日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net

マーケティング用語集
チャネル管理
チャネル管理の視点

 チャネル管理は、チャネルメンバーに対する、1) 動機付け 2) コンフリクト管理 3) システム統制という三つの視点でなされるべきです。

  1. 動機付けとは、チャネルメンバーの意欲創出のための策であり、経済的報酬や帰属意識を醸成する情報などがあげられます。
  2. コンフリクト(チャネルメンバー間の競争・均衡状態)管理は、チャネルメンバーとの協調関係、適度な緊張関係を維持するために必要な視点です。
  3. システム統制とは、チャネルシステムを具現化する商流、物流、情報の各システムの成果判定指標を明確にし、現状の評価と修正すべきことを明らかにすることです。対応策を実践する推進組織との連携の仕組みを準備する必要性は言うまでもありません。

卸型と販社型

 実際の、日本の消費財メーカーのチャネル戦略をみると、卸流通段階の違いで中間流通を起用する卸型と、自社で販売会社を持つ販社型の2タイプがあり、小売り段階でも系列化の有無(家電・化粧品などが系列店政策の代表格)で分けられます。

 従来、メーカーの発展を支えてきた系列店政策は、大手組織小売業の強大化に伴って、逆に足かせとなっていることも多く、化粧品や家電など系列店政策を採用している業界では、お店の生き残り策についての提案を行うことが、メーカーとしての責任であり、義務でさえあるといえるほどの状況になっています。



関連用語


おすすめ新着記事

盤石「カップヌードル」、「きつね」と「どん兵衛」和風麺は激戦区
盤石「カップヌードル」、「きつね」と「どん兵衛」和風麺は激戦区

2019年度のカップめんの生産量は、ほぼ横ばいの39億7,021万食となった。今回の調査でも前回同様、「カップヌードル」が盤石の強さを見せつけた。2位以下では「赤いきつね/緑のたぬき」と「どん兵衛」が僅差でしのぎを削っている。コロナ禍の巣ごもり消費でカップめんの需要は伸びているが、拡大した市場で今後どのようなヒット商品が生まれるかに注目だ。

運動習慣のある人は内側もケアしてる!?ニーズ高まる保健機能食品
運動習慣のある人は内側もケアしてる!?ニーズ高まる保健機能食品

トクホや機能性表示食品などの保健機能食品が注目を集めている。コロナ禍で健康志向が高まっているためだ。今回は、保健機能食品がどのように利用されているのか、またウォーキングやエクササイズなどの運動との関連について調査を行った。

強いカルビー「ポテトチップス」、リピート意向上位に新顔、PBも
強いカルビー「ポテトチップス」、リピート意向上位に新顔、PBも

2019年のスナック菓子市場は小売金額ベースで前年比2.6%増と、堅調な動きを続けている。今春の緊急事態宣言などで在宅時間が増加した際、スナック菓子の需要は大幅に伸びた。人気の中心は定番商品だったが、需要が拡大するなかでコストパフォーマンスに優れたPBや、健康志向を背景にしたギルティフリーを訴求したブランドのリピート意向の高まりもみられる。



J-marketingをもっと活用するために
無料で読める豊富なコンテンツ プレミアム会員サービス 戦略ケースの教科書Online


マーケティング用語集

会員登録のご案内
消費社会白書2021
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
マーケティングモニターのご案内
データでわかる辛口性格診断
facebook
page top

当サイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。一部の例外を除き、著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2021 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.