日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net

マーケティング用語集
マーケティングオートメーション




マーケティングオートメーションとは

 マーケティングオートメーションとは、マーケティングを行う際に発生する作業を自動化することを指す。ツールとして「顧客リストの詳細なセグメント」、「リード(見込み客)スコアリング」など見込顧客を管理するための機能を実装しているものが多く、その際に発生するデータ解析などの手間のかかる作業を一手に引き受けてくれる。


マーケティングオートメーションでできること

 マーケティングオートメーションで何ができるのか。大まかな流れを説明すると、以下のとおりだ。

  • シナリオに基づいたマーケティングキャンペーンが実施管理できる
  • キャンペーンを行った結果、リードと、リードに紐づいた行動データが自動で蓄積される
  • 蓄積された行動履歴によってターゲティングが実施でき、次のアクションに誘導できる
  • シナリオ実行の結果が把握でき、シナリオや施策の調整に役立てることができる
  • 複数のKPIが取得でき、数値に基づいたPDCAサイクルが構築できる

 具体的な自動化された機能としては、以下のようなものがある。

  1. メールマーケティング:対象顧客に対する既定のシナリオでカスタマイズしたメールを、最適なタイミングで配信、フォローができる
  2. マルチチャネル管理:リアル、オンラインを組み合わせ、リードをフォローするキャンペーンを実行管理
  3. リード管理:リードの顧客化プロセスを管理し、獲得から育成までのプロセスに行動履歴情報などを蓄積し管理
  4. スコアリング:リードに対する情報をスコア化し、リードの定量評価や優先順位づけをする。またマーケティング活動の検証も可能
  5. ソーシャルツール:ソーシャルメディアと連携し、リード情報の取得や分析、キャンペーン等が行える

マーケティングオートメーションの主な機能



マーケティングオートメーションの落とし穴

 マーケティングオートメーションには様々なツールがある。しかし、導入すれば成功するという幻想は捨てるべきだ。

 失敗するパターンには、以下のようなものがある。

  1. そもそも顧客リストが散在して管理しきれていない
  2. ツールが複雑で使いこなせない
  3. 分析内容が高度すぎて、活用しきれない
  4. 営業とマーケティングの連携がとれていない
  5. キャンペーン等のリード獲得コストが思った以上にかかり、採算があわない


参照コンテンツ


おすすめ新着記事

マーケティング用語集 プラットフォーマー
マーケティング用語集 プラットフォーマー

プラットフォーマーとは、市場プラットフォームを提供する企業のことを指します。市場プラットフォームについて定義すると、市場の売り手と買い手を結びつける共通の土台=機能」ということになります。市場プラットフォーム型のビジネスモデルでは「売り手が増えれば買い手が増え、買い手が増えれば売り手が増える」という相互作用(間接的ネットワーク外部性)が生まれます。

成長市場を探せ コーヒー飲料(2019年版)
成長市場を探せ コーヒー飲料(2019年版)

コーヒー飲料市場は2011年から8年連続のプラス、とりわけ2016年以降は成長が加速している。起爆剤になったのは、2017年にサントリーから発売された「クラフトボス」に代表されるペットボトルコーヒーだ。オフィスワーカーの「ながら飲み」「だらだら飲み」に対応することで、女性や若年層などの新しいユーザーの拡大に成功したペットボトルコーヒー。この4月には、キリンも「ファイア」ブランドで同市場に参入、より一層の拡大が期待される。

「食と生活」のマンスリー・ニュースレター<br>2019春の食品値上げラッシュ!値上げ方法で明暗
「食と生活」のマンスリー・ニュースレター
2019春の食品値上げラッシュ!値上げ方法で明暗

消費税率10%への増税を控えたこの春、食品メーカー各社が相次ぎ値上げを行った。価格を変えずに容量を減らした「実質値上げ」も目につく昨今、消費者の値上げへの受け止め方を調査した。単純値上げか、実質値上げか、容量を増やしつつの値上げか――。値上げ方法の巧拙によって明暗分かれる結果がみえてきた。






マーケティング用語集

【ポップアップ広告】モニター登録
マーケティングモニターのご案内
データでわかる辛口性格診断
会員登録のご案内
消費社会白書2019
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
page top

JMR生活総合研究所マーケティングサイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2019 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.