日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net

公開日:2019年12月06日


消費者調査データ 番外編 J-marketing的2019年のヒット商品
2019年、印象に残ったもの──改元、ラグビー、タピオカ



本コンテンツのグラフは無料会員サービスでのご提供となっております。
ご利用には無料の会員登録が必要です。
ご登録済みの方は、こちらから全文をご利用ください。
会員のご登録はこちらをご覧ください。



 2019年はどんな1年だったのか。「トピックス」「人物」「歌」「商品」「流行語」の切り口から、J-marketing的に整理する。なお、回答はすべて「自由記述(各問1回答ずつ)」である。

印象に残った出来事

 1位は「令和への改元/天皇陛下即位」である。元号は時代の区切りとしての側面も大きい上に、10月22日に即位礼正殿の儀、11月10日に即位パレード、祝賀御列の儀と話題となる行事が続いたことなどから、有効回答者の3割を超える人が「もっとも印象に残った」と答えた。

 2位は「ラグビーワールドカップ」である。9月20日から11月2日にかけて開催されたワールドカップでは、日本代表が史上初のベスト8に進出、ラグビーブームを巻き起こした。「ラグビーワールドカップ」を1位に挙げた人は20.0%で、そのインパクトの強さがうかがえる。

印象に残った人物

 1位は、「天皇陛下/皇后陛下(両陛下及び天皇陛下、皇后陛下の単独回答の合計)」である。5月のご即位以降、伝統の装束や礼装での報道も多く、新しい時代の象徴としてふさわしい結果といえる。

 2位は人気グループ「嵐」である。メンバーの結婚などで話題となってのランクインだ。3位は「ラグビー日本代表」だ。個人名では「リーチマイケル」選手や「笑わない男」こと「稲垣啓太」選手の名前が挙がっている。

 その他の10位までの内訳をみると、政治家は4位の「安倍晋三」のみ、スポーツ選手は7位の「渋野日向子」で、お笑いも6位の「りんごちゃん」のみだ。改元とラグビーワールドカップが、大きな存在感を放っている。


印象に残った歌

 1位は有効回答の4割近くを得た米津玄師の「パプリカ」、2位、3位にも「馬と鹿」「Lemon」が入り、1位から3位までが米津玄師の楽曲となった。Youtubeでの視聴回数やダウンロード販売数などで次々と記録を更新し続けるトップアーティストが、このランキングでも上位を独占した。

 4位にはラグビーワールドカップ日本代表応援ソング「兵、走る」(B'z)が、5位には嵐の奉祝曲「Ray of Water」が入り、ここでも改元とラグビーワールドカップへの注目度の高さが目立った。


ヒット商品

 ヒット商品については、「タピオカ」が有効回答数の6割強という圧倒的な存在感を示して首位を獲得した。2019年の流行語大賞やヒット商品番付にもノミネートされ、空前の大ブームとなったタピオカ。人気に落ち着きは見られるものの、依然としてSNSなどで大量の投稿がみられる。

 ラグビーワールドカップと改元関連の商品はそれぞれ4位と9位に入っているが、ことヒット商品に関しては「タピオカ」の独り勝ち状態だ。


流行語

 流行語でも改元、ワールドカップ、タピオカ関連が上位を独占した。1位は、「新語・流行語大賞」も受賞したラグビー日本代表の結束を表した言葉、「ONE TEAM(ワンチーム)」で17.1%。「にわかラグビーファン」「ジャッカル」などのラグビー関連の流行語も11.0%で4位に入っている。2位が「令和」、3位が「タピオカ」「タピ活」などのタピオカドリンク関連だ。2019年の「新語・流行語大賞」にもノミネートされた「キャッシュレス」「上級国民」「闇営業」などがそれに続いている。



 2019年は「平成」が終わり新たな時代「令和」の始まりの年として皇室にかつてないほどの注目が集まり、ラグビーワールドカップも地元開催に加えて日本代表の活躍などがあいまってブームを巻き起こした。2020年は一大イベント「東京オリンピック・パラリンピック」が予定されている。すでに歓迎イベントや代表選考、予選、関連商品などのニュースが取り上げられ、ブームが予想される。

本コンテンツのグラフは無料会員サービスでのご提供となります。
【グラフのご利用はこちら】(無料会員向け)

※会員のご登録はこちらをご覧ください。




【調査設計】
調査手法:インターネットリサーチ
調査期間:2019年11月15日~20日
調査対象者:当社インターネットモニター 15歳~69歳
        全国の男女個人
有効回収サンプル数:1,023サンプル
サンプル構成(%)






参照コンテンツ


おすすめ新着記事

新製品投入やフルーツティーなどで伸びる紅茶飲料、コロナ禍でも好調
新製品投入やフルーツティーなどで伸びる紅茶飲料、コロナ禍でも好調

2010年をピークに2015年までダウントレンドにあった2紅茶飲料の生産量は、2016年に反転。2019年は119万8,600Kℓで、4年連続の拡大、過去最高を記録した。今年4、5月は新型コロナウイルス感染拡大による外出自粛で、ペットボトル飲料は全体として低迷したが、紅茶飲料の市場は、トレンドのフルーツティーの新製品やリニューアルで活気をみせている。

伸びる地域ブランド農産物 拡がる購入チャネル
伸びる地域ブランド農産物 拡がる購入チャネル

直売所だけでなく、ネットでの取り扱いの増加などで、地域ブランドの農産物を目にする機会が増えてきている。実際に今回の調査でも、全体の半数を超える人が、最近1年以内に地域ブランド農産物を購入したことがあると答えた。今後の購入意向も高く、多少高くても買いたいと考える人も多い。新型コロナウイルスの感染拡大を受け、ネットチャネルでの購入も増加。加えて消費者の食・健康意識の高まりを背景に、今後も成長余地は大きいとみられる。

消費者調査データ ミネラルウォーター類<br>20年ぶり前年割れも上位ブランド盤石
消費者調査データ ミネラルウォーター類
20年ぶり前年割れも上位ブランド盤石

2019年のミネラルウォーター類の生産量は、20年ぶりの前年割れとなった。今年3月には新型コロナの感染拡大で備蓄需要が伸びたものの、4月は外出自粛などの影響で売上が減少、厳しい状況が続いている。潜在的な成長力は高いこの市場をけん引するのは、2大ブランド「サントリー天然水」「い・ろ・は・す」だ。






コロナ経営危機を乗り越える!中堅ビジネス向け無料オンライン相談
会員登録のご案内
消費社会白書2020
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
マーケティングモニターのご案内
データでわかる辛口性格診断
page top

JMR生活総合研究所マーケティングサイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2020 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.