半歩先を読む日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net

公開日:2021年03月01日

消費者調査データ No.335
ノンアルコール飲料(2021年3月版)
「オールフリー」「ドライゼロ」がしのぎを削る



グラフの閲覧・詳細データのダウンロードには有料の会員登録が必要です。
登録済みの方はこちらからログインしてご利用ください。

 2019年のノンアルコール飲料市場は、前年比2%増の2,243万ケースと6年連続で堅実な成長を続けている(サントリー)。

 今回は、当社が任意に選んだノンアルコール飲料27ブランドについて、「知っている(認知)」、「3ヶ月以内に広告などを見た(広告接触)」「3ヶ月以内に店頭などで見た(店頭接触)」「買って飲んだことがある(購入経験)」、「最近3ヶ月以内に買って飲んだ(3ヶ月以内購入)」、さらに「今後(も)飲みたい(今後意向)」と「購入経験者における今後の購入意向(再購入意向)」という7項目について、インターネットモニターに対して行った調査結果をランキング形式でお届けする。

 今回のランキングでも、前回(2020年2月版)と同様に、サントリーの「オールフリー」とアサヒビールの「アサヒ ドライゼロ」が激しいデッドヒートを繰り広げている。「オールフリー」は、認知、広告接触、店頭接触、購入経験で首位を獲得したものの、「ドライゼロ」との差はいずれも0.7~4.4ポイントと小さい。「ドライゼロ」は3ヶ月内購入、今後の購入意向で首位だが、「オールフリー」との差は3ヶ月内購入では1.0ポイント、今後の購入意向では0.3ポイント差と、ほぼ横並びといっても良い接戦だ。

 「オールフリー」「ドライゼロ」に続くのは、サントリーの「のんある気分」、キリンの「キリン零ICHI(ゼロイチ)」、「酔わないウメッシュ(チョーヤ梅酒)」などだ。ノンアルコール飲料市場の約86%がビールタイプに占められるなかで、チューハイタイプの「のんある気分」や「酔わないウメッシュ」の健闘が目立つ。

 再購入意向では、首位は「酔わないウメッシュ」の69.8%だった。「酔わないウメッシュ」は前回(2020年2月版)も2位につけており、ロイヤリティの高いファンを獲得しているとみられる。2位以下には「サッポロ プレミアムアルコールフリー(サッポロビール)」「アサヒ ヘルシースタイル(アサヒビール)」などが続くが、いずれも母数は30に満たない。手堅いファンはいても、ボリュームは小さいことがうかがえる。「オールフリー」と「アサヒ ドライゼロ」はいずれも58.8%で7位となった。

 2020年、コロナ禍で清涼飲料やビール系飲料などは大きな打撃を受けたが、ノンアルコール飲料は逆に伸長した。外出自粛で、家飲みの増加や運動量の減少などを背景にした健康志向の高まりが成長を支えているとみられる。メーカー各社も健康志向に応えた商品に注力。サントリーは「オールフリー」で糖質ゼロや内臓脂肪の低減効果などをうたい、キリンも「カラダFREE」で、体脂肪を減らす効果を訴求する。また、サントリーからはブームが続くレモンサワーをイメージしたノンアルコール飲料が3月に発売予定など、メーカー各社の動きは活発だ。規模はまだ小さいが成長市場の今後が注目される。


注目ランキング
  • 3ヶ月以内購入
    1. アサヒ ドライゼロ(アサヒビール)     8.6%
    2. オールフリー(サントリー)        7.6%
    3. のんある気分(サントリー))       3.7%
  • 今後の意向
    1. アサヒ ドライゼロ(アサヒビール)     11.0%
    2. オールフリー(サントリー)        10.7%
    3. のんある気分(サントリー))        7.2%

ログインしてグラフを見る

グラフの閲覧・詳細データのダウンロードには有料の会員登録が必要です。



詳細データのダウンロード

クロス集計表 サンプルイメージ
消費者調査データ クロス集計表 サンプルイメージ

調査概要

提示27ブランド

  • アサヒ ドライゼロ(アサヒビール)
  • アサヒ ドライゼロ フリー(アサヒビール)
  • アサヒ ヘルシースタイル(アサヒビール)
  • アサヒ スタイルバランス(アサヒビール)
  • キリン グリーンズフリー(キリン)
  • キリンカラダフリー(キリン)
  • キリン零ICHI(ゼロイチ)(キリン)
  • キリンパーフェクトフリー(キリン)
  • オールフリー(サントリー)
  • サッポロ プレミアムアルコールフリー(サッポロビール)
  • サッポロ うまみ搾り(サッポロビール)
  • ホッピー(ホッピービバレッジ)
  • 龍馬1865(日本ビール)
  • バーリアル3つのフリー(イオン)
  • ゼロカク(アサヒビール)
  • スタイルバランス(アサヒビール)
  • ゼロハイ氷零(キリンビール)
  • ノンアルコールチューハイ氷零カロリミット(キリンビール)
  • のんある気分(サントリー)
  • 小鶴ZERO(小正醸造)
  • 零の雫(福光屋)
  • 月桂冠フリー(月桂冠)
  • 酔わないウメッシュ(チョーヤ梅酒)
  • まるで梅酒なノンアルコール(サントリー)
  • メルシャン スパークリングアルコールゼロ(メルシャン)
  • ヴィンテンス(ネオブュル)
  • デュク・ドゥ・モンターニュ(ネオブュル)


調査設計

調査手法:インターネットリサーチ
調査期間:2021年1月8日(金)~1月13日(水)
調査対象者:当社インターネットモニター 20歳~69歳
        全国の男女個人
有効回収サンプル数:1,011サンプル
サンプル構成(%)






参照コンテンツ


おすすめ新着記事

都心主要ラグジュアリーホテルのリバイバル戦略と行動直結プロモーション
都心主要ラグジュアリーホテルのリバイバル戦略と行動直結プロモーション

シティホテルの9月の客室稼働率は34.5%(前年同月差-44.8%)と、コロナ前と比べると危機的だ。固定費を圧縮し、助成金などの借り入れで延命するしかない。日本のような支援のないニューヨークでは、ホテルの20%が閉業し、2025年までの回復は難しいと言われている。まさに、業界は「産業衰退死」の段階を迎えている。

錦糸町 千葉県民が支える大人の桃源郷は、いま大注目の消費王国
錦糸町 千葉県民が支える大人の桃源郷は、いま大注目の消費王国

錦糸町といえば、都内屈指の歓楽街。場外馬券場や風俗店などディープなイメージのこの街が、いま若者の人気を集めている。理由のひとつが、JR総武線によるアクセスの良さ。千葉県民の東京デビューの"関所"としても知られ、コロナ禍もあいまって千葉の若者で溢れかえっているのだ。再開発も進み、人口増加中の錦糸町は、エリアマーケティングを行う上でも重要なエリアとなっている。

本当?日本人の魚離れ 8割以上が「魚を食べたい」
本当?日本人の魚離れ 8割以上が「魚を食べたい」

水産庁の「水産白書」によると、国民1人当たりの魚介類消費量は2001年をピークに減少している。魚離れともいわれる昨今、魚が実際にどのように食べられているのか調査を行った。全体として魚を食べる頻度はやや減ってはいるものの、今後の魚食意向については8割の人が「食べたい」と答えいることからも、潜在的支持基盤は大きいと考えられる。本調査ではこのほか、年代や食意識、魚食意向といった属性別に調理頻度や食べる理由、食べない理由などを深堀りしていく。



J-marketingをもっと活用するために
無料で読める豊富なコンテンツプレミアム会員サービス戦略ケースの教科書Online


採用情報
J-marketingのトリセツ
会員登録のご案内
消費社会白書2021
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
マーケティングモニターのご案内
データでわかる辛口性格診断
facebook
page top

当サイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。一部の例外を除き、著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2021 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.