半歩先を読む日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net

消費者調査データ No.265
コーヒーチェーン(2018年3月版)
スターバックス独走に陰りか?ドトールとサードウェーブの追撃



 2016年の国内一人当たりコーヒー消費量は、全体では微減となりましたが、レギュラーコーヒーは7.2%増となりました。飲用場所では「喫茶店・コーヒーショップ」「レストラン・ファストフード」などが増えており、家庭外で本格的なコーヒーを飲むシーンが増加しているといえます(出所:全日本コーヒー協会)。

 今回は、当社が任意に選んだ27のコーヒーチェーンについて、「知っている(認知率)」「自宅や会社・学校の近くにある(近隣立地)」「利用したことがある(利用経験)」「今後(も)利用したい(利用意向)」などの項目についてインターネットモニターに対して行った調査結果をランキング形式でお届けします。

 今回の調査では、6項目中再利用意向を除く5項目で「スターバックスコーヒー(以下スターバックス)」が首位を獲得、また「ドトールコーヒー(以下ドトール)」が全項目で2位となった。「スターバックス」は、利用経験で2位の「ドトール」に9.5ポイント、3ヶ月内利用で3.9ポイント、今後の利用意向で5.7ポイントの差をつけており、単一チェーンとしては国内最大の店舗数(「スターバックス」:国内1,328店(2017年12月末現在)、「ドトール」同1,121店(2018年1月末現在))を支えるユーザー層のボリュームを印象付ける結果である。

 しかし、前回(2015年12月版)と比較すると、3ヶ月内利用や今後の利用意向での「ドトール」との差は縮小傾向で、ユーザーの満足度の指標である再利用意向にいたっては、わずか1ポイントながら「ドトール」が「スターバックス」を上回る結果となった。

 この再利用意向で首位を獲得したのは、2015年にサードウェーブコーヒーの旗手として日本上陸を果たした「ブルーボトルコーヒー」である。国内の展開店舗が7店(3月23日に8店目を京都に出店予定)とまだ少ないことから、利用者ベースは33名に留まるが、その再利用意向は63.6%と、「スターバックス」「ドトール」を僅差で上回った。

 また、再利用意向で4位から6位は、「椿屋珈琲店」「コメダ珈琲店」「星乃珈琲店」といったフルサービス型のチェーンがランクインしている。

 シアトル系コーヒーチェーンの嚆矢として「スターバックス」が日本上陸を果たしてから20年余り、快進撃を続けてきたが、ここへきて、フルサービス型の喫茶店やサードウェーブコーヒー店の追撃を受け、独走態勢には陰りも感じられる。「スターバックス」は、一部店舗で扱っているハイクラスコーヒー豆、「スターバックス・リザーブ」の専門店をシアトル本社内にオープン、「ドトール」もあらたにハイクラスのコーヒー豆を使用する「ドトール珈琲農園」を都内にオープンした。新たな展開をみせはじめたコーヒーチェーンの動きが注目される。

当社人気コンテンツ「戦略ケース 勝者なきセルフ式コーヒーチェーン店の競争」の続編、「戦略ケース コーヒーチェーン競争の行方 進む異業種とのボーダレス化」を公開いたしました!2018年現在、異業種との競争へとシフトするコーヒーチェーン業界の競争の行方を占います。

本コンテンツのグラフ、詳細データは有料会員サービスでのご提供となります。
【グラフ・詳細データのご利用はこちら】(有料会員向け)

※会員のご登録はこちらをご覧ください。






【提示27チェーン】
  • ブルーボトルコーヒー
  • ゴリラコーヒー
  • カフェ ネスカフェ
  • ドトールコーヒー
  • スターバックスコーヒー
  • タリーズコーヒー
  • セガフレード・ザネッティ
  • エクセルシオール・カフェ
  • サンマルクカフェ
  • プロント
  • ベックスコーヒーショップ
  • シアトルズベストコーヒー
  • カフェ・ド・クリエ
  • カフェ・ベローチェ
  • カフェミラノ
  • カフェ・コロラド
  • ブレンズコーヒー
  • コナズコーヒー
  • ニューヨーカーズカフェ
  • ホリーズカフェ
  • 珈琲館
  • UCC上島珈琲店
  • 喫茶室ルノアール
  • コメダ珈琲店
  • ミヤマ珈琲
  • 星乃珈琲店
  • 椿屋珈琲店


【調査設計】
調査手法:インターネットリサーチ
調査期間:2018年2月21日~26日
調査対象者:当社インターネットモニター 20歳~69歳
        全国の男女個人
有効回収サンプル数:1,026サンプル
サンプル構成(%)



参照コンテンツ


おすすめ新着記事

都心主要ラグジュアリーホテルのリバイバル戦略と行動直結プロモーション
都心主要ラグジュアリーホテルのリバイバル戦略と行動直結プロモーション

シティホテルの9月の客室稼働率は34.5%(前年同月差-44.8%)と、コロナ前と比べると危機的だ。固定費を圧縮し、助成金などの借り入れで延命するしかない。日本のような支援のないニューヨークでは、ホテルの20%が閉業し、2025年までの回復は難しいと言われている。まさに、業界は「産業衰退死」の段階を迎えている。

錦糸町 千葉県民が支える大人の桃源郷は、いま大注目の消費王国
錦糸町 千葉県民が支える大人の桃源郷は、いま大注目の消費王国

錦糸町といえば、都内屈指の歓楽街。場外馬券場や風俗店などディープなイメージのこの街が、いま若者の人気を集めている。理由のひとつが、JR総武線によるアクセスの良さ。千葉県民の東京デビューの"関所"としても知られ、コロナ禍もあいまって千葉の若者で溢れかえっているのだ。再開発も進み、人口増加中の錦糸町は、エリアマーケティングを行う上でも重要なエリアとなっている。

本当?日本人の魚離れ 8割以上が「魚を食べたい」
本当?日本人の魚離れ 8割以上が「魚を食べたい」

水産庁の「水産白書」によると、国民1人当たりの魚介類消費量は2001年をピークに減少している。魚離れともいわれる昨今、魚が実際にどのように食べられているのか調査を行った。全体として魚を食べる頻度はやや減ってはいるものの、今後の魚食意向については8割の人が「食べたい」と答えいることからも、潜在的支持基盤は大きいと考えられる。本調査ではこのほか、年代や食意識、魚食意向といった属性別に調理頻度や食べる理由、食べない理由などを深堀りしていく。



J-marketingをもっと活用するために
無料で読める豊富なコンテンツ プレミアム会員サービス 戦略ケースの教科書Online


採用情報
J-marketingのトリセツ
会員登録のご案内
消費社会白書2021
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
マーケティングモニターのご案内
データでわかる辛口性格診断
facebook
page top

当サイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。一部の例外を除き、著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2021 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.