日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net



マーケティング用語集
格差化、格差の拡大、階層社会化




 収入格差が拡大しています。「平成13年度家計調査報告」(総務庁)によれば、勤労者世帯で、 実収入の年間収入五分位階級別の第Ⅰ階級(下位20%の層)に対する第五階級(上位20%の層)の格差は、平成8年から10年にかけて拡大した後、11年、12年は縮小したが、13年は2.84倍と前年に比べわずかに拡大しています。可処分所得、消費支出とも同じ傾向がみられます。
 時系列でみれば、1991年のバブルのピークでもっとも拡大し、バブル後に縮小し、1995年でボトムとなり、1996年以降再び格差が拡大傾向にあります。
 収入格差が広がっている最大の理由は、日本企業の雇用政策の変化にあります。それによって、失業者の増大、能力主義による企業内の個人格差の拡大が生まれています。 また、企業の業績格差による企業間賃金格差も拡大しています。
 ふたつめは、経済の構造変化とともに、人々の価値意識が「結果平等主義」から「機会平等主義」へと転換し、実力主義による格差を受け入れる土壌が生まれていることです。
 戦前の日本社会は階級社会であったし、90%もの人が中流意識をもつ平等社会へと転換したのは戦後の、最近の約30年の歴史にすぎません。
 新たな世紀、収入格差の拡大によって、総中流の均質な社会から、格差のある階層社会へ少しづつ移行していくと思われます。



参照コンテンツ


おすすめ新着記事

消費者調査データ<br>入浴剤(2018年12月版)<br>強いロングセラー、アロマ系、炭酸系で強いロイヤリティ
消費者調査データ
入浴剤(2018年12月版)
強いロングセラー、アロマ系、炭酸系で強いロイヤリティ

堅調に推移する入浴剤市場。バブ、バスクリンといった強いロングセラーが激しい首位争いを展開、3項目ずつで首位を分け合う。一方アロマ系、炭酸系の商品は価格帯が高いこともあり、ユーザー数は少ないがロイヤリティが高い。冬の本格的な需要期を迎え、市場がどのように動くのかが注目される。

消費者調査データ<br>2018年、印象に残ったもの
消費者調査データ
2018年、印象に残ったもの

毎年恒例、2018年はどんな一年だったのか。地震や豪雨、台風などの自然災害、安室奈美恵の引退、大谷翔平や大坂なおみの活躍――。今年起こった出来事や人物、歌、商品などから、印象に残ったものを当社モニターに聞いた結果をランキング形式で発表!

消費者調査データ<br>スナック菓子<br>カルビーの王座揺るがず。PBは再購入意向で上位に
消費者調査データ
スナック菓子
カルビーの王座揺るがず。PBは再購入意向で上位に

成長基調にあるスナック菓子市場。今回の調査では、前回までと同様に「ポテトチップス」(カルビー)が全項目で首位を獲得。再購入意向を除く6項目で「かっぱえびせん」「じゃがりこ」が2位、3位を占め、カルビーが強さを見せつけた。一方再購入意向では「セブンプレミアム」や「ローソンセレクト」といったコンビニPBが上位に食い込んでおり、今後NBとPBの間での激しい競争が予想される。






マーケティング用語集

【ポップアップ広告】モニター登録
マーケティングモニターのご案内
データでわかる辛口性格診断
会員登録のご案内
消費社会白書2019
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
page top

JMR生活総合研究所マーケティングサイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2019 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.