日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net


(2017.06)

「食」のマンスリー・ニュースレター 第85号
父の日の贈り物~垣間見える父子関係~



JMR生活総合研究所では、めまぐるしく変化する「食」の今を切り取り、「ニュースレター」として整理したPDFファイルのご提供を行っています。
これは、
  • 「食」に関する弊社オリジナル調査の結果と、
  • 主要紙誌の「食」関連の掲載記事から見えてくる「食」のトレンドを整理したヘッドラインクリップ
の二部で構成し、お届けするものです。
本コンテンツの全文は、有料会員サービスでの公開となっております。
ご利用には有料の会員登録が必要です。
ご登録済みの方は、こちらから全文をご利用ください。
有料会員のご登録はこちらをご覧ください。


「食」のマンスリー・ニュースレター 第85号は、
  1. オリジナル調査結果 父の日の贈り物~垣間見える父子関係~
  2. 業界クリップ - 2017年3-4月の動向
の2部構成でお届けします。


1.父の日に贈り物をしているのは4人に1人(本文抜粋)
レポートイメージ

 2017年6月18日の父の日に、どのような人がどのようなものを贈っているのかを調査した。
 今年の父の日の贈り物の有無を見てみると、全体の25.1%の人が贈り物をしていた。父親存命者ベースで属性別に見てみると、女性で贈り物をした人は50.2%と男性よりも2倍近く高かった。ライフステージ別でも違いがあり、既婚子どもなし層が最も高かった。性別・ライフステージ別でみると、女性・既婚子どもなし層が62.5%と最も高く、続いて女性・子育て層、女性・子手離れ層となっている。

【全文を読む】(有料会員向け)


* オリジナル調査結果の分析 構成(全4頁)
  1. 父の日に贈り物をしているのは4人に1人
  2. アルコール飲料を贈るのは男性独身層が約6割
  3. 男性はリアル、女性はネット購入率が高い
  4. 父親と同居していない人ほど贈り物をする

* 業界クリップ 2017年3-4月(全7頁)

  1. 消費者の動き        【個人消費の景気判断が上方修正】
  2. 売れている食品・メニュー  【機能性チョコレートの人気続く】
  3. 東京市場          【渋谷で「シブサラ」提案】
  4. 地産地消          【認定ブランドの紹介アプリ】
  5. 食品企業の経営       【物流危機への対応】
  6. 製品開発          【渋みを抑えた「ヘルシア」登場】
  7. 価格政策          【ジャガイモの高値続く】
  8. プロモーション       【ロボットによる接客の試み】
  9. チャネル政策・チャネル動向 【大手小売が相次ぎ値下げ】
  10. ヘッドラインクリップ    2017年3-4月の動向



バックナンバー


おすすめ新着記事

MNEXT 中堅ビジネスの再成長への提案<br>―大手よりも伸びる中堅企業のナゼ?
MNEXT 中堅ビジネスの再成長への提案
―大手よりも伸びる中堅企業のナゼ?

どうしたら会社が持続的に成長できるのか。経営者にとって最大の悩みだ。当社独自の分析では、直近10年間で成長していたのは大手企業よりもむしろ中堅企業であった。つまり、中堅企業は大手よりも優れた成長戦略を採ったということだ。では、どのような戦略で「壁」を突破し再成長を遂げたのか、事例を交え解説する。

成長市場を探せ 麦茶飲料(2019年版)
成長市場を探せ 麦茶飲料(2019年版)

無糖茶市場が拡大を続けている。なかでも成長著しいのが麦茶飲料で、2018年は前年比14%増、9年連続の伸長だ。背景には、近年の猛暑から熱中症対策飲料としての認知が進んだこと、加えて健康効果も知られるようになり、通年商品化したことが挙げられる。需要最盛期を迎え、ますますの市場拡大が期待される。

戦略ケース  アルビオンはいかにして
戦略ケース  アルビオンはいかにして"500億円の壁"を突破したか

「スキコン」のアルビオンが好調だ。2018年度の売上高は688億円と、過去23年間で約3倍の伸びである。しかし、順風満帆な成長だったわけではない。2009年度には"500億円の壁"に直面し、売上が落ち込んだのだ。見事復活を遂げ、"壁"を突破した背景には、同社の基軸である化粧品専門店への集中戦略があった。






マーケティングモニターのご案内
データでわかる辛口性格診断
会員登録のご案内
消費社会白書2019
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
page top

JMR生活総合研究所マーケティングサイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2019 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.