半歩先を読む日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net

戦略思考を鍛える
第2章 資源の集中のさせ方

本コンテンツの全文は、会員サービスでのご提供となっております。
ご利用には無料または有料の会員登録が必要です。
ご登録済みの方は、こちらから全文をご利用ください。
会員のご登録はこちらをご覧ください。

量的(数的)優位の原則

 集中が必要な理由は、量的(数的)優位が勝利の一般的原則だからである。

数の優位は戦術においても戦略においても勝利の最も一般的な原則である。

19世紀を生きた戦略家クラウゼヴィッツの言である。この一般原則の上でより強調されているのは、「決定的瞬間」と「決定的地点」にできるだけ多数の軍隊を集結させることによって築かれる相対的優位、つまり優位する兵力を保持することがその源泉になるということだ。時間と場所が特定された戦場では戦力差は勝敗の一要因であるが、その差が大きくなればなるほど決定的な要因になってくる、と述べている。

 この原則は現代の企業の競争戦略に継承されている。コトラーは、マーケットリーダーの戦略の項で、「市場の拡大は、目標の原則とマスの原則(敵の弱点に力を集中する)という、ふたつの基本的な軍事原則に外れない範囲で、実施すべきである。」と述べている(『マーケティング・マネジメント』ミレニアム版)。

 いいかえると、経営資源が限られたものである以上、競争上の相対的優位は、その資源を特定の領域に集中してはじめて生み出される、ということである。同時に資源の有効活用という経営効率の観点からも強調される。


次は「市場支配の原則」
【続きを読む】(有料・無料会員向け)

※会員のご登録はこちらをご覧ください。

参照コンテンツ


シリーズ 戦略思考を鍛える

おすすめ新着記事

リード続ける「お~いお茶」、激化する2位争い 猛暑で注目の麦茶は?
リード続ける「お~いお茶」、激化する2位争い 猛暑で注目の麦茶は?

2021年の茶系飲料の生産量は、前年のマイナスから一転、3.5%増となった。今回の調査では、「お~いお茶」が複数項目で首位を獲得。一方、2位争いはし烈で、「伊右衛門」「綾鷹」「生茶」が順位を入れ替えながら接戦を繰り広げている。巣ごもりに対応した、大容量やラベルレスの商品も好調で、市場は再び成長軌道に乗りつつある。

強い「コカ・コーラ」、再購入意向の高い炭酸水
強い「コカ・コーラ」、再購入意向の高い炭酸水

2021年の清涼飲料水の生産量は3年ぶりに増加、炭酸飲料も生産量で前年比101.9%、生産者販売金額は同104.9%で、販売金額は飲料全体を上回った。今回の調査結果を見ると、再購入意向以外の6項目で「コカ・コーラ(コカ・コーラシステム)」が首位を独走、再購入意向では、コロナ禍で増えた「家飲み」の割り材や、「コロナ太り」解消ニーズをつかんだ炭酸水やフレーバー炭酸が上位に食い込んだ。

半径200m圏内で全て完結!「流山おおたかの森」は多彩な小売業ひしめく次世代ニュータウン
半径200m圏内で全て完結!「流山おおたかの森」は多彩な小売業ひしめく次世代ニュータウン

今回は、成長著しい郊外ニュータウン「流山おおたかの森」を取り上げます。注目ポイントは、従来のニュータウンと異なる、商業施設を核とした街づくりです。駅を起点に低~高価格帯まで様々な業態が並び、半径200m圏内で生活が完結できます。また、保育園の待機児童ゼロなど、子育てと街づくりがセットになっていることも大きな特徴です。おおたかの森は、21世紀型ニュータウンのロールモデルといえるでしょう。



J-marketingをもっと活用するために
無料で読める豊富なコンテンツ プレミアム会員サービス 戦略ケースの教科書Online


採用情報
J-marketingのトリセツ
会員登録のご案内
消費社会白書2022
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
データでわかる辛口性格診断
facebook
page top

当サイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。一部の例外を除き、著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2022 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.