半歩先を読む日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net

公開日:2023年05月10日

消費者調査データ No.385
ヨーグルト(2023年5月版)
独走する「明治ブルガリア」、再購入意向の高い機能訴求ヨーグルト



グラフの閲覧・詳細データのダウンロードには有料の会員登録が必要です。
登録済みの方はこちらからログインしてご利用ください。

 2021年のヨーグルト生産量は、2020年の特需の反動もあり、前年比2.1%減の126万klで着地した。2022年1~10月までも前年割れで推移している(一般社団法人全国発酵乳乳酸菌飲料協会)。

 今回は、当社が任意に選んだヨーグルト24ブランドについて、「知っている(認知)」「3ヶ月以内に店頭などで見た(店頭接触)」「買って食べたことがある(購入経験)」「最近3ヶ月以内に買って食べた(3ヶ月以内購入)」、さらに「今後(も)食べたい(今後意向)」と「購入経験者における今後の購入意向(再購入意向)」という6項目について、インターネットモニターに対して行った調査結果をランキング形式でお届けする。

 今回の調査でも、前回(2022年3月版)と同様「明治ブルガリアヨーグルト(明治)」が再購入意向を除く5項目で2位に15ポイント以上の差をつけての首位、再購入意向でも2位と抜群の強さを示した。なかでも3ヶ月内購入と今後の購入意向は、2位に2倍近い差をつけての首位で、他ブランドの追随を許さない。

 「明治ブルガリアヨーグルト」を追うのは、「ビヒダスヨーグルト(森永乳業)」で、再購入意向以外の5項目で2位を獲得したが、再購入意向では8位と、「明治ブルガリアヨーグルト」に比べリピート層の獲得がやや弱い。

 3位グループには「森永アロエヨーグルト(森永乳業)」「ナチュレ恵(雪印メグミルク)」「明治プロビオヨーグルトR-1(明治)」などが入り、僅差で順位が入れ替わる激戦となっている。

 また、再購入意向をみると、首位に「みなさまのお墨付きヨーグルト(西友)」、3位に「セブンプレミアムヨーグルト(セブン&アイ)」と母数が少ないながらPBが上位に入っているほか、4位から7位は「明治プロビオヨーグルトR-1(明治)」「トリプルヨーグルト(森永乳業)」「明治TANPACT(明治)」「OIKOS(ダノン)」など機能を前面に押し出したブランドが占めている。乳酸菌の効果に期待してリピートしているユーザーが多いことがうかがえる結果である。

 ヨーグルトは、新型コロナウイルス感染拡大初期に、乳酸菌のもつ「免疫」への効果が期待され拡大したが、感染の長期化や規制緩和などに伴い、ブームは落ち着きをみせている。メーカー各社は次の「刺さる」訴求を模索し、高たんぱく、中性脂肪、血圧などの効果が期待される乳酸菌を使用した商品を開発、展開している。一方、原材料費や物流費などの高騰により、ヨーグルトにも値上げが続く。乳酸菌のさまざまな効果への認識や期待も広まり、強まる健康志向にフィットしたヨーグルト市場の今後が注目される。

注目ランキング
  • 3ヶ月内購入
    1. 明治ブルガリアヨーグルト(明治)   32.0%
    2. ビヒダスヨーグルト(森永乳業)    16.7%
    3. 明治プロビオヨーグルト R-1(明治)  12.9%
  • 再購入意向
    1. みなさまのお墨つきヨーグルト(西友)     77.3%
    2. 明治ブルガリアヨーグルト(明治)       68.3%
    3. セブンプレミアムヨーグルト(セブン&アイ)  66.7%

ログインしてグラフを見る

グラフの閲覧・詳細データのダウンロードには有料の会員登録が必要です。



詳細データのダウンロード

クロス集計表 サンプルイメージ
消費者調査データ クロス集計表 サンプルイメージ

調査概要

提示24ブランド

  • 明治ブルガリアヨーグルト(明治)
  • 明治プロビオヨーグルトLG21(明治)
  • 明治プロビオヨーグルトR-1(明治)
  • 明治プロビオヨーグルトPA-3(明治)
  • 明治TANPACT(明治)
  • ビヒダスヨーグルト(森永乳業)
  • 森永アロエヨーグルト(森永乳業)
  • ギリシャヨーグルト パルテノ(森永乳業)
  • トリプルヨーグルト(森永乳業)
  • ナチュレ恵(雪印メグミルク)
  • megumi ガセリ菌SP株ヨーグルト(雪印メグミルク)
  • 牧場の朝ヨーグルト(雪印メグミルク)
  • ポッカコーヒー(ポッカサッポロF & B)
  • Bifix ヨーグルト(江崎グリコ)
  • 朝食リンゴヨーグルト(江崎グリコ)
  • おいしいカスピ海(江崎グリコ)
  • バニラヨーグルト(日本ルナ)
  • ぜいたく果実(オハヨー乳業)
  • カスピ海ヨーグルト(フジッコ)
  • 小岩井乳業のヨーグルト
  • ダノンBIO(ダノン)
  • OIKOS(ダノン)
  • セブンプレミアムヨーグルト(セブン&アイ)
  • トップバリュ プレーンヨーグルト(イオン)
  • みなさまのお墨つきヨーグルト(西友)


調査設計

調査手法:インターネットリサーチ
調査期間:2023年03月10日(金)~03月13日(月)
調査対象者:当社インターネットモニター 20歳~69歳
        全国の男女個人
有効回収サンプル数:1,078サンプル
サンプル構成(%)






参照コンテンツ


おすすめ新着記事



J-marketingをもっと活用するために
無料で読める豊富なコンテンツプレミアム会員サービス戦略ケースの教科書Online


新着記事

2024.02.21

企業活動分析 味の素の23年3月期は為替の影響や販売増で過去最高益を更新

 

2024.02.20

23年11月の「旅行業者取扱高」は19年比で76%に

2024.02.19

23年12月の「商業動態統計調査」は小売好調で34ヶ月連続のプラスに

2024.02.19

24年1月の「景気の現状判断」は12ヶ月連続で50ポイント超えに

2024.02.19

24年1月の「景気の先行き判断」は3ヶ月連続で全国で50ポイント超えに

2024.02.16

23年12月の「家計収入」は15ヶ月連続のマイナス

2024.02.16

23年12月の「消費支出」は10ヶ月連続のマイナス

2024.02.15

「食と生活」のマンスリー・ニュースレター 男性子育て層の約5割が利用 バンドワゴン効果で拡大する新NISA

2024.02.14

企業活動分析 パナソニックHD A2Wや車載機器・電池などの販売増や為替の影響で増収、原材料高騰が響き2割減益(23年3月期)

週間アクセスランキング

1位 2024.02.07

企業活動分析 ソニーグループの23年3月期は為替の影響やPS5販売増で2桁増収わずかに増益

2位 2023.12.27

2024年の日本を読み解く―24の視点

3位 2021.10.14

都心主要ラグジュアリーホテルのリバイバル戦略と行動直結プロモーション―産業衰退死段階の生き残り戦略【1】

4位 2024.02.09

消費者調査データ スナック菓子(2024年2月版) 圧倒的な強さ、カルビー「ポテトチップス」 再購入意向の高いPB商品

5位 2021.05.25

MNEXT 眼のつけどころ プロ・マーケティングの組み立て方 都心高級ホテル競争 「アマン」VS.「リッツ」(1)

パブリシティ

2023.10.23

週刊トラベルジャーナル2023年10月23日号に、当社代表取締役社長 松田の執筆記事「ラーケーションへの視点 旅の価値問い直す大事な切り口」が掲載されました。

2023.08.07

日経MJ「CM裏表」に、当社代表取締役社長 松田の執筆記事が掲載されました。サントリー ザ・プレミアム・モルツ「すず登場」篇をとりあげています。

ENGLISH ARTICLES

2023.04.17

More than 40% of convenience store customers purchase desserts. Stores trying to entice shoppers to buy desserts while they're shopping.

2023.02.22

40% of men in their 20s are interested in skincare! Men's beauty expanding with awareness approaching that of women

2022.11.14

Frozen Foods' Benefits Are Expanding, and Child-raising Women Are Driving Demand

2022.09.12

The Penetration of Premium Beer, and a Polarization of the Growing Beer Market

2022.06.20

6.9 Trillion Yen Market Created By Women― Will Afternoon Tea save the luxury hotels in the Tokyo Metropolitan Area