半歩先を読む日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net

公開日:2020年02月14日


消費者調査データ No.310
ノンアルコール飲料(2020年2月版)
「オールフリー」「ドライゼロ」火花散らす 機能系も健闘



本コンテンツのグラフ、詳細データは有料会員サービスでのご提供となっております。
ご利用には有料の会員登録が必要です。
ご登録済みの方は、こちらから全文をご利用ください。
会員のご登録はこちらをご覧ください。

 2018年のノンアルコール飲料市場は、前年比3%増の約2,209万ケース、4年連続で拡大を続けている(サントリー推計)。

 今回は、当社が任意に選んだノンアルコール飲料26ブランドについて、「知っている(認知率)」、「買って飲んだことがある(購入経験率)」、最近3ヶ月以内における「広告・記事(を見たことがある)」「店頭などで見たことがある(3ヶ月内店頭接触)」、「3ヶ月以内に買って飲んだ(3ヶ月以内購入)」、さらに「今後(も)買いたいと思う(今後購入意向)」と「購入経験者における今後の購入意向(再購入意向)」という7項目について、インターネットモニターに対して行った調査結果をランキング形式でお届けする。

 今回のランキングでも、前回(2019年1月版)と同様、サントリーの「オールフリー」が再購入意向を除く6項目で首位を獲得、僅差でアサヒビールの「アサヒ ドライゼロ」が追う形になった。「オールフリー」と「アサヒ ドライゼロ」の差は飲用経験では4.1ポイント差があるが、3ヶ月内飲用は0.1ポイント差、今後の購入意向では0.4ポイント差とほぼ同率だ。激しいデッドヒートといえる。3位、4位はサントリーの「のんある気分」とキリンの「キリン零ICHI(ゼロイチ)」が激しく競り合っている。

 ノンアルコール飲料のユーザーには、健康や体脂肪、肝臓などへのアルコールの影響を気にして飲む人の割合が高い(サントリー調査)と分析されており、飲用経験者ベースの購入意向でも、サントリーの「からだを想うオールフリー(機能性表示食品「体脂肪を減らす」)が首位、キリン「キリンカラダフリー(機能性表示食品「お腹まわりの脂肪を減らす」)が4位、サッポロビールの「サッポロ+(トクホ「糖の吸収をおだやかにする」)など健康志向を強調した商品が並ぶ。

 昨年の消費税増税により、アルコール飲料の税率は10%に引き上げられたが、ノンアルコール飲料の税率は8%に据え置かれたことから、ノンアルコール飲料の割安感はさらに高まっている。高齢化などを背景にした健康志向の高まりも、ノンアルコール飲料に追い風だ。メーカー各社も新商品投入や新たな飲用シーンの提案などで積極的な展開を行っている。成長が期待される市場の今後が注目される。

本コンテンツのグラフ、詳細データは有料会員サービスでのご提供となります。
【グラフ・詳細データのご利用はこちら】(有料会員向け)

※会員のご登録はこちらをご覧ください。






【提示26ブランド】
  • アサヒ ドライゼロ(アサヒビール)
  • アサヒ ドライゼロ フリー(アサヒビール)
  • アサヒ ドライゼロ スパーク(アサヒビール)
  • アサヒ ヘルシースタイル(アサヒビール)
  • キリン零ICHI(ゼロイチ)(キリン)
  • キリンカラダフリー(キリン)
  • キリンパーフェクトフリー(キリン)
  • オールフリー(サントリー)
  • からだを想うオールフリー(サントリー)
  • サッポロ プレミアムアルコールフリー(サッポロビール)
  • SAPPORO +(サッポロプラス)(サッポロビール)
  • ホッピー(ホッピービバレッジ)
  • 龍馬1865(日本ビール)
  • バーリアル3つのフリー(イオン)
  • ゼロカク(アサヒビール)
  • スタイルバランス(アサヒビール)
  • ゼロハイ氷零(キリンビール)
  • のんある気分(サントリー)
  • 小鶴ZERO(小正醸造)
  • 零の雫(福光屋)
  • 月桂冠フリー(月桂冠)
  • 酔わないウメッシュ(チョーヤ梅酒)
  • まるで梅酒なノンアルコール(サントリー)
  • メルシャン フリー スパークリング(メルシャン)
  • ヴィンテンス(ネオブュル)
  • デュク・ドゥ・モンターニュ(ネオブュル)


【調査設計】
調査手法:インターネットリサーチ
調査期間:2019年12月6日(金)~12月11日(水)
調査対象者:当社インターネットモニター 20歳~69歳
        全国の男女個人
有効回収サンプル数:1,025サンプル
サンプル構成(%)







おすすめ新着記事

コロナ下でも堅調続く「マクドナルド」
コロナ下でも堅調続く「マクドナルド」

コロナで外食全体が不振に陥っている中、ファーストフード業態は前年比96.3%と減少幅が小さい。今回の調査で印象的なのが「マクドナルド」の盤石さだ。主要な項目で2位以下を15~20ポイント引き離している。逆に順位を落としたのが、繁華街などに立地するファストカジュアルのチェーンだ。

裾野広がるシリアル コロナ禍自粛の反動に成長機会
裾野広がるシリアル コロナ禍自粛の反動に成長機会

糖質オフや機能訴求など様々な賞品が発売されているシリアル。実際にどのように食べられているのか、調査を行った。その結果、シリアルの喫食には外出や運動機会との関連性がみえてきた。コロナ禍で喫食率は低下しているものの、ユーザー層や喫食シーンには広がりもみられる。感染が収束すれば外出機会も増える。さらにコロナ禍で高まった健康意識も追い風に、シリアル市場の成長が予想される。

消費反発の現場を探る 帝国ホテルのブッフェから
消費反発の現場を探る 帝国ホテルのブッフェから

バイキング、ウェディング、郵便局、ランドリー。今では当たり前のホテルサービスも、多くは帝国ホテルが発祥です。ホテル業界はコロナで大きな影響を受けました。しかし、抑圧された旅行への欲望は高まっているといえます。今回はこの老舗ホテルの取り組みから、抑圧された消費の反発力をうまく取り込むためのヒントを探ります。



J-marketingをもっと活用するために
無料で読める豊富なコンテンツプレミアム会員サービス戦略ケースの教科書Online


採用情報
会員登録のご案内
消費社会白書2021
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
マーケティングモニターのご案内
データでわかる辛口性格診断
facebook
page top

当サイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。一部の例外を除き、著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2021 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.