半歩先を読む日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net

公開日:2021年11月15日

「食と生活」のマンスリー・ニュースレター 第137号
成長続けるペット市場 コロナ前後でどう変わった?


本コンテンツは、食生活についての消費者への独自調査をもとに、その分析結果をまとめたオリジナルレポートです。調査結果の分析パートと、主要各紙から食生活のトレンドを整理した業界クリップの2部構成でお届けします。

1.現在ペットを飼っている人は3割近く(本文抜粋)
レポートイメージ
レポートイメージ

 2020年のペットの新規飼育頭数は、増加率・飼育頭数ともに過去5年間でもっとも多くなっており(一般社団法人ペットフード協会「令和2年 全国犬猫飼育実態調査」)、コロナの影響がうかがえる。今回は、ペットの飼育実態と、コロナ前後でどのような変化があるのか調査を行った。

 ペットの飼育率を見てみると、全体の3割近い人が「現在ペットを飼っている」と答えた。また、これまでにペットを飼ったことがある人は半数を超えている(図表1)。これまでに飼ったペットの種類については、犬・猫・魚類が上位だった。現在飼っているものは、最近の猫ブームが影響して猫がトップ、次いで犬となっている(図表2)。


レポートダウンロード

レポートのPDFダウンロードには有料の会員登録が必要です。


* オリジナル調査結果の分析 構成(全4頁)
  1. 現在ペットを飼っている人は3割近く
  2. ペットの食事に家族と同等やそれ以上に気をつかう人も
  3. ライフステージで異なるペットの存在意識
  4. コロナでの生活変化がペット需要へ影響

* 業界クリップ 2021年9-10月(全7頁)

  1. 消費者の動き        【緊急事態宣言の解除】
  2. 売れている食品・メニュー  【植物由来のメニューの拡がり】
  3. 東京市場          【東電による飲食店集客支援サービス】
  4. 地産地消          【農業法人化の推進】
  5. 食品企業の経営       【外食が加工食品の外販事業を強化】
  6. 製品開発          【バーガー各社が「ごはんバーガー」を発売】
  7. 価格政策          【物価上昇が一層の鮮明化】
  8. プロモーション       【マクドナルドが「ハッピーセット」の脱プラ】
  9. チャネル政策・チャネル動向 【イオンがPB価格を据え置き】
  10. ヘッドラインクリップ    2021年9-10月の動向



最新バックナンバー


参照コンテンツ


おすすめ新着記事



J-marketingをもっと活用するために
無料で読める豊富なコンテンツ プレミアム会員サービス 戦略ケースの教科書Online


採用情報
J-marketingのトリセツ
会員登録のご案内
消費社会白書2022
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
マーケティングモニターのご案内
データでわかる辛口性格診断
facebook
page top

当サイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。一部の例外を除き、著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2022 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.