日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net

公開日:2020年01月17日


企画に使えるデータ・事実 成長市場を探せ
タピオカ(2020年版)





 2018年のタピオカの輸入金額は、前年比77.9%増の8億5,800万円となり、過去最高記録を大幅に塗り替えた(東京税関「特集 タピオカの輸入」より)。

 タピオカのブームは今回で3回目だ。第一次ブームは1992年から94年頃。折から注目されていたエスニック料理のデザートとして脚光を浴びたことに始まる。第二次ブームは2008年頃といわれている。輸入量は2004年頃から伸びてきたが、2008年に台湾からQuicklyなどのブランドが上陸、ブラックタピオカを使ったタピオカティーがブームとなった。現在は第三次のブームといわれているが、過去2回のブームと比較しても、拡大の仕方が大きく違う。2019年の通年の統計はまだ発表されていないが、上期(2019年1~6月)の輸入金額は、半期で15億円を突破、前年同期比では5.7倍に急拡大した。台湾ブーム、SNS映えなどがブームを拡大した要因だ。「タピる」「タピ活」などの新語も生まれ、流行語大賞にもノミネートされた。ドリンクに留まらず、サラダやパンケーキなどにも利用され、ブームはさらに拡大するかにもみえる。しかしながら昨年後半から口コミグルメサイトでの口コミ数は減少に転じ、当社の調査結果(食と生活のマンスリーニュースレター「ブーム終焉近い?タピオカドリンク、今後の飲用意向伸びず」)でも今後の飲用意向は伸び悩んでいる。2020年にはブームは一段落という見方が強まっているが、ブームと鎮静化を繰り返しながら長期的に拡大してきたタピオカ市場の今後が注目される。




 

参照コンテンツ


シリーズ 成長市場を探せ



おすすめ新着記事

消費者調査データ  ヨーグルト<br>ブームに一服感、具体的な健康訴求で再成長なるか
消費者調査データ  ヨーグルト
ブームに一服感、具体的な健康訴求で再成長なるか

過去10年拡大を続けてきたヨーグルト市場だが、18年は微減となった。今回の調査では、「明治ブルガリアヨーグルト」が全項目で首位を獲得。健康効果などの報道が一段落したことでブームには一服感がみられるが、各社はより細分化した個別需要にこたえる商品開発でテコ入れを図っている。再び成長軌道にのることができるか。

消費者調査データ  ノンアルコール飲料<br>「オールフリー」「ドライゼロ」火花散らす
消費者調査データ  ノンアルコール飲料
「オールフリー」「ドライゼロ」火花散らす

2018年までに4年連続で伸長しているノンアルコール飲料市場。今回もサントリー「オールフリー」が再購入意向を除く6項目で首位を獲得、僅差で「アサヒ ドライゼロ」が追う展開となった。昨年の消費税増税で税率が8%に据え置かれたことで、割安感も高まっているノンアルコール飲料。今後のさらなる成長に期待したい。

JMRからの提案  市場転換期の戦略対応<br>ミレニアルマーケティング事例
JMRからの提案  市場転換期の戦略対応
ミレニアルマーケティング事例

市場転換期の戦略では、セグメンテーションが重要となる。ここでは、商品・ブランドをセグメントし直すことで成長を手にした五つの成功事例をとりあげる。まずひとつ目が、ダイハツの軽自動車「タント」だ。






成長支援のコンサルティングサービス
マーケティングモニターのご案内
データでわかる辛口性格診断
会員登録のご案内
消費社会白書2020
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
page top

JMR生活総合研究所マーケティングサイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2020 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.