日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net

マーケティング用語集
商品コンセプト
商品コンセプトとは

 商品コンセプトとは、この商品はどのようなものか、誰が使うのか、メリットは何か等をひとことで言い表したものです。コンセプトは商品計画の根幹であり、出発点である、といえます。

 商品開発プロセスはアイデア探索から始まりますが、商品コンセプトとはそのアイデアを発展させ、消費者の言葉で表現したものということができます。


商品コンセプトのつくり方

 コンセプトを以下の三つの要素で考えると分かりやすくなります。

  1. 誰に(ターゲット)
    その商品はどういう特性の人に販売するのか。
  2. 何を(ニーズ)(ベネフィット)
    そのターゲットのどのような欲求(ニーズ)を満たすのか、どんな役に立つ(ベネフィット)のか。
  3. どのように(提供技術)
    ニーズをどのような方法(技術)で満たすのか。

 この三つの要素が市場の中で、価値をもつのかが問われることになります。また、流通へ商品を説明する場合もこの三つの要素をしっかり押さえてプレゼンテーションをしなければなりません。


商品コンセプトの評価

 商品コンセプトの評価は、いつも三つのレベルで評価の試験を通らなければなりません。

  1. 消費者(ユーザー)の生活のなかで、多くの商品と比較してどういう意味をもつのか。
  2. 流通業者、販売に係わる人にとって、その商品が他の多くの商品の中で、どういう意味をもつのか。
  3. 生産者にとってその商品がどういう意味をもつのか。



参照コンテンツ


おすすめ新着記事

「食と生活」のマンスリー・ニュースレター<br>働き方の多様化が後押しするデリバリーサービス利用
「食と生活」のマンスリー・ニュースレター
働き方の多様化が後押しするデリバリーサービス利用

新型コロナウイルスの感染拡大にともない、自粛や店内飲食の制限などの影響を余儀なくされているファーストフードチェーン。彼らが活路を見出しているのが、デリバリーやテイクアウトなどのサービスだ。今回の調査では、実際にこうしたサービスがどの程度利用されているのか、また在宅勤務などの多様な働き方がサービスの利用率に与える影響などを探っていく。

消費者調査データ 炭酸飲料<br>盤石「コカ・コーラ」、高リピート意向のPB
消費者調査データ 炭酸飲料
盤石「コカ・コーラ」、高リピート意向のPB

炭酸飲料の市場は2019年は冷夏の影響で微減となったものの、ここ15年ほどアップトレンドが続いている。今回の調査でも、「コカ・コーラ」が複数の項目で首位を獲得。再購入意向ではイオンと西友のPBが上位に入った。炭酸飲料は新型コロナウイルスの影響で業務用需要が大きく減少。イベントの自粛や規模縮小、リモートワークなどが続いており、最需要期の夏を迎えても飲料への逆風は続きそうだ。

消費者調査データ 紅茶飲料<br>成長市場をリードする「午後の紅茶」
消費者調査データ 紅茶飲料
成長市場をリードする「午後の紅茶」

成長市場をリードする「午後の紅茶」
今2019年の紅茶飲料の販売数量は4年連続の増加となった。ここ最近のトレンドは、働く人をターゲットにした新製品や、フルーツのフレーバーティなど新たな切り口の商品の新発売が相次いでいるが、今回の調査結果では、リーディングブランドである「午後の紅茶」がランキングのトップを独占した。






マーケティング用語集

【ポップアップ広告】モニター登録
会員登録のご案内
消費社会白書2020
研修テキストに使える!コンテンツパッケージ販売のご案内
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
マーケティングモニターのご案内
データでわかる辛口性格診断
page top

JMR生活総合研究所マーケティングサイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2020 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.