半歩先を読む日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net

マーケティング用語集
ライフステージ(ライフサイクル)
ライフステージとは

 ライフステージは、出生から、学校卒業、就職、結婚、出産、子育て、リタイアなどの人生の節目によって変わる生活(ライフサイクル)に着目した区分です。ライフステージによって生活条件が変わり、新たな生活がはじまることが多いので、支出が拡大しますし、その時々特有の消費が生まれます。家電製品や家庭用品などはその典型でした。

 80年代、市場セグメンテーションの議論が賑わっていたとき、多様な価値観に基づいた多様なライフスタイルが形成されていくという予想から、さまざまなライフスタイル分析が行われ提案されてきましたが、その結果わかったことは、長らく日本人の主流を占めてきた生活は、ライフステージに基づく、中流生活のスタイルであったということです。

 核家族、郊外持ち家、職住分離を基本とするものです。前提条件には、大多数のサラリーマンには終身雇用と年功賃金体系により年齢とともに保証された給与と退職金制度がありました。

 21世紀、前提条件がくずれ、住宅ローンを支払いながら通勤に片道1時間以上かける郊外持ち家のいわゆる「中流生活」が魅力を失っています。ライフステージと年齢の関係もくずれつつあり、標準的ライフステージを逸脱する人も増えています。21世紀の日本人の生活は「中流生活」に代わる新しい生活様式が模索されています。基本的な生活のセグメントとしてライフステージの重要性は失われないものの、ライフステージ以上にライフスタイルが有効性を持つ時代になってきたといえそうです。


参照コンテンツ


おすすめ新着記事

「チョコレート効果」「明治ミルクチョコレート」「ガーナ」 コロナ下でも強い定番
「チョコレート効果」「明治ミルクチョコレート」「ガーナ」 コロナ下でも強い定番

2021年のチョコレート市場は、インバウンドの蒸発で前年割れとなった。しかし、主力ブランドは好調で、今回の調査結果でもロングセラーブランドが強さを見せた。また、高級輸入品や機能系商品が再購入意向で高い評価を得るなど、着実なファンをつかんでいるようだ。

「カップヌードル」が全項目で首位、再購入意向でPBがランクイン
「カップヌードル」が全項目で首位、再購入意向でPBがランクイン

2020年のカップめんの生産量は、前年比2.6%増の3,989億円と、上半期の緊急事態宣言で大きく需要を伸ばした。2021年はその裏年にあたるため、前年比ではマイナスが予想されていたにも関わらず、6月以降はプラスとなった。調査結果では、前回に引き続き、日清食品の「カップヌードル」が圧倒的な強さをみせた。

大きく変貌するサブカルタウン中野に、ビッグなビジネスチャンス到来!
大きく変貌するサブカルタウン中野に、ビッグなビジネスチャンス到来!

サブカルの聖地、中野。最近ではアニメや漫画とのタイアップによって、ブランドづくりに活用する事例もみられ、サブカルへの注目度も高まっている。そんな中、サブカルタウン中野で、かつてない大規模な再開発計画が進行中。多種多様な人種が行き交う"文化の交差点"は、ビジネス機会をうかがう場としても目が話せない注目のエリアだ。



J-marketingをもっと活用するために
無料で読める豊富なコンテンツ プレミアム会員サービス 戦略ケースの教科書Online


マーケティング用語集

採用情報
J-marketingのトリセツ
会員登録のご案内
消費社会白書2022
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
マーケティングモニターのご案内
データでわかる辛口性格診断
facebook
page top

当サイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。一部の例外を除き、著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2022 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.