半歩先を読む日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net

マーケティング用語集
Cookie


Cookieとは

 Cookie(クッキー)とは、ウェブサイトを閲覧した際にブラウザに保存される、小さなファイルを指す。Cookieには閲覧者の情報(ログインID、デバイス、訪問日時、訪問回数など)が記録されている。サイトを再び訪れた際、ブラウザがCookieをウェブサーバーに送信することによって、ユーザーはスムーズなサービスを受けることができる。

 例えばショッピングサイトにおけるカートや、SNSの自動ログインはCookieの仕組みを利用したものだ。

 ウェブサイトの運営者視点では、アクセス解析の際のユーザー識別子としても利用される。

 Cookieによってサイトの訪問者数やページ遷移などの行動履歴や興味・関心領域に至るまで計測でき、より多くのアクセス、コンバージョンを得るためのサイト改善に活かすことができる。


Cookieの種類

 発行元によって2種類のCookieが存在する。ファーストパーティCookie、サードパーティCookieと呼ばれるものである。

 ファーストパーティCookieは閲覧しているウェブサイトのドメインから発行されるもので、そのサイト上でのみ機能する。

 一方サードパーティCookieは、閲覧しているウェブサイト以外のドメイン、つまり広告事業者などの第三者から発行される。サイトを横断して閲覧者を追跡(トラッキング)することができるため、アフィリエイトやリターゲティング広告などのウェブ広告で利用されている。


強まるサードパーティCookie規制

 このように消費者にとっても事業者にとっても便利なCookieだが、プライバシー保護意識の世界的な高まりを背景に、規制する動きが強まっている。

 サードパーティCookieは、発行元である広告事業者がサイトを横断してユーザーの行動を追跡することで、個々の興味関心にあわせて最適化された広告を配信することができる。こうしたトラッキングが、個人のプライバシーの侵害にあたるとして問題視されているのだ。

 法律による規制としては、欧州ではGDPR(EU一般データ保護規則)が2018年から、米カリフォルニア州ではCCPA(カリフォルニア州消費者プライバシー法)が2020年から、それぞれ適用を開始した。日本でも2020年に改正個人情報保護法が制定され、2022年4月から施行されている。

 GDPRではCookieを個人情報として定義し、これを利用する際にはユーザーに同意(オプトイン)を得なければならない。CCPAでも同様に個人情報として扱い、消費者はCookieの受け入れを拒否(オプトアウト)する権利を有するとしている。

 一方、日本の改正個人情報保護法では欧米に比べてやや緩く、Cookieはそれ単体では個人情報には該当しない「個人関連情報」と定義。ただし、これを第三者に提供し、提供先が他の個人情報と紐づけて利用することが想定される場合には、同意を得る必要があるとしている。

 これまでサードパーティCookieを利用してきたプラットフォーマーも、続々と規制へ動き出している。収益の大半を広告事業に依存するGoogleは、自社ブラウザ「Chrome」で、2023年までにサードパーティCookieのサポートを廃止することを表明。Appleも2020年に「Safari」でサードパーティCookieをブロックする変更を加えている。


Cookieレスの時代へ

 こうした動きに対応するため、プラットフォーマーや広告事業者は、サードパーティCookieに頼らない広告配信の仕組みを模索している。

 その一例としてGoogleは、個人情報を保護しつつ効率的な広告配信を行うための取り組み「プライバシーサンドボックス」を提唱、サードパーティCookieに替わる技術の開発を進めている。

 しかし、どのような代替技術が登場したとしても、年々高まるプライバシー意識によって常に法規制の波にさらされることが予想される。Cookieレスの時代を見据え、サードパーティデータに頼らない、ファーストパーティ(自社が直接取得した)データや、より信頼性の高いゼロパーティ(同意のもと、ユーザー自ら提供する)データの利活用が重要になってくるだろう。



関連用語


参照コンテンツ


おすすめ新着記事

強い「ハーゲンダッツ」、ファンつかむPB
強い「ハーゲンダッツ」、ファンつかむPB

家計調査によると、2021年の冷菓の支出金額は2年連続で1万円を超え、食糧費に占める割合も2年連続で過去最高となった。調査結果を見ると、店頭接触や購入経験など複数の項目で「ハーゲンダッツ」が首位に。特に3ヶ月以内購入では2位の「チョコモナカジャンボ」に9.7ポイント、今後の購入意向でも同じく「チョコモナカジャンボ」に9.3ポイントの差をつけた。

人種のるつぼ「川口市」 
人種のるつぼ「川口市」 "本当に住みやすい街"は流通戦略の新たなモデルケース

テレワークの定着で職住分離が進み、生活者のライフスタイルが変化。それに伴い、人気のエリアも変わってきている。なかでも注目の街が、東京都北区に隣接する埼玉県川口市だ。川口市は、2021年度の税収が当初見込みより34億円上回る943億円になることを発表。コロナ禍で税収が落ち込む自治体が多いなか、バブル期以来の増額補正となった。買い物面では、都市型店舗と郊外型店舗が同居する"買住近接"エリアだ。居住者も多様で、ファミリーからシニア、日本人と外国人など、様々なライフスタイルが共存。多様性の街「川口市」には、今後の流通戦略のヒントを見出すことができる。

5G(第5世代移動通信システム)
5G(第5世代移動通信システム)

5Gとは「第5世代移動通信システム(5th Generation)」のことで、通信規格の名称。現在の「4G」に続く最新の規格で、日本では2020年3月から商用化が開始された。4K/8Kの高精細映像などの大容量コンテンツの伝送や、自動運転や遠隔ロボットへの活用、IoTの普及などが期待されている。



J-marketingをもっと活用するために
無料で読める豊富なコンテンツ プレミアム会員サービス 戦略ケースの教科書Online


マーケティング用語集

採用情報
J-marketingのトリセツ
会員登録のご案内
消費社会白書2022
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
マーケティングモニターのご案内
データでわかる辛口性格診断
facebook
page top

当サイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。一部の例外を除き、著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2022 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.