日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net


(2017.12)
第11回 ネクスト戦略ワークショップ
「市場溶解期の再成長マーケティング」講演録 事例.
メルティング時代の4M志向ビジネスモデルに学ぶ
ディレクター 合田 英了
ディレクター 大澤 博一



本コンテンツの全文は、有料会員サービスでの公開となっております。
ご利用には有料の会員登録が必要です。
ご登録済みの方は、こちらから全文をご利用ください。
会員のご登録はこちらをご覧ください。

本コンテンツは、2017年11月1日開催の「第11回ネクスト戦略ワークショップ」の講演内容に加筆修正を加えたものです。

 ここからは、どのようにマスターブランドを基軸として4Mビジネスモデルを展開していったらよいのかについて、事例を挙げながら解説していきたいと思います。

 単に製品を売るだけの時代は終わり、世の中には情報やソフト、サービスといった様々なものが混在しています。こういったものを掛け合わせて提供していくことで、消費者との新たな接点が生まれます。企業の中には、掛け合わせを行うことで再成長しているところがあります。


かけ算の製品サービス

 かけ算の典型例を紹介したいと思います。今、サラダに注目が集まっています。渋谷区や港区を中心に、サラダ専門店が次々とオープンしています。また、サラダの宅配サービスも人気のようです。なぜウケているかというと、単にサラダを提供しているだけでなく、いろいろな野菜を組み合わせたり、栄養素などの情報を組み合わせたり、それを自宅まで運んでくれたりというサービスも付けているところです。かけ算で付加価値を生み出しています。食の高度化に対応しているといえます。

 同じようなことが他の商品でも進んでいます。シャープのオーブンレンジ「ヘルシオ」です。家電は、どんどん高機能化が進んでいますが、使いこなせない人も多いです。

 シャープは、より手軽に本格的な料理を楽しめる食材キットを作って、それを宅配するというサービスを始めました。「まろやかグリーンカレー(2~3人前)」が4,104円(税込み)、「牛やわらか煮(3~4人前)」が4,104円(同)と値は張りますが、調理にこだわりたいけども何を買っていいか分からないという人のニーズを捉えています(図表1)。


図表1.ヘルシオ 家電×メニュー・レシピ×食材宅配の掛け算


 この食材キットの販売のためにシャープは、「ぐるなび」、カット野菜やレシピ付き食材などの宅配事業を手がける「タイヘイ」と組みました。始まったばかりですが、レストランでしか食べられなかった本格的なメニューが自宅でも食べられると好評です。「ヘルシオ」という商品に、情報やサービスをうまく組み合わせている一例です。

 次がサンスターのオーラルケアブランド「GUM」です。このブランドが行った調査から、消費者の大半がしっかりと歯を磨けていないということが分かりました。そこで、歯ブラシの下に小さなアタッチメントを付けると、しっかりと歯が磨けているかをスマートフォンで確認できるサービスを始めました。商品にプラスして、ゲーム感覚で歯磨きをできるサービスを組み合わせている例です。


ネットとリアルの融合が進む小売業。マスターブランド再構築のため、メーカーはどのような戦略をとるべきか
【続きを読む】(有料会員向け公開)

※会員のご登録はこちらをご覧ください。

より詳細なファインディングは「消費社会白書2018」をご覧ください
書籍イメージ
消費社会白書2018
顧客接点のメルティングとアイデンティティ消費

  • 発刊以来15年間の知見とデータから「今」を鋭く分析し、「半歩先」を提案
  • オリジナルの時系列調査から現在の消費者の実像に迫る
  • 中長期だけでなく、短期のマーケティング戦略を構築するための基本データが満載

参照コンテンツ


おすすめ新着記事

特集:コロナ禍の消費を読む 消費動向速報 コロナ下で盛り上がるネット購買
特集:コロナ禍の消費を読む 消費動向速報 コロナ下で盛り上がるネット購買

ネット通販の利用が伸びている。総務省の「家計消費状況調査」によると、ネットを利用した支出総額は2017年1月以降上昇傾向にある。2020年2,3月には一時前年割れとなったものの、コロナ禍の影響が深まった4月以降は伸び続け、その勢いも増している。中でも伸びが顕著なのが、出前、家電、医薬品、書籍、食料品の5品目だ。感染再拡大の動きは、こうしたネット購買の盛り上がりを更に後押ししそうだ。

特集:コロナ禍の消費を読む 消費動向速報 コロナ下の必需消費「宅内充実」
特集:コロナ禍の消費を読む 消費動向速報 コロナ下の必需消費「宅内充実」

新型コロナウイルス感染症の影響で、3月以降下落に拍車がかかった選択的支出の中で、特に落ち込みが顕著だったのが、外国パック旅行費、宿泊料、映画・演劇等入場料などだ。一方で伸びているのがゲームソフト等、家事代行料、ビデオレコーダー・プレイヤー、テレビゲーム機、植木・庭手入れ代で、コロナ禍においても宅内余暇と住環境の充実のため「必需支出」として高い伸びを続けている。

「食と生活」のマンスリー・ニュースレター<br>働き方の多様化が後押しするデリバリーサービス利用
「食と生活」のマンスリー・ニュースレター
働き方の多様化が後押しするデリバリーサービス利用

新型コロナウイルスの感染拡大にともない、自粛や店内飲食の制限などの影響を余儀なくされているファーストフードチェーン。彼らが活路を見出しているのが、デリバリーやテイクアウトなどのサービスだ。今回の調査では、実際にこうしたサービスがどの程度利用されているのか、また在宅勤務などの多様な働き方がサービスの利用率に与える影響などを探っていく。






会員登録のご案内
消費社会白書2020
研修テキストに使える!コンテンツパッケージ販売のご案内
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
マーケティングモニターのご案内
データでわかる辛口性格診断
page top

JMR生活総合研究所マーケティングサイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2020 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.