半歩先を読む日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net

公開日:2021年03月01日

消費者調査データ No.335
ノンアルコール飲料(2021年3月版)
「オールフリー」「ドライゼロ」がしのぎを削る



グラフの閲覧・詳細データのダウンロードには有料の会員登録が必要です。
登録済みの方はこちらからログインしてご利用ください。

 2019年のノンアルコール飲料市場は、前年比2%増の2,243万ケースと6年連続で堅実な成長を続けている(サントリー)。

 今回は、当社が任意に選んだノンアルコール飲料27ブランドについて、「知っている(認知)」、「3ヶ月以内に広告などを見た(広告接触)」「3ヶ月以内に店頭などで見た(店頭接触)」「買って飲んだことがある(購入経験)」、「最近3ヶ月以内に買って飲んだ(3ヶ月以内購入)」、さらに「今後(も)飲みたい(今後意向)」と「購入経験者における今後の購入意向(再購入意向)」という7項目について、インターネットモニターに対して行った調査結果をランキング形式でお届けする。

 今回のランキングでも、前回(2020年2月版)と同様に、サントリーの「オールフリー」とアサヒビールの「アサヒ ドライゼロ」が激しいデッドヒートを繰り広げている。「オールフリー」は、認知、広告接触、店頭接触、購入経験で首位を獲得したものの、「ドライゼロ」との差はいずれも0.7~4.4ポイントと小さい。「ドライゼロ」は3ヶ月内購入、今後の購入意向で首位だが、「オールフリー」との差は3ヶ月内購入では1.0ポイント、今後の購入意向では0.3ポイント差と、ほぼ横並びといっても良い接戦だ。

 「オールフリー」「ドライゼロ」に続くのは、サントリーの「のんある気分」、キリンの「キリン零ICHI(ゼロイチ)」、「酔わないウメッシュ(チョーヤ梅酒)」などだ。ノンアルコール飲料市場の約86%がビールタイプに占められるなかで、チューハイタイプの「のんある気分」や「酔わないウメッシュ」の健闘が目立つ。

 再購入意向では、首位は「酔わないウメッシュ」の69.8%だった。「酔わないウメッシュ」は前回(2020年2月版)も2位につけており、ロイヤリティの高いファンを獲得しているとみられる。2位以下には「サッポロ プレミアムアルコールフリー(サッポロビール)」「アサヒ ヘルシースタイル(アサヒビール)」などが続くが、いずれも母数は30に満たない。手堅いファンはいても、ボリュームは小さいことがうかがえる。「オールフリー」と「アサヒ ドライゼロ」はいずれも58.8%で7位となった。

 2020年、コロナ禍で清涼飲料やビール系飲料などは大きな打撃を受けたが、ノンアルコール飲料は逆に伸長した。外出自粛で、家飲みの増加や運動量の減少などを背景にした健康志向の高まりが成長を支えているとみられる。メーカー各社も健康志向に応えた商品に注力。サントリーは「オールフリー」で糖質ゼロや内臓脂肪の低減効果などをうたい、キリンも「カラダFREE」で、体脂肪を減らす効果を訴求する。また、サントリーからはブームが続くレモンサワーをイメージしたノンアルコール飲料が3月に発売予定など、メーカー各社の動きは活発だ。規模はまだ小さいが成長市場の今後が注目される。


注目ランキング
  • 3ヶ月以内購入
    1. アサヒ ドライゼロ(アサヒビール)     8.6%
    2. オールフリー(サントリー)        7.6%
    3. のんある気分(サントリー))       3.7%
  • 今後の意向
    1. アサヒ ドライゼロ(アサヒビール)     11.0%
    2. オールフリー(サントリー)        10.7%
    3. のんある気分(サントリー))        7.2%

ログインしてグラフを見る

グラフの閲覧・詳細データのダウンロードには有料の会員登録が必要です。



詳細データのダウンロード

クロス集計表 サンプルイメージ
消費者調査データ クロス集計表 サンプルイメージ

調査概要

提示27ブランド

  • アサヒ ドライゼロ(アサヒビール)
  • アサヒ ドライゼロ フリー(アサヒビール)
  • アサヒ ヘルシースタイル(アサヒビール)
  • アサヒ スタイルバランス(アサヒビール)
  • キリン グリーンズフリー(キリン)
  • キリンカラダフリー(キリン)
  • キリン零ICHI(ゼロイチ)(キリン)
  • キリンパーフェクトフリー(キリン)
  • オールフリー(サントリー)
  • サッポロ プレミアムアルコールフリー(サッポロビール)
  • サッポロ うまみ搾り(サッポロビール)
  • ホッピー(ホッピービバレッジ)
  • 龍馬1865(日本ビール)
  • バーリアル3つのフリー(イオン)
  • ゼロカク(アサヒビール)
  • スタイルバランス(アサヒビール)
  • ゼロハイ氷零(キリンビール)
  • ノンアルコールチューハイ氷零カロリミット(キリンビール)
  • のんある気分(サントリー)
  • 小鶴ZERO(小正醸造)
  • 零の雫(福光屋)
  • 月桂冠フリー(月桂冠)
  • 酔わないウメッシュ(チョーヤ梅酒)
  • まるで梅酒なノンアルコール(サントリー)
  • メルシャン スパークリングアルコールゼロ(メルシャン)
  • ヴィンテンス(ネオブュル)
  • デュク・ドゥ・モンターニュ(ネオブュル)


調査設計

調査手法:インターネットリサーチ
調査期間:2021年1月8日(金)~1月13日(水)
調査対象者:当社インターネットモニター 20歳~69歳
        全国の男女個人
有効回収サンプル数:1,011サンプル
サンプル構成(%)






参照コンテンツ


おすすめ新着記事

「食と生活」のマンスリー・ニュースレター 縮小する野菜ジュース市場 値上げ下でブランド継続は4割
「食と生活」のマンスリー・ニュースレター 縮小する野菜ジュース市場 値上げ下でブランド継続は4割

野菜ジュースの生産量は、業界団体調べによると3年連続で減少しており、2023年は前年比5.6%減となった。今回は値上げによって、野菜ジュースのブランド選択にどのような変化が起こっているのか調査をおこなった。

成長市場を探せ コロナ禍の「癒し」契機に急拡大するフレグランス(2024年)
成長市場を探せ コロナ禍の「癒し」契機に急拡大するフレグランス(2024年)

欧米に比べて小さな規模にとどまっていた国内のフレグランス市場が、コロナ禍を境に急速に拡大している。拡大のきっかけとなったのは、コロナ下での「癒し」ニーズとみられる。マスク生活下でメイクアップに代わり、自己表現のためのアイテムとなり、コロナ禍が去ったあとも人気が続いている。また、高付加価値化も市場拡大に拍車をかけている。

消費者調査データ 日焼け止め(2024年6月版) 首位「ビオレUV」、僅差の「ニベアUV」「アネッサ」
消費者調査データ 日焼け止め(2024年6月版) 首位「ビオレUV」、僅差の「ニベアUV」「アネッサ」

コロナ禍から復活をとげつつある日焼け止め市場。調査結果をみると、首位は「ビオレUV」だが、「アネッサ」「ニベアUV」との差はわずかで、3ブランドでトップグループを形成している。また、「ニベアメンUV」は高い再購入意向を得ており、男性への日焼け止めの浸透がうかがえる。



J-marketingをもっと活用するために
無料で読める豊富なコンテンツプレミアム会員サービス戦略ケースの教科書Online


お知らせ

2024.03.25

当社合田執筆の「猛スピードのクルマはいらない」 これからの高齢化社会に必要な“まちづくり”とは何か? そのヒントは欧米になかった!」がメルクマールに掲載されました。

新着記事

2024.06.21

消費者調査データ ビール系飲料(2024年6月版) 首位「スーパードライ」、キリンの新ビール「晴れ風」にも注目

2024.06.20

24年4月の「広告売上高」は、5ヶ月連続のマイナス

2024.06.19

「食と生活」のマンスリー・ニュースレター 縮小する野菜ジュース市場 値上げ下でブランド継続は4割

2024.06.18

24年4月の「商業動態統計調査」はふたたびプラスに

2024.06.17

企業活動分析 資生堂の23年12月期は国内欧米好調も中国等減少で減収減益

2024.06.17

企業活動分析 花王の23年12月期は、構造改革費用等計上で減収減益に

2024.06.14

成長市場を探せ コロナ禍の「癒し」契機に急拡大するフレグランス(2024年)

2024.06.13

24年4月の「消費支出」は2ヶ月連続のプラス

2024.06.12

24年4月の「家計収入」は19ヶ月連続のマイナス

2024.06.11

24年5月の「景気の現状判断」は3ヶ月連続で50ポイント割れに

2024.06.11

24年5月の「景気の先行き判断」は2ヶ月連続で50ポイント割れに

2024.06.10

企業活動分析 ロレアル(L'Oreal S.A.)23年12月期は増収増益、過去最高を記録

週間アクセスランキング

1位 2021.05.25

MNEXT 眼のつけどころ プロ・マーケティングの組み立て方 都心高級ホテル競争 「アマン」VS.「リッツ」(1)

2位 2024.03.13

戦略ケース なぜマクドナルドは値上げしても過去最高売上を更新できたのか

3位 2017.09.19

MNEXT 眼のつけどころ なぜ日本の若者はインスタに走り、世界の若者はタトゥーを入れるのか?

4位 2013.04.16

戦略ケース 勝者なきセルフ式コーヒーチェーン店の競争

5位 2022.03.11

女性が生み出す6.9兆円の市場―アフタヌーンティーは都心高級ホテルを救えるのか 第1回

パブリシティ

2023.10.23

週刊トラベルジャーナル2023年10月23日号に、当社代表取締役社長 松田の執筆記事「ラーケーションへの視点 旅の価値問い直す大事な切り口」が掲載されました。

2023.08.07

日経MJ「CM裏表」に、当社代表取締役社長 松田の執筆記事が掲載されました。サントリー ザ・プレミアム・モルツ「すず登場」篇をとりあげています。

ENGLISH ARTICLES

2023.04.17

More than 40% of convenience store customers purchase desserts. Stores trying to entice shoppers to buy desserts while they're shopping.

2023.02.22

40% of men in their 20s are interested in skincare! Men's beauty expanding with awareness approaching that of women

2022.11.14

Frozen Foods' Benefits Are Expanding, and Child-raising Women Are Driving Demand

2022.09.12

The Penetration of Premium Beer, and a Polarization of the Growing Beer Market

2022.06.20

6.9 Trillion Yen Market Created By Women― Will Afternoon Tea save the luxury hotels in the Tokyo Metropolitan Area