日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net



マーケティング用語集
製販同盟




1.製販同盟とは

 企業間での戦略的な提携関係構築の動きが目立っています。提携関係のパターンとしては、

  • スズキとダイハツ間にみられるようなメーカー間での提携関係(製製同盟)
  • 菱食(現:三菱食品)と相鉄ローゼンのような流通間での提携関係(販販同盟)
  • 味の素とセブン-イレブン・ジャパン(以下セブン-イレブン)にみられるような製造と流通企業の間の提携関係(製販同盟)

がみられます。
 このうち、「製販同盟」とは、従来のメーカーと卸、小売りが、単なる「取り引き」か、小売り主導の「PB開発」の関係から、企業相互間の「取り組み」ともいうべき進化をとげ、顧客への新たな価値提供を目指す関係です。商品共同開発、受発注システムの開発という既存の取り組みを前提としたものから、新ビジネスの共同開発と言った次元まで、範囲が広く、システム調整、組織調整が要請されます。
 このような製販同盟が生まれた背景としては、

  • 顧客側の要因では、80年代の多品種化やバブル期の多様な経験によって、顧客の求める価値が多元化し、これに対応するには1社だけの努力では限界があること
  • 他方、供給側の商品開発力の格差は縮小し、DSの台頭や、規制緩和による割安な輸入品の増加によるNB商品の値崩れがすすみ、メーカー、流通の利益が圧迫されていること

があげられます。このような状況を打開するために、無駄のない商品供給体制を確立し、顧客に魅力的な品質と価格の商品を提供すべく、同盟関係が構築されています。
 製販同盟には、システム化のための投資が可能な体力をもっていることに加え、小売り側では巨大な販路と適切な顧客情報収集能力が、メーカー側では小売りの要望に応えられる商品開発力が不可欠です。製販同盟の登場により、メーカーと小売りの相互の選別はより厳しいものとなり、業界再編への動きが加速されることが予想されます。


2.製販同盟の事例

  • 味の素とセブン-イレブン
     セブン-イレブンで扱う焼きたてパンについての提携を締結。
  • 花王とジャスコ(現:イオン)
     受発注システムを共同で開発。花王は、流通在庫調整、生産調整の最適化によるコスト削減、ジャスコは、販売機会損失の削減、取り引きオペレーションコストの削減を狙う。
  • フィリップモリスとセブン-イレブン
     PM社のNB商品の低価格販売に加え、共同でPB開発をすることも合意されている。セブン・イレブンでは、MD力価格の面でストアロイヤリティアップを、PM社は日本市場での販売拡大を狙う。



参照コンテンツ


おすすめ新着記事

成長市場を探せ 納豆(2020年版)
成長市場を探せ 納豆(2020年版)

「健康に良い」「免疫力を高める」などのイメージを持つ納豆が売れている。市場規模は2018年までに7年連続のプラスと成長を続けている。最近では納豆菌の研究が進み、免疫機能を高めるとされる菌株を使った商品も好調だ。新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の国内感染が報じられてからは、予防に効果があるというフェイクニュースが流れたことも記憶に新しい。健康意識の高まりを背景に、今後も持続的な成長が期待できそうだ。

成長市場を探せ 家庭用冷凍食品(2020年版)
成長市場を探せ 家庭用冷凍食品(2020年版)

2018年の冷凍食品(家庭用)の国内生産量は前年比3.7%増と、4年連続で伸長。輸入品を含む国民一人当たりの消費量も直近10年間で24%増加した。背景にあるのは、技術革新による高品質化と、ライフスタイルの変化に伴う食の簡便化・省力化ニーズの高まりだ。

成長市場を探せ 電気洗濯機(2020年版)
成長市場を探せ 電気洗濯機(2020年版)

電気洗濯機の生産金額は2008年頃から前年割れが続き、2013年には最大時の半分程度まで縮小。しかし2014年からは5年連続で上向いている。下支えするのが高付加価値化だ。自動で洗濯方法を最適化する「AIお洗濯」や、洗剤や柔軟剤の「自動投入」、スマホ連携など、時短・省手間ニーズを取り込んでいる。今後もこうした高付加価値化が進むことで、市場の拡大が見込まれる。






マーケティング用語集

【ポップアップ広告】モニター登録
会員登録のご案内
消費社会白書2020
研修テキストに使える!コンテンツパッケージ販売のご案内
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
マーケティングモニターのご案内
データでわかる辛口性格診断
page top

JMR生活総合研究所マーケティングサイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2020 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.