日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net

マーケティング用語集
ヒット商品
ヒット商品とは

 ヒット商品が人気商品、アイデア商品と違うのは、その売上の伸びであり、話題の広がりです。「今年のヒット商品」「○○業界のヒット商品」という言われ方をしますが「○○年代のヒット商品」という検討ができます。ヒット商品は時代や消費者の願望を映す鏡ということもできるでしょう。ヒット商品の歴史を振り返ることによって時代の変化がよみとれます。


共通する時代のニーズ

 業界によってヒット商品は異なりますが、共通の消費者ニーズや願望がその時代のヒット商品を生み出しているのです。JMR生活総合研究所による「ヒット商品100」の分析によるバブル期とバブル崩壊後のヒット商品の違いの比較を掲出してみました。

 
  1. バブル期の消費 -地価の高騰で持家を「あきらめた消費」が生まれた。日産シーマや29型テレビがそれ。また、株、ゴルフなどの会員権といった「土地持ち・資産持ち」型消費も特徴です。
  2. バブル崩壊後の消費 -「貯金」がヒット商品。持家の可能性がでてきたことと、先行きへの大きな不安感の増大によるものです。

 そして現在、「貯金」が最大のヒット商品であることは変わりませんが、マス宣伝と組織小売業店頭を通じて広範な認知を獲得し、周りの誰もが利用したというようなヒット商品が減り、代わりに、特定層の、口コミと街メディアを通じた、知られていないヒット商品が増えています。

 消費支出に占める必需支出の割合はほぼ半分、消費の50%はマインドで動く時代です。生活者は節約消費に走る一方で、本当に欲しいものにはお金を出しています。その典型がインポートブランドで、商品を通じた「こんな人になりたい、近づきたい、こんな生活がしたい」というなりたい自分につながる提案が欲しい気持を引き起こしているのです。


ヒット商品の読み方

 ヒット商品を読む場合、表層的な変化だけにとらわれると間違いを起こします。深部で起こっている変化、長期トレンドを見る視点が重要な要素となります。



参照コンテンツ


おすすめ新着記事

消費者調査データ 紅茶飲料<br>成長市場をリードする「午後の紅茶」
消費者調査データ 紅茶飲料
成長市場をリードする「午後の紅茶」

成長市場をリードする「午後の紅茶」
今2019年の紅茶飲料の販売数量は4年連続の増加となった。ここ最近のトレンドは、働く人をターゲットにした新製品や、フルーツのフレーバーティなど新たな切り口の商品の新発売が相次いでいるが、今回の調査結果では、リーディングブランドである「午後の紅茶」がランキングのトップを独占した。

「食と生活」のマンスリー・ニュースレター<br>在宅時間の増加で増えるおうちカフェこだわり派
「食と生活」のマンスリー・ニュースレター
在宅時間の増加で増えるおうちカフェこだわり派

在宅勤務や外出自粛で自宅で過ごす時間が増える中、コーヒーやお茶の飲み方にも"ある変化"が起きている。今回は在宅時間の増加に着目して、コロナ前後でのコーヒーや日本茶の飲み方の変化を探った。その結果、在宅勤務をしている人ほど豆から挽いたコーヒーや茶葉から淹れた日本茶の飲用が増えていることがわかった。コロナ禍で、手間ひまかけて丁寧にコーヒーやお茶を淹れることにより、おうち時間を大切に過ごしたいという意識が垣間見える。

消費者調査データ 日焼け止め<br>盤石「ビオレUV」、ロングセラーひしめく上位に定着する「スキントーンアクア」
消費者調査データ 日焼け止め
盤石「ビオレUV」、ロングセラーひしめく上位に定着する「スキントーンアクア」

今回の調査では複数項目で「ビオレUV」が首位を獲得した。一方「スキントーンアクア」が再購入意向で首位など、ロングセラーひしめく上位で存在感を増している。10年連続で拡大してきたサンケア市場だが、今年は新型コロナウイルスの影響でインバウンド需要が激減。需要最盛期を前に先行き不透明感が続いている。






マーケティング用語集

【ポップアップ広告】モニター登録
会員登録のご案内
消費社会白書2020
研修テキストに使える!コンテンツパッケージ販売のご案内
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
マーケティングモニターのご案内
データでわかる辛口性格診断
page top

JMR生活総合研究所マーケティングサイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2020 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.