半歩先を読む日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net

公開日:2021年11月18日

戦略200+・企業活動分析
ENEOSホールディングス株式会社(旧:JXTGホールディングス)
21年3月期は黒字転換。石油販売減少もマージンが改善
2021年3月期決算の総括

ENEOSホールディングスの2021年3月期連結決算は売上高7兆6,580億円(前期比23.5%減)、営業利益2,542億円(前期は1,131億円の損失)と減収増益となった。第2次中期経営計画(2020~2022年度)のもと、新型コロナウイルス感染症の影響に伴う石油製品の販売減や銅生産量の減少があったものの、堅調な石油製品マージンや機能材料・薄膜材料の増販等に支えられて増益を達成した。エネルギー事業では、石油製品及び石油化学製品の需要が大きく減少したことから売上高は5兆9,985億円(前期比28.8%減)と大幅に減少したが、石油製品マージンの良化と経費削減等により営業利益1,211億円(前期は1,628億円の損失)と黒字回復。金属事業は、カセロネス銅鉱山の採掘に遅れが生じたため生産量が減少したが、機能材料事業及び薄膜材料事業の各製品の販売量は、テレワークの浸透等によるスマートフォン、サーバー、通信インフラをはじめとする高機能IT分野での需要増加を主因に概ね前期を上回り、売上高1兆921億円(同8.7%増)、営業利益781億円(同75.0%増)となった。2040年長期ビジョンの実現に向けて、2020年度から第2次中期経営計画がスタート、「長期ビジョン実現に向けた事業戦略とキャッシュフローを重視した経営の両立」を基本方針として事業構造改革をさらに加速、自社の強みである「効率的なサプライチェーン、SSネットワーク、先端素材開発等」を活かし、成長事業の育成・強化を推進する。


分析レポートのダウンロード


バックナンバー
戦略200+・企業活動分析 レポートイメージ
戦略200+・企業活動分析 レポートイメージ

企業活動分析 サンプルのご案内

当コンテンツの全体像をより具体的にイメージしていただけるように、掲載中の239社の中から1社を抜粋してサンプルとしてご用意いたしました。下記よりご利用下さい。


企業活動分析に関する基調論文


参照コンテンツ


競合他社の業績と比較分析する


おすすめ新着記事

経験財化で市場拡大目指すKINTO―自動車サブスクの新しいカタチ
経験財化で市場拡大目指すKINTO―自動車サブスクの新しいカタチ

トヨタの自動車サブスク「KINTO」が利用者を増やしている。21年6月までにユーザー数の累計は約2万人を数える。日産やホンダもサブスクを展開しているが、KINTOの強みは「モビリティマーケット」のような周辺サービスである。ドライブにぴったりなお出かけ先や、クルマライフを充実させるサービスをストーリー仕立てで紹介するものだ。クルマを通じた体験を「経験財」として提供することが狙いである。

大きく変貌するサブカルタウン中野に、ビッグなビジネスチャンス到来!
大きく変貌するサブカルタウン中野に、ビッグなビジネスチャンス到来!

サブカルの聖地、中野。最近ではアニメや漫画とのタイアップによって、ブランドづくりに活用する事例もみられ、サブカルへの注目度も高まっている。そんな中、サブカルタウン中野で、かつてない大規模な再開発計画が進行中。多種多様な人種が行き交う"文化の交差点"は、ビジネス機会をうかがう場としても目が話せない注目のエリアだ。

カルビー「ポテトチップス」圧倒的な強さ
カルビー「ポテトチップス」圧倒的な強さ

2020年のスナック菓子市場は小売金額ベースで前年比1.8%増と、堅調な動きを続けている。今回の調査では、認知、購入経験でカルビーの「ポテトチップス」が圧倒的な強さをみせた。店頭接触や3ヶ月以内購入などでは「かっぱえびせん」「ポテトチップス(湖池屋)」が高い評価を得ているが、再購入意向では流通PBが上位に食い込んできた。



J-marketingをもっと活用するために
無料で読める豊富なコンテンツ プレミアム会員サービス 戦略ケースの教科書Online


採用情報
J-marketingのトリセツ
会員登録のご案内
消費社会白書2022
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
マーケティングモニターのご案内
データでわかる辛口性格診断
facebook
page top

当サイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。一部の例外を除き、著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2022 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.