場拡大が期待される。

戦略ケース  アルビオンはいかにして
戦略ケース  アルビオンはいかにして"500億円の壁"を突破したか

「スキコン」のアルビオンが好調だ。2018年度の売上高は688億円と、過去23年間で約3倍の伸びである。しかし、順風満帆な成長だったわけではない。2009年度には"500億円の壁"に直面し、売上が落ち込んだのだ。見事復活を遂げ、"壁"を突破した背景には、同社の基軸である化粧品専門店への集中戦略があった。






マーケティングモニターのご案内
データでわかる辛口性格診断
会員登録のご案内
消費社会白書2019
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
page top

JMR生活総合研究所マーケティングサイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2019 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.