日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net

戦略思考を鍛える
第6章 タイミングの計り方



本コンテンツの全文は、会員サービスでのご提供となっております。
ご利用には無料または有料の会員登録が必要です。
ご登録済みの方は、こちらから全文をご利用ください。
会員のご登録はこちらをご覧ください。

戦略にはタイミング(勝機)がある

 優れた戦略は、タイミングを見極め、攻守の切り替えをうまく実行できている。日本海海戦は「ここぞ」という絶妙のタイミングでバルチック艦隊と戦うことができた。一歩でも間違っていれば違う結果になっていたはずだ。第2次大戦時の連合軍は、日本側の暗号を解読し真珠湾攻撃の可能性を察知しておきながら、その事実を隠した。なぜなら攻撃前にその事実を公表すれば、今後の作戦遂行上、大きな打撃をうける結果になることは明らかだと判断したからである。戦史と同様、企業の戦略にもタイミングがある。


市場の芽の軽視は勝機を逃す

 勝機を逃す多くのパターンは、市場の芽を軽視することにある。最近の例でいえばインターネットの爆発的な普及がある。日本の家電情報産業はこのタイミングを逃し、欧米企業に大きな遅れをとってしまった。逆にビル・ゲイツは「Shift The Internet」の大号令を社内に発信し、経営資源の多くをインターネット関連に集中し今日の地位を確保することができた。今後という観点ではブロードバンド化ということになる。この流れを自社の戦略やマーケティングに取り入れようとしている企業は少ない。


次は「市場発見ができずに失敗したISDN構想」
【続きを読む】(有料・無料会員向け)

※会員のご登録はこちらをご覧ください。

参照コンテンツ


シリーズ 戦略思考を鍛える

おすすめ新着記事

MNEXT 中堅ビジネスの再成長への提案<br>―大手よりも伸びる中堅企業のナゼ?
MNEXT 中堅ビジネスの再成長への提案
―大手よりも伸びる中堅企業のナゼ?

どうしたら会社が持続的に成長できるのか。経営者にとって最大の悩みだ。当社独自の分析では、直近10年間で成長していたのは大手企業よりもむしろ中堅企業であった。つまり、中堅企業は大手よりも優れた成長戦略を採ったということだ。では、どのような戦略で「壁」を突破し再成長を遂げたのか、事例を交え解説する。

消費者調査データ 日焼け止め<br>ビオレ、アネッサ、ニベアサン、ヒートアップする日焼け止め市場
消費者調査データ 日焼け止め
ビオレ、アネッサ、ニベアサン、ヒートアップする日焼け止め市場

サンケア関連市場は10年連続で拡大中の成長市場だ。今回の調査でも、複数項目で花王「ビオレUV 日焼け止め」が首位を獲得、ブランドの強さを示した。日焼け止め市場は男性や若年層を取り込みながら、美白などの機能性を強化した商品を投入し成長を続けている。需要の最盛期を迎え、ますます過熱する市場から目が離せない。

戦略ケース<br>キリン「タップ・マルシェ」はクラフトビールの支配者となれるか
戦略ケース
キリン「タップ・マルシェ」はクラフトビールの支配者となれるか

飲食店にとって、クラフトビールの導入はコスト的な障壁が高い。しかし、メニューの差別化・付加価値化のための導入ニーズもまた強い。そんな中、急速に普及しているのがキリンの「タップ・マルシェ」だ。導入店舗は18年末時点で7千店舗超。キリンのサポートや販路などを活用できることは、飲食店、ブルワリー双方にとってメリットが大きい。一方で規模拡大につれ、ブルワリーにとっては「キリン色」がマイナス面になりつつある。






マーケティングモニターのご案内
データでわかる辛口性格診断
会員登録のご案内
消費社会白書2019
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
page top

JMR生活総合研究所マーケティングサイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2019 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.