半歩先を読む日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net

マーケティング用語集
フランチャイズチェーン・ボランタリーチェーン


フランチャイズチェーン・ボランタリーチェーンとは

 フランチャイズチェーン(FC)とは、本部企業(フランチャイザー)による運営の計画、指導、管理のもと、契約を結んだ加盟店(フランチャイジー)が商標や商品・サービス、経営のノウハウを受け、販売活動を行う事業形態です。主なFCとしては、セブン-イレブンローソンなどのコンビニエンスストア、モスバーガーや牛角などの外食産業などが挙げられます。

 ボランタリーチェーン(VC)とは、商品の共同仕入れを目的として、小売業者や卸売業者が組織化した事業形態です。多くの場合、プライベートブランドを展開しています。主なVCとしては、全日食チェーン、シジシージャパンなどが挙げられます。


FCとVCの共通点と相違点

 FCとVCは、ともに事業運営を行う本部と販売を行う加盟店から成り立ち、その相互協力によるネットワーク型の販売システムと言えます。ともに加盟店は資本的に独立しており、個々の加盟店の販売規模は小さくても、本部で仕入れを大量に行うので、「規模の経済性」(事業拡大に伴うコストの低下)が実現できるというメリットがあります。本部に戦略立案・管理機能が集中化されており、各々の加盟店は、本部の強力な指導のもとに置かれています。

 両者の大きな違いはその組織構成の仕組みにあります。FCにおいては、まず本部企業が存在し、本部と加盟店の関係は一対一の契約で成立しているため、加盟店同士の横のつながりはありません。対して、VCの場合は、加盟店同士がチェーンオペレーションのメリットを得るために自主的に組織化しているので、横のつながりがあります。中小小売業が、個々の独立性を保ちながらも戦略的に連帯した事業形態が、VCといえるでしょう。

 このように、双方ともチェーンオペレーションを採用しながらも、FCは本部である事業者が新店舗を増やすことで事業拡大を図っていくのに対し、VCは既存店同士が結びつくことによって事業の効率化を図るというように、その成り立ちは異なっています。


FCとVCの成功のポイント

 FC、VCともに、本部と加盟店が相互協力を維持、強化することが成功のポイントとなります。そのための条件としては、以下のものがあげられます。

 FC成功のポイント

  1. 相互に尊重し、コミュニケーションをよくする
  2. 加盟店の経済的有効性を保証し続ける
  3. 本部は経営ノウハウを提供し続ける
  4. 経営ノウハウを加盟店に伝えるための伝え方ノウハウを確立する
  5. 加盟店は本部に頼りきらない

 VC成功のポイント

  1. 主催者が強力なリーダーシップ体制を確立する
  2. 加盟店の規模をできるだけ統一する
  3. 加盟店相互が競合しないようテリトリー分割を行う



おすすめ新着記事



J-marketingをもっと活用するために
無料で読める豊富なコンテンツ プレミアム会員サービス 戦略ケースの教科書Online


マーケティング用語集

お知らせ

2024.03.25

当社合田執筆の「猛スピードのクルマはいらない」 これからの高齢化社会に必要な“まちづくり”とは何か? そのヒントは欧米になかった!」がメルクマールに掲載されました。

新着記事

2024.05.27

企業活動分析 ゼンショーの23年3月期は主力の外食の生産性向上などで増収増益

2024.05.24

消費者調査データ No.407 冷菓(2024年5月版) 「ハーゲンダッツ」、「スーパーカップ」と首位分け合う

2024.05.23

24年3月の「商業動態統計調査」は37ヶ月ぶりのマイナスに

2024.05.22

戦略ケース 三越伊勢丹の復活は本物か

2024.05.22

24年3月の「旅行業者取扱高」は19年比で94%に

2024.05.21

24年4月の「景気の現状判断」は2ヶ月連続で50ポイント割れに

2024.05.21

24年4月の「景気の先行き判断」は6ヶ月ぶりに50ポイント割れに

2024.05.20

企業活動分析 日清製粉グループの23年3月期は二桁の増収増益

2024.05.17

24年3月の「家計収入」は18ヶ月連続のマイナス

週間アクセスランキング

1位 2024.05.15

MNEXT 未来を読むー四つの資本主義

2位 2024.01.18

「食と生活」のマンスリー・ニュースレター おにぎりブーム到来! おにぎりが選ばれる理由とは(2024年1月)

3位 2024.03.13

戦略ケース なぜマクドナルドは値上げしても過去最高売上を更新できたのか

4位 2022.05.10

消費者調査データ エナジードリンク(2022年5月版) 「レッドブル」「モンスター」認知率拡大、上位の牙城揺るがず

5位 2023.04.05

日本人の7割はチーズ好き ぜいたくニーズに支えられ伸長

パブリシティ

2023.10.23

週刊トラベルジャーナル2023年10月23日号に、当社代表取締役社長 松田の執筆記事「ラーケーションへの視点 旅の価値問い直す大事な切り口」が掲載されました。

2023.08.07

日経MJ「CM裏表」に、当社代表取締役社長 松田の執筆記事が掲載されました。サントリー ザ・プレミアム・モルツ「すず登場」篇をとりあげています。

ENGLISH ARTICLES

2023.04.17

More than 40% of convenience store customers purchase desserts. Stores trying to entice shoppers to buy desserts while they're shopping.

2023.02.22

40% of men in their 20s are interested in skincare! Men's beauty expanding with awareness approaching that of women

2022.11.14

Frozen Foods' Benefits Are Expanding, and Child-raising Women Are Driving Demand

2022.09.12

The Penetration of Premium Beer, and a Polarization of the Growing Beer Market

2022.06.20

6.9 Trillion Yen Market Created By Women― Will Afternoon Tea save the luxury hotels in the Tokyo Metropolitan Area