半歩先を読む日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net


企画に使えるデータ・事実 成長市場を探せ
豆乳(2019年版)



 2018年の豆乳の生産量は、前年比6.9%増の36万2,794キロリットルで、10年で約2倍となる成長市場だ。2019年には史上初の40万キロリットル超えも見込まれる(日本豆乳協会)。

 成長の背景には健康志向の高まりがある。低コレステロール、低カロリーであることや、豆乳に含まれる大豆イソフラボンの効果などが周知されたことにより、飲用量が伸びたこと、豆乳を使った料理メニューが広がったことなどがある。さらに、昨年の夏にはユーザーのSNSで「豆乳を凍らせて食べるとおいしい」という情報が発信され、拡散。最大手のキッコーマンが豆乳を凍らせて食べることに対する品質面やパッケージ面の検証を行った上で大々的にこれを訴求し、巨峰、チョコミントなどのフレーバー豆乳のパッケージに「凍らせてもおいしい」ことを表示したことなどからさらに需要が拡大した。今年の秋冬には、ホットの豆乳をマシュマロやはちみつしょうがなどと組み合わせた「ホッ豆乳」を訴求、さらなる成長を目指している。




 

シリーズ 成長市場を探せ


おすすめ新着記事

ePOPで成熟ブランドのリブランディング― 2022年春の提案
ePOPで成熟ブランドのリブランディング― 2022年春の提案

2022年の最大の懸念、オミクロン株は変異しながらも3月中には収束、エンデミック化すると予測している。この状況下、消費財メーカーが取り組みべきはブランドの再構築・再活性化だ。そのリブランディングの手法として、当社がいま注力している、手書きイラストを使った感情マーケティング、「Emotional POP(ePOP) Marketing」を提案したい。

「チョコレート効果」「明治ミルクチョコレート」「ガーナ」 コロナ下でも強い定番
「チョコレート効果」「明治ミルクチョコレート」「ガーナ」 コロナ下でも強い定番

2021年のチョコレート市場は、インバウンドの蒸発で前年割れとなった。しかし、主力ブランドは好調で、今回の調査結果でもロングセラーブランドが強さを見せた。また、高級輸入品や機能系商品が再購入意向で高い評価を得るなど、着実なファンをつかんでいるようだ。

コロナ感染再拡大で消費は再び足踏みの気配
コロナ感染再拡大で消費は再び足踏みの気配

2022年に入り、新型コロナのオミクロン株の感染が拡大している。消費マインドはピークアウトの気配が出始め、消費は再び足踏み状態になりつつある。ホテルや旅館では宿泊予約のキャンセルが相次ぎ、飲食店の客足も急速に遠のいている。回復の兆しがみえつつあった消費にもブレーキがかかる可能性が高そうだ。



J-marketingをもっと活用するために
無料で読める豊富なコンテンツ プレミアム会員サービス 戦略ケースの教科書Online


採用情報
J-marketingのトリセツ
会員登録のご案内
消費社会白書2022
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
マーケティングモニターのご案内
データでわかる辛口性格診断
facebook
page top

当サイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。一部の例外を除き、著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2022 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.