日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net

消費者調査データ No.303
衣料用洗剤(2019年11月版)
発売後半年、「アタックZERO」が6項目で首位獲得





本コンテンツのグラフ、詳細データは有料会員サービスでのご提供となっております。
ご利用には有料の会員登録が必要です。
ご登録済みの方は、こちらから全文をご利用ください。
会員のご登録はこちらをご覧ください。

 2018年の衣料用洗剤の出荷金額は全体では前年比96.4%の1,864億円と減少したが、液体・ジェル状の洗剤は同101.8%で拡大を続けている(経済産業省「生産動態統計調査」より)。

 今回は、当社が任意に選んだ衣料用洗剤34ブランドについて、「知っている(認知率)」、「使ったことがある(経験率)」、最近3ヶ月以内における「広告・記事を見たことがある(広告接触)」「店頭などで見たことがある(店頭接触)」、「3ヶ月以内に買って使った(3ヶ月内購入)」、さらに「今後(も)使いたいと思う(今後意向)」と「購入経験者における今後の購入意向(再購入意向)」という7項目について、インターネットモニターに対して行った調査結果をランキング形式でお届けする。

 今回の調査では、7項目中6項目で花王の「アタック ZERO」が首位を獲得した。とくに広告接触、店頭接触では2位以下に2桁の差をつけ、今年4月の新発売以降、積極的に展開されたマーケティングの施策が浸透していることを示している。使用経験も、発売後半年にも関わらず22.5%に達した。2位との差は3ヶ月内使用で4.1ポイント、今後の購入意向では2.9ポイントと激戦ながら首位を獲得、発売5ヶ月で4,604万本を出荷したヒット商品の実力をみせた。

 2位以下には同じく花王の「ウルトラアタックNEO」や「エマール」、ライオンの「トップ スーパーNANOX」などが並ぶ。すべて液体洗剤だ。また、ユーザーのロイヤリティの指標である再購入意向の上位にも「アリエール リビングドライイオンパワージェル(P&G)」や「アリエール サイエンスプラスイオンパワージェル(P&G)」などの液体洗剤が並んだ。

 衣料用洗剤市場では、各社とも特徴的な機能を訴求した商品を投入、激しい競争が続いている。今回高い評価を得た「アタックZERO」は、化学繊維についた落ちにくい汚れを落とすことのできる洗剤を、ワンハンドのプッシュ式ユニバーサルデザインのボトルに充填した使いやすさが特徴だ。さらに、少ない水でのたたき洗いに最適な「ドラム式専用」もラインナップに追加された。再購入意向でトップとなった「アリエール リビングドライイオンパワージェル」は、部屋干しに特化した洗剤、さらに同じアリエールブランドからは、洗濯するだけでダニ除けができる洗剤も発売された。ドラム式洗濯機の普及や女性の就業率の上昇などに伴って、さまざまなニーズに対応する衣料用洗剤。その機能の進化は続き、今後も厳しい競争が予想される。

本コンテンツのグラフ、詳細データは有料会員サービスでのご提供となります。
【グラフ・詳細データのご利用はこちら】(有料会員向け)

※会員のご登録はこちらをご覧ください。






【提示34ブランド】
  • アタックZERO(花王)
  • ウルトラアタックNEO(花王)
  • アタック高浸透バイオジェル(花王)
  • フレグランスニュービーズ ジェル(花王)
  • エマール(花王)
  • トップ スーパーNANOX(ライオン)
  • トップ ハレタ(ライオン)
  • トップ クリアリキッド抗菌(ライオン)
  • 香りつづくトップ(ライオン)
  • アクロン(ライオン)
  • アリエール スピードプラス(P&G)
  • アリエール サイエンスプラスイオンパワージェル(P&G)
  • アリエール リビングドライイオンパワージェル(P&G)
  • アリエール プラチナスポーツ(P&G)
  • ボールドジェル(P&G)
  • ヤシノミ洗たく洗剤(ヤシノミ洗剤)
  • さらさ【衣料用洗剤】
  • セブンプレミアムライフスタイル衣類の液体洗剤
  • みなさまのお墨付きおしゃれ着用洗剤(西友)
  • 液体セフター(生協)
  • アタック 高活性バイオEX(花王)
  • フレグランスニュービーズ(花王)
  • トップ プラチナクリア(ライオン)
  • 消臭ブルーダイヤ(ライオン)
  • 部屋干しトップ 除菌EX(ライオン)
  • 無リントップ(ライオン)
  • アリエール サイエンスプラス7(P&G)
  • ボールド プラチナクリーン粉末(P&G)
  • セフターE(生協)
  • アリエール パワージェルボール3D(P&G)
  • アリエール リビングドライジェルボール3D(P&G)
  • アリエール プラチナスポーツジェルボール3D(P&G)
  • ボールド ジェルボール3D(P&G)
  • トップバリュベストプライス 衣料用洗たく洗剤WASHBALL(イオン)


【調査設計】
調査手法:インターネットリサーチ
調査期間:2019年9月6日(金)~9月11日(水)
調査対象者:当社インターネットモニター 20歳~69歳
        全国の男女個人
有効回収サンプル数:1,003サンプル
サンプル構成(%)






参照コンテンツ


おすすめ新着記事

消費者調査データ 衣料用洗剤<br>発売半年、「アタックZERO」が6項目で首位獲得
消費者調査データ 衣料用洗剤
発売半年、「アタックZERO」が6項目で首位獲得

衣料用洗剤の市場は全体では縮小しているが、液体・ジェル状洗剤は拡大を続けている。今回の調査では「アタック ZERO」が7項目中6項目で首位を獲得。2019年4月発売の新商品にも関わらず、積極的なマーケティング展開が奏功し使用経験は2割を超えた。今後の購入以降でも僅差ながら首位を獲得しており、ヒット商品の実力を見せつけたかたちだ。

「食と生活」のマンスリー・ニュースレター<br>健康意識を背景に受容層広がるゼリー飲料
「食と生活」のマンスリー・ニュースレター
健康意識を背景に受容層広がるゼリー飲料

ゼリー飲料市場が伸びている。2018年の生産量は8万5,593リットルと、前年から10.5%増加している。飲用率は世代や性別で差がみられ、高いのは男性、女性ともにバブル後世代であった。飲用理由では全体ではもっとも高かったのは「短時間で栄養を補給するため」であり(27.6%)、次いで「短時間で食事を済ませるため」であったが、ヘビー層とライト層では理由が異なり、ヘビー層ほど具体的なベネフィットを求める結果となった。

成長市場を探せ 中食(2019年版)
成長市場を探せ 中食(2019年版)

拡大する食市場のなかでも、著しい伸びをみせているのが中食だ。中食市場は2018年までに10年連続で成長し、10年間の伸び率は約27%に達する(一般社団法人日本惣菜協会)。拡大の背景には、女性の社会進出や、少子高齢化、少人数世帯の増加などによる食の簡便化、個食化がある。今後もこうした流れは続くとみられ、中食市場もさらなる拡大が予想される。






成長支援のコンサルティングサービス
マーケティングモニターのご案内
データでわかる辛口性格診断
会員登録のご案内
消費社会白書2019
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
page top

JMR生活総合研究所マーケティングサイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2019 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.