日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net

公開日:2020年07月27日
消費者調査データ No.321
炭酸飲料(2020年7月版)
盤石「コカ・コーラ」、高リピート意向のPB



グラフの閲覧・詳細データのダウンロードには有料の会員登録が必要です。
登録済みの方はこちらからログインしてご利用ください。

 炭酸飲料の市場は、2019年は冷夏の影響で微減となったものの、ここ15年ほどアップトレンドが続いている(全国清涼飲料連合会)。

 今回は、当社が任意に選んだ炭酸飲料35ブランドについて、「知っている(認知率)」、「買って飲んだことがある(経験率)」、最近3ヶ月以内における「広告・記事を見たことがある(広告接触)」「店頭などで見たことがある(店頭接触)」、「3ヶ月以内に買って飲んだ(3ヶ月内購入)」、さらに「今後(も)買って飲みたい(今後意向)」と「購入経験者における今後の購入意向(再購入意向)」という7項目について、インターネットモニターに対して行った調査結果をランキング形式でお届けする。

 今回の調査でも、前回(2019年8月版)前々回(2018年6月版)と同様、再購入意向を除く6項目で「コカ・コーラ(日本コカ・コーラ)」が首位を獲得した。2位以下には、「三ツ矢サイダー(アサヒ飲料)」、「キリンレモン(キリンビバレッジ)」、「カルピスソーダ(アサヒ飲料)」、「ファンタ(日本コカ・コーラ)」、「オランジーナ/レモンジーナ(サントリー)」などが、項目ごとに順位を入れ替えながら僅差でひしめいている。

 ユーザーのロイヤリティの指標である再購入意向では、母数は少ないながら、イオンと西友のプライベートブランドがワンツー・フィニッシュとなった。また、3位に機能性表示食品の「キリンメッツプラス(キリンビバレッジ)」、5位にはトクホの「三ツ矢サイダーW(アサヒ飲料)」が入った。コストパフォーマンスや機能性などが、リピート意向につながったとみられる。

 今年上半期、炭酸飲料は新型コロナウイルスの影響で業務用需要が大きく減少したが、家庭用需要については拡大、特に大容量サイズと無糖炭酸水が好調である。無糖炭酸水は、外出自粛などで外出が減り宅飲みが増えたことから、割り材としても利用されている。AmazonやネットスーパーなどのECチャネルでの販売が伸びているという。一方、自動販売機やコンビニでの売り上げは苦戦が伝えられる。特に、コンビニは新商品の浸透に大きな役割を果たすチャネルだ。清涼飲料全体でみても、4月は2割近い落ち込みだった。いまだに新型コロナウイルスの感染は終息の見込みが立っていない。イベントの自粛や規模縮小、リモートワークなどが続いており、最需要期を迎えても飲料への逆風は続く。底力の試される夏となりそうだ。


ログインしてグラフを見る

グラフの閲覧・詳細データのダウンロードには有料の会員登録が必要です。



詳細データのダウンロード

クロス集計表 サンプルイメージ
消費者調査データ クロス集計表 サンプルイメージ




【提示35ブランド】
  • コカ・コーラ(日本コカ・コーラ)
  • コカ・コーラ ゼロ(日本コカ・コーラ)
  • コカ・コーラ プラス(日本コカ・コーラ)
  • コカ・コーラ ゼロカフェイン(日本コカ・コーラ)
  • ファンタ(日本コカ・コーラ)
  • スプライト(日本コカ・コーラ)
  • カナダドライ(日本コカ・コーラ)
  • カナダドライ ザ・タンサン(日本コカ・コーラ)
  • ペプシ ジャパン コーラ(サントリー)
  • ペプシコーラ(サントリー)
  • ペプシスペシャルゼロ(サントリー)
  • オランジーナ / レモンジーナ(サントリー)
  • C.C.レモン(サントリー)
  • デカビタC(サントリー)
  • 天然水スパークリング(サントリー)
  • サントリー天然水 サイダー(サントリー)
  • キリンメッツ(キリンビバレッジ)
  • キリンメッツ 超刺激クリア(キリンビバレッジ)
  • キリンメッツプラス(キリンビバレッジ)
  • メッツ コーラ(キリンビバレッジ)
  • キリンレモン(キリンビバレッジ)
  • 三ツ矢サイダー(アサヒ飲料)
  • 三ツ矢サイダーW(アサヒ飲料)
  • ウィルキンソン タンサン(アサヒ飲料)
  • アサヒ ドデカミン(アサヒ飲料)
  • カルピスソーダ(アサヒ飲料)
  • リボンシトロン / リボンナポリン(ポッカサッポロ)
  • キレートレモン(ポッカサッポロ)
  • おいしい炭酸水(ポッカサッポロ)
  • ヘルシアスパークリング(花王)
  • セブンプレミアム 強炭酸水
  • セブンプレミアムのサイダー
  • トップバリュベストプライス コーラ / サイダー
  • トップバリュ炭酸水
  • みなさまのお墨付き 強炭酸水(西友)


【調査設計】
調査手法:インターネットリサーチ
調査期間:2020年6月11日(木)~6月15日(月)
調査対象者:当社インターネットモニター 20歳~69歳
        全国の男女個人
有効回収サンプル数:1,050サンプル
サンプル構成(%)






参照コンテンツ


特集:コロナ禍の消費を読む


おすすめ新着記事

「食と生活」のマンスリー・ニュースレター<br>働き方の多様化が後押しするデリバリーサービス利用
「食と生活」のマンスリー・ニュースレター
働き方の多様化が後押しするデリバリーサービス利用

新型コロナウイルスの感染拡大にともない、自粛や店内飲食の制限などの影響を余儀なくされているファーストフードチェーン。彼らが活路を見出しているのが、デリバリーやテイクアウトなどのサービスだ。今回の調査では、実際にこうしたサービスがどの程度利用されているのか、また在宅勤務などの多様な働き方がサービスの利用率に与える影響などを探っていく。

消費者調査データ 炭酸飲料<br>盤石「コカ・コーラ」、高リピート意向のPB
消費者調査データ 炭酸飲料
盤石「コカ・コーラ」、高リピート意向のPB

炭酸飲料の市場は2019年は冷夏の影響で微減となったものの、ここ15年ほどアップトレンドが続いている。今回の調査でも、「コカ・コーラ」が複数の項目で首位を獲得。再購入意向ではイオンと西友のPBが上位に入った。炭酸飲料は新型コロナウイルスの影響で業務用需要が大きく減少。イベントの自粛や規模縮小、リモートワークなどが続いており、最需要期の夏を迎えても飲料への逆風は続きそうだ。

消費者調査データ 紅茶飲料<br>成長市場をリードする「午後の紅茶」
消費者調査データ 紅茶飲料
成長市場をリードする「午後の紅茶」

成長市場をリードする「午後の紅茶」
今2019年の紅茶飲料の販売数量は4年連続の増加となった。ここ最近のトレンドは、働く人をターゲットにした新製品や、フルーツのフレーバーティなど新たな切り口の商品の新発売が相次いでいるが、今回の調査結果では、リーディングブランドである「午後の紅茶」がランキングのトップを独占した。


会員登録のご案内
消費社会白書2020
研修テキストに使える!コンテンツパッケージ販売のご案内
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
マーケティングモニターのご案内
データでわかる辛口性格診断
page top

JMR生活総合研究所マーケティングサイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2020 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.