日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net

公開日:2019年11月29日



「食と生活」のマンスリー・ニュースレター 第114号
ブーム終焉近い?タピオカドリンク、今後の飲用意向伸びず



JMR生活総合研究所では、めまぐるしく変化する「食と生活」の今を切り取り、「ニュースレター」として整理したPDFファイルのご提供を行っています。
これは、
  • 「食と生活」に関する弊社オリジナル調査の結果と、
  • 主要紙誌の「食」関連の掲載記事から見えてくる「食と生活」のトレンドを整理したヘッドラインクリップ
の二部で構成し、お届けするものです。

本コンテンツの全文は、有料会員サービスでの公開となっております。
ご利用には有料の会員登録が必要です。
ご登録済みの方は、こちらから全文をご利用ください。
有料会員のご登録はこちらをご覧ください。

「食と生活」のマンスリー・ニュースレター 第114号は、
  1. オリジナル調査結果 ブーム終焉近い?タピオカドリンク、今後の飲用意向伸びず
  2. 業界クリップ - 2019年10-11月の動向
の2部構成でお届けします。


1.タピオカドリンクの飲用経験率は半数に迫る(本文抜粋)
レポートイメージ

 2017年頃から第三次ブームを迎えているタピオカドリンク。最近では落ち着いてきたブームだが、一体どのような人たちに飲まれているか調査を行った。
 飲用経験は全体が47.2%だった。様々な属性別に分析をしたところ、性・世代による差が大きかった。飲用経験は男性より女性の方が高く、性別・世代別では、女性バブル後世代が71.7%でもっとも高かった。1年以内の飲用率は全体が35.9%で、性別・世代別の違いは飲用経験と同様だった。




本コンテンツの全文はPDFでのご提供となります。
【全文を読む】(有料会員向け)

※会員のご登録はこちらをご覧ください。


* オリジナル調査結果の分析 構成(全4頁)
  1. タピオカドリンクの飲用経験率は半数に迫る
  2. 初回飲用時期によって変化する業態選択
  3. タピオカドリンク情報の多い女性リオ・ゆとり世代、バブル後世代
  4. タピオカドリンクの飲用背景にある消費意識

* 業界クリップ 2019年10-11月(全7頁)

  1. 消費者の動き        【増税前後の消費動向】
  2. 売れている食品・メニュー  【「檸檬堂」の全国展開】
  3. 東京市場          【渋谷スクランブルスクエアが開業】
  4. 地産地消          【「埼玉うどんパスポート」の発刊】
  5. 食品企業の経営       【キリンと電通が新会社設立】
  6. 製品開発          【節約志向を見越した商品】
  7. 価格政策          【外食のお得感あるセットメニュー】
  8. プロモーション       【健康習慣の定着を支援する活動】
  9. チャネル政策・チャネル動向 【セブン&アイの構造改革】
  10. ヘッドラインクリップ    2019年10-11月の動向



最新バックナンバー


参照コンテンツ


おすすめ新着記事



J-marketingをもっと活用するために
無料で読める豊富なコンテンツ プレミアム会員サービス 戦略ケースの教科書Online


会員登録のご案内
消費社会白書2021
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
マーケティングモニターのご案内
データでわかる辛口性格診断
facebook
page top

JMR生活総合研究所マーケティングサイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2020 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.