日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net

消費者調査データ No.265
コーヒーチェーン(2018年3月版)
スターバックス独走に陰りか?ドトールとサードウェーブの追撃





 2016年の国内一人当たりコーヒー消費量は、全体では微減となりましたが、レギュラーコーヒーは7.2%増となりました。飲用場所では「喫茶店・コーヒーショップ」「レストラン・ファストフード」などが増えており、家庭外で本格的なコーヒーを飲むシーンが増加しているといえます(出所:全日本コーヒー協会)。

 今回は、当社が任意に選んだ27のコーヒーチェーンについて、「知っている(認知率)」「自宅や会社・学校の近くにある(近隣立地)」「利用したことがある(利用経験)」「今後(も)利用したい(利用意向)」などの項目についてインターネットモニターに対して行った調査結果をランキング形式でお届けします。

 今回の調査では、6項目中再利用意向を除く5項目で「スターバックスコーヒー(以下スターバックス)」が首位を獲得、また「ドトールコーヒー(以下ドトール)」が全項目で2位となった。「スターバックス」は、利用経験で2位の「ドトール」に9.5ポイント、3ヶ月内利用で3.9ポイント、今後の利用意向で5.7ポイントの差をつけており、単一チェーンとしては国内最大の店舗数(「スターバックス」:国内1,328店(2017年12月末現在)、「ドトール」同1,121店(2018年1月末現在))を支えるユーザー層のボリュームを印象付ける結果である。

 しかし、前回(2015年12月版)と比較すると、3ヶ月内利用や今後の利用意向での「ドトール」との差は縮小傾向で、ユーザーの満足度の指標である再利用意向にいたっては、わずか1ポイントながら「ドトール」が「スターバックス」を上回る結果となった。

 この再利用意向で首位を獲得したのは、2015年にサードウェーブコーヒーの旗手として日本上陸を果たした「ブルーボトルコーヒー」である。国内の展開店舗が7店(3月23日に8店目を京都に出店予定)とまだ少ないことから、利用者ベースは33名に留まるが、その再利用意向は63.6%と、「スターバックス」「ドトール」を僅差で上回った。

 また、再利用意向で4位から6位は、「椿屋珈琲店」「コメダ珈琲店」「星乃珈琲店」といったフルサービス型のチェーンがランクインしている。

 シアトル系コーヒーチェーンの嚆矢として「スターバックス」が日本上陸を果たしてから20年余り、快進撃を続けてきたが、ここへきて、フルサービス型の喫茶店やサードウェーブコーヒー店の追撃を受け、独走態勢には陰りも感じられる。「スターバックス」は、一部店舗で扱っているハイクラスコーヒー豆、「スターバックス・リザーブ」の専門店をシアトル本社内にオープン、「ドトール」もあらたにハイクラスのコーヒー豆を使用する「ドトール珈琲農園」を都内にオープンした。新たな展開をみせはじめたコーヒーチェーンの動きが注目される。

当社人気コンテンツ「戦略ケース 勝者なきセルフ式コーヒーチェーン店の競争」の続編、「戦略ケース コーヒーチェーン競争の行方 進む異業種とのボーダレス化」を公開いたしました!2018年現在、異業種との競争へとシフトするコーヒーチェーン業界の競争の行方を占います。

本コンテンツのグラフ、詳細データは有料会員サービスでのご提供となります。
【グラフ・詳細データのご利用はこちら】(有料会員向け)

※会員のご登録はこちらをご覧ください。






【提示27チェーン】
  • ブルーボトルコーヒー
  • ゴリラコーヒー
  • カフェ ネスカフェ
  • ドトールコーヒー
  • スターバックスコーヒー
  • タリーズコーヒー
  • セガフレード・ザネッティ
  • エクセルシオール・カフェ
  • サンマルクカフェ
  • プロント
  • ベックスコーヒーショップ
  • シアトルズベストコーヒー
  • カフェ・ド・クリエ
  • カフェ・ベローチェ
  • カフェミラノ
  • カフェ・コロラド
  • ブレンズコーヒー
  • コナズコーヒー
  • ニューヨーカーズカフェ
  • ホリーズカフェ
  • 珈琲館
  • UCC上島珈琲店
  • 喫茶室ルノアール
  • コメダ珈琲店
  • ミヤマ珈琲
  • 星乃珈琲店
  • 椿屋珈琲店


【調査設計】
調査手法:インターネットリサーチ
調査期間:2018年2月21日~26日
調査対象者:当社インターネットモニター 20歳~69歳
        全国の男女個人
有効回収サンプル数:1,026サンプル
サンプル構成(%)



参照コンテンツ


おすすめ新着記事

消費者調査データ<br>無糖茶<br>緑茶飲料が上位独占も、むぎ茶ブームは定着するか
消費者調査データ
無糖茶
緑茶飲料が上位独占も、むぎ茶ブームは定着するか

2017年の茶系飲料市場は、無糖茶が市場の伸びを牽引している。今回の調査でも伊藤園の「お~いお茶 緑茶」が複数項目で首位を獲得、僅差でサントリー「伊右衛門」が続く結果となった。しかし、再購入意向ではコンビニPB3商品が上位に入るなど躍進。18年夏の記録的な猛暑が影響し、熱中症対策として安価なPBが選ばれた結果だと考えられる。

消費者調査データ<br>レトルトカレー<br>強い定番、ロイヤル層を掴む複数パック
消費者調査データ
レトルトカレー
強い定番、ロイヤル層を掴む複数パック

カレールウの市場規模を抜いたとされるレトルトカレー。今回の調査では、7項目中5項目で「ククレカレー」が首位を獲得した。だが2位との差は小さく、「銀座カリー」「ボンカレー」などロングセラーブランドが激しい闘いを繰り広げている。一方再購入意向では「インドカリー(新宿中村屋)」などのプレミアムブランドが上位にランクインするなど様相は異なる。単身世帯の増加や少子高齢化でますますの需要増が見込まれるレトルトカレー市場。今後の行方に注目したい。

「食と生活」のマンスリー・ニュースレター<br>伸びるレトルトカレー 品質向上がカレールーを脅かす
「食と生活」のマンスリー・ニュースレター
伸びるレトルトカレー 品質向上がカレールーを脅かす

レトルトカレーの需要が伸びている。店頭には様々なブランドが並び、幅広い価格帯の商品が揃っている。今回の調査では、1年前と比べてレトルトカレーの喫食率が上がっている一方、カレールーは減少傾向にあることがわかった。なぜレトルトが好まれるようになったのか、その背景を探る。






マーケティングモニターのご案内
データでわかる辛口性格診断
マーケティング入門講座
会員登録のご案内
消費社会白書2018
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
page top

JMR生活総合研究所マーケティングサイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2018 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.