半歩先を読む日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net


【開催終了しました】第11回 ネクスト戦略ワークショップ
市場溶解期の再成長マーケティング
顧客接点のメルティング(溶解)とアイデンティティ消費
2017年11月1日(水)13時~

 はじめに  プログラム  開催要項  お申し込み(受付終了)  関連コンテンツ

前回(2016年10月)の開催要項と講演録はこちら

本ワークショップは盛況のうちに開催終了しました。
当日の講演録を公開中です!プログラムの「講演録を読む」からご覧ください!

市場溶解期の再成長のマーケティング

 今年で15年目となる「消費社会白書」2018年版の発刊に先立って、変わる消費者と購買行動を紹介し、マーケティングアプローチを提案するワークショップを11月1日に開催します。


■「消費社会白書2018」

 生活者と供給者の出会いの「場」、顧客接点が「溶解」しています。「消費社会白書2018」で明らかになったことです。
 消費を牽引しているのは、「20代女子」「子育て・共働き層」「60代高資産層」の三層です。
 買い物行動では、欲求の対象が情報かモノかが不可分になって、ネット情報検索と購入先の区別がなくなっています。売り手と買い手の間の壁もなくなっています。また、ネット専業企業がリアル店舗を展開して、ネットとリアルの壁がなくなろうとしています。コンビニと食品スーパーの品揃えの差がなくなり、業態間競争の覇者は見えなくなっています。

 市場溶解期のマーケティングはどうあるべきか。
 最新の消費社会研究の成果を報告し、これまでの4Pマーケティングとは異なる再成長のマーケティングを提案します。


「消費社会白書2018」発刊に寄せて

 今回の「消費社会白書」のポイントをご紹介しています。ぜひご覧ください。

最新版「消費社会白書2018」
―顧客接点のメルティングとアイデンティティ消費のポイント(MNEXT)


プログラム
提案
13:00~13:40
(40分)

市場溶解期の再成長戦略
「4Pマーケティング」から「4Mビジネスモデル」へ
代表取締役社長 松田久一
ポイント
  1. 4Pの売り方の前提の崩壊
  2. 4Mビジネスモデルへの変革

報告1
13:40~14:20
(40分)

生活者をどう捉えるか
ポイント
  1. 「昭和的価値意識」の転換とアイデンティティ志向の高まり
  2. 消費を牽引する3層とその背景
  3. 伸びる消費財と縮む消費財の明暗
  4. すすむ「ひとり最適化」の食生活

報告2
14:20~15:00
(40分)

メルティングする情報購買行動と新しい顧客接点
ポイント
  1. 購買行動のメルティング
  2. 情報行動のメルティング
  3. 既存の顧客接点と新しい顧客接点

休憩
15:00~15:10
(10分)

事例
15:10~15:55
(45分)
メルティング時代の4M志向ビジネスモデルに学ぶ

検討
15:55~16:25
(30分)
フォーカスディスカッション
※プログラムおよび登壇者は10月6日現在のもので、予告なく変更する場合があります。ご了承ください。



開催要項

  日時 : 2017年11月1日(水) 13:00~16:25

  会場 : JMR生活総合研究所 会議室(パレスサイドビル2F)
      東京メトロ東西線竹橋駅直結(詳しいアクセス方法はこちら


  参加費:・有料会員 30,000円
      ・無料会員 35,000円
      ・一般(非会員) 40,000円
       (ともに税込み 。「消費社会白書2018」書籍代含む)

  定 員 : 35名(ご応募多数の場合は先着順とさせていただきます)



お申し込み

本ワークショップのお申し込みは締め切りました。沢山のお申込み、誠にありがとうございました。



関連コンテンツ

お知らせ

2024.03.25

当社合田執筆の「猛スピードのクルマはいらない」 これからの高齢化社会に必要な“まちづくり”とは何か? そのヒントは欧米になかった!」がメルクマールに掲載されました。

新着記事

2024.05.27

企業活動分析 ゼンショーの23年3月期は主力の外食の生産性向上などで増収増益

2024.05.24

消費者調査データ No.407 冷菓(2024年5月版) 「ハーゲンダッツ」、「スーパーカップ」と首位分け合う

2024.05.23

24年3月の「商業動態統計調査」は37ヶ月ぶりのマイナスに

2024.05.22

戦略ケース 三越伊勢丹の復活は本物か

2024.05.22

24年3月の「旅行業者取扱高」は19年比で94%に

2024.05.21

24年4月の「景気の現状判断」は2ヶ月連続で50ポイント割れに

2024.05.21

24年4月の「景気の先行き判断」は6ヶ月ぶりに50ポイント割れに

2024.05.20

企業活動分析 日清製粉グループの23年3月期は二桁の増収増益

2024.05.17

24年3月の「家計収入」は18ヶ月連続のマイナス

週間アクセスランキング

1位 2024.05.15

MNEXT 未来を読むー四つの資本主義

2位 2024.01.18

「食と生活」のマンスリー・ニュースレター おにぎりブーム到来! おにぎりが選ばれる理由とは(2024年1月)

3位 2024.03.13

戦略ケース なぜマクドナルドは値上げしても過去最高売上を更新できたのか

4位 2022.05.10

消費者調査データ エナジードリンク(2022年5月版) 「レッドブル」「モンスター」認知率拡大、上位の牙城揺るがず

5位 2023.04.05

日本人の7割はチーズ好き ぜいたくニーズに支えられ伸長

パブリシティ

2023.10.23

週刊トラベルジャーナル2023年10月23日号に、当社代表取締役社長 松田の執筆記事「ラーケーションへの視点 旅の価値問い直す大事な切り口」が掲載されました。

2023.08.07

日経MJ「CM裏表」に、当社代表取締役社長 松田の執筆記事が掲載されました。サントリー ザ・プレミアム・モルツ「すず登場」篇をとりあげています。

ENGLISH ARTICLES

2023.04.17

More than 40% of convenience store customers purchase desserts. Stores trying to entice shoppers to buy desserts while they're shopping.

2023.02.22

40% of men in their 20s are interested in skincare! Men's beauty expanding with awareness approaching that of women

2022.11.14

Frozen Foods' Benefits Are Expanding, and Child-raising Women Are Driving Demand

2022.09.12

The Penetration of Premium Beer, and a Polarization of the Growing Beer Market

2022.06.20

6.9 Trillion Yen Market Created By Women― Will Afternoon Tea save the luxury hotels in the Tokyo Metropolitan Area