半歩先を読む日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net

公開日:2021年01月22日

消費者調査データ No.332
チョコレート(2021年1月版)
強い「チョコレート効果」、リピート意向高い機能訴求商品



グラフの閲覧・詳細データのダウンロードには有料の会員登録が必要です。
登録済みの方はこちらからログインしてご利用ください。

 2019年のチョコレートの小売金額は、前年比104.8%の5,630億円となった(全日本菓子協会)。

 今回は、当社が任意に選んだチョコレート35ブランドについて、「知っている(認知)」、「3ヶ月以内に広告などを見た(広告接触)」「3ヶ月以内に店頭などで見た(店頭接触)」「買って食べたことがある(購入経験)」、「最近3ヶ月以内に買って食べた(3ヶ月以内購入)」、さらに「今後(も)食べたい(今後意向)」と「購入経験者における今後の購入意向(再購入意向)」という7項目について、インターネットモニターに対して行った調査結果をランキング形式でお届けする。

 今回のランキングでも、前回(2020年1月版)と同様、明治の「チョコレート効果」が複数の項目で首位を獲得した。「チョコレート効果」は、広告接触、店頭接触、3ヶ月内購入、今後の購入意向、再購入意向の5項目で首位を獲得した。2位との差は、3ヶ月内購入が7.4ポイント差で、今後の購入意向や再購入意向は2~3ポイント差と、接戦となっている。

 そのほか上位にランクインしたのは、「明治ミルクチョコレート(明治)」)、「ガーナ(ロッテ)」、「ダース(森永製菓)」などのロングセラー商品で、前述のように小差での激戦となっている。

 また、再購入意向をみると、首位から12位までが10ポイント差の間にひしめいており、ロイヤリティの高いジャンルであることがわかる。今回の調査では上位3位までが、首位が「チョコレート効果」、2位が「オリゴスマート(明治)」、3位が「明治 タンパクト(明治)」と、機能や健康志向を訴求するブランドで占められているのが目につく。

 2020年は新型コロナ禍による巣ごもり需要で、チョコレートは好調が伝えられている。感染拡大が続く中、健康志向の商品も堅調だという。さらにチョコレートの一大需要期であるバレンタイン商戦も、ステイホームやECへのシフトなどで大きく様変わりする可能性が高い。生活環境が大きく変化する中での競争の行方が注目される。


注目ランキング
  • 3ヶ月以内購入
    1. チョコレート効果(明治)        18.4%
    2. 明治ミルクチョコレート(明治)     11.1%
    3. ガーナ(ロッテ)            10.4%
  • 再購入意向
    1. チョコレート効果(明治)        69.5%
    2. オリゴスマート(明治)         67.2%
    3. 明治TANPACT(タンパクト)(明治)   66.7%

ログインしてグラフを見る

グラフの閲覧・詳細データのダウンロードには有料の会員登録が必要です。



詳細データのダウンロード

クロス集計表 サンプルイメージ
消費者調査データ クロス集計表 サンプルイメージ

調査概要

提示35ブランド

  • チョコレート効果(明治)
  • 明治ザ・チョコレート(明治)
  • 明治ミルクチョコレート(明治)
  • 明治ブラックチョコレート(明治)
  • メルティーキッス(明治)
  • ガルボ(明治)
  • オリゴスマート(明治)
  • 明治TANPACT(タンパクト)(明治)
  • ガーナ(ロッテ)
  • クランキー(ロッテ)
  • シャルロッテ(ロッテ)
  • 紗々(ロッテ)
  • ZERO(ロッテ)
  • ポリフェノールショコラ(ロッテ)
  • 乳酸菌ショコラ(ロッテ)
  • 神戸ローストショコラ(江崎グリコ)
  • リベラ(江崎グリコ)
  • GABA(江崎グリコ)
  • ダース(森永製菓)
  • 森永チョコレート(森永製菓)
  • カレ・ド・ショコラ(森永製菓)
  • ベイク(森永製菓)
  • シールド乳酸菌チョコレート(森永製菓)
  • ドクターズチョコレート(マザーレンカ)
  • スライス生チョコレート(ブルボン)
  • ハイショコラ(ブルボン)
  • ボノボン(ヤマキン)
  • チロルチョコ(チロル)
  • ロシェ(フェレロ)
  • エクセレンス(リンツ)
  • キスチョコ(ハーシー)
  • アフターエイト(ネスレ)
  • セブンプレミアムのチョコレート
  • トップバリュのチョコレート
  • みなさまのお墨付きのチョコレート(西友)


調査設計

調査手法:インターネットリサーチ
調査期間:2020年12月11日(金)~11月16日(水)
調査対象者:当社インターネットモニター 20歳~69歳
        全国の男女個人
有効回収サンプル数:1,009サンプル
サンプル構成(%)






参照コンテンツ


おすすめ新着記事

成長市場を探せ ペットフード(2021年版)
成長市場を探せ ペットフード(2021年版)

ペットブームの深化に伴ってペットフードも成長を続け、2019年度まで4年連続で過去最高を記録した。飼育頭数自体は微減傾向だが、ペットを家族ととらえ、1頭あたりにより費用をかける傾向が強まっているからだ。ペットの高齢化に加え、コロナ禍で在宅時間が増加したことで、健康志向のペットフードの需要が増加したという。

花王「アタックZERO」、前回に引き続き全項目で首位
花王「アタックZERO」、前回に引き続き全項目で首位

2020年の国内の衣料用洗剤市場は微減となり、特に粉末洗剤で落ち込みが大きい。今回の調査では、昨年の調査に続き、花王「アタックZERO」が全項目で首位を獲得。前回特徴的だった広告接触と店頭接触の高さに代わって、3ヶ月以内購入と再購入意向の高さが目立った。広告、店頭戦略からトライアル、継続使用に結び付けた好例といえるだろう。

キャッシュレス決済、続く「PayPay」の快進撃
キャッシュレス決済、続く「PayPay」の快進撃

2020年のキャッシュレス決済比率は29.7%で、2015年から一貫して拡大を続けている。今回の調査では、「PayPay」の躍進が目立った。これまで行ったすべての調査で「PayPay」は広告接触で一貫して1位、認知や利用経験などその他の項目も上昇基調となっている。特に利用経験は2年間で約30ポイント、3ヶ月以内利用は約25ポイントも上昇。昨年と比べた利用増加率でも、「PayPay」のみが22.7%と2桁をマークしており、急速なユーザー層の広がりがうかがえる。



J-marketingをもっと活用するために
無料で読める豊富なコンテンツプレミアム会員サービス戦略ケースの教科書Online


採用情報
J-marketingのトリセツ
会員登録のご案内
消費社会白書2022
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
マーケティングモニターのご案内
データでわかる辛口性格診断
facebook
page top

当サイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。一部の例外を除き、著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2021 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.