半歩先を読む日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net

公開日:2021年01月08日

ポケット版・会社早わかり
株式会社SUBARU(旧:富士重工業株式会社)
20年3月期決算は増収増益。北米での販売好調
SUBARUの2020年3月期決算の総括と戦略計画

SUBARUの2020年3月期の連結決算は、売上高3兆3,441億円(前年同期比6.0%増)、営業利益2,103億円(同15.7%増)、当期純利益1,526億円(同7.9%増)と増収増益となった。増収は海外の自動車販売台数の増加、増益は販売台数増加および米国販売奨励金費用抑制や研究開発費の減少などが主な要因である。自動車販売台数は103.4万台(前年比3.3%増)、海外市場は主力の米国市場で2018年後半に全面改良した「フォレスター」や新型車「アセント」が引き続き好調に推移したことなどで、90.8万台(同5.0%増)となった。一方、国内市場では「インプレッサ」の販売が減少したことで12.6万台(同7.7%減)となった。中期経営ビジョン「STEP」の2年目となる2019年度は、「品質改革」と「SUBARUづくりの刷新」を最重要テーマに掲げ、これらの改革を推進した。また、2019年8月にはトヨタ自動車(株)と新たな業務資本提携に合意し、アライアンスの強化を図った。さらに2020年1月には気候変動に関する中長期目標(ロードマップ)を公表、個性と技術革新で脱炭素社会の実現に貢献する活動を着実に推進している。2021年3月期は新型コロナウイルスの感染拡大により減収減益予想ながら、第二四半期には主力市場である北米での想定よりも早い回復基調を受け、営業利益、当期利益ともに黒字を確保、通期でも1,100億円の営業黒字を見込む。


戦略や業績をより深く分析するには「戦略200+・企業活動分析」をご利用下さい


参照コンテンツ


競合他社の業績と比較分析する


おすすめ新着記事



J-marketingをもっと活用するために
無料で読める豊富なコンテンツ プレミアム会員サービス 戦略ケースの教科書Online


採用情報
J-marketingのトリセツ
会員登録のご案内
消費社会白書2021
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
マーケティングモニターのご案内
データでわかる辛口性格診断
facebook
page top

当サイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。一部の例外を除き、著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2021 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.