日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net


(2017.09)

「食と生活」のマンスリー・ニュースレター 第88号
拡がるニッチ家電―ヒットのカギは新鮮で変化のある生活



今号より対象領域を「食と生活」へと広げ、より生活全般に結びついたコンテンツをお届けしてまいります。
今月は調理家電を中心とした"ニッチ家電"がテーマです。是非ご覧ください!


JMR生活総合研究所では、めまぐるしく変化する「食と生活」の今を切り取り、「ニュースレター」として整理したPDFファイルのご提供を行っています。
これは、
  • 「食と生活」に関する弊社オリジナル調査の結果と、
  • 主要紙誌の「食」関連の掲載記事から見えてくる「食と生活」のトレンドを整理したヘッドラインクリップ
の二部で構成し、お届けするものです。
本コンテンツの全文は、有料会員サービスでの公開となっております。
ご利用には有料の会員登録が必要です。
ご登録済みの方は、こちらから全文をご利用ください。
有料会員のご登録はこちらをご覧ください。


「食と生活」のマンスリー・ニュースレター 第88号は、
  1. オリジナル調査結果 拡がるニッチ家電―ヒットのカギは新鮮で変化のある生活
  2. 業界クリップ - 2017年6-7月の動向
の2部構成でお届けします。


1.拡がるニッチ家電への欲求(本文抜粋)
レポートイメージ

 近年新しいタイプや機能、用途を持った家電(以下、ニッチ家電という)が話題になっている。今回は冷蔵庫などの普及率の高いものをあえて除き、ニッチ家電について調査した。なお、本調査では調理家電25商品、その他家事家電9商品をリストアップした。まず、ほしい家電について聞いたところ、トップには17.4%でコードレス掃除機が入り、以下、ロボット掃除機、羽根無し扇風機、コーヒーメーカー、ホームベーカリー、布団クリーナーが続く。

本コンテンツの全文はPDFでのご提供となります。
【全文を読む】(有料会員向け)

※会員のご登録はこちらをご覧ください。


* オリジナル調査結果の分析 構成(全4頁)
  1. 拡がるニッチ家電への欲求
  2. 9割の既婚子手離れ女性が「ニッチ家電がほしい」
  3. 「できなかったことを可能にする」ことが魅力
  4. ほしいのは「新鮮で変化のある生活」

* 業界クリップ 2017年6-7月(全7頁)

  1. 消費者の動き        【消費の回復と腰折れリスク】
  2. 売れている食品・メニュー  【社会の変化が生み出す新たな食文化】
  3. 東京市場          【両国駅の「謎」のホームでキャンペーン】
  4. 地産地消          【ハウス食品の地産地消キャンペーン】
  5. 食品企業の経営       【世界的な品評会での受賞】
  6. 製品開発          【日清食品が「黒歴史トリオ」を発売】
  7. 価格政策          【日欧EPAによる値下がりの期待】
  8. プロモーション       【ハワイをテーマとした共同キャンペーン】
  9. チャネル政策・チャネル動向 【セブン&アイがアスクルと提携】
  10. ヘッドラインクリップ    2017年6-7月の動向



バックナンバー


おすすめ新着記事

消費者調査データ<br>RTD(2019年1月版)<br>ストロングゼロ、ウィルキンソン。<br>高アルコールは定番の氷結、ほろよいを超えるか
消費者調査データ
RTD(2019年1月版)
ストロングゼロ、ウィルキンソン。
高アルコールは定番の氷結、ほろよいを超えるか

アルコール市場が低迷する中、RTDは数少ない成長市場だ。今回の調査では、過去2回と同様に「キリン 氷結」が再購入意向を除く6項目で首位を獲得した。それを追うのはサントリーの「ほろよい」。2社がトップブランドを争う中、健闘を見せているのが再購入意向で首位を獲得したアサヒの「ウィルキンソンRTD」だ。激戦が繰り広げられるRTD市場に注目したい。

第12回 ネクスト戦略ワークショップ講演録<br>ロングセラーブランドの長寿化
第12回 ネクスト戦略ワークショップ講演録
ロングセラーブランドの長寿化

ロングセラーブランドにとって避けられない課題が、顧客の流出だ。強みである潜在顧客基盤の大きさを活用して、これから5年先、10年先も支持されるためにはどのような戦略が必要になってくるのか。顧客の新陳代謝がうまくいっているカルピスやハーゲンダッツの事例を取り上げながら、解説していく。

消費者調査データ<br>ノンアルコール飲料(2019年1月版)<br>オールフリーとドライゼロがリード、トクホや透明タイプにも注目
消費者調査データ
ノンアルコール飲料(2019年1月版)
オールフリーとドライゼロがリード、トクホや透明タイプにも注目

ノンアルコール飲料が好調だ。今回の調査では、「オールフリー」が7項目中6項目で首位を獲得。ノンアル市場はビールテイストが8割強を占めるが、カクテルや梅酒などRTDテイストの成長が目立つ。透明タイプや強炭酸などソフトドリンクのトレンドも取り入れ、今後も各社の動向から目が離せない。






マーケティングモニターのご案内
データでわかる辛口性格診断
会員登録のご案内
消費社会白書2019
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
page top

JMR生活総合研究所マーケティングサイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2019 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.