半歩先を読む日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net

公開日:2021年08月31日

消費動向速報
失速するネット購買
主任研究員 菅野守


図表の閲覧には有料の会員登録が必要です。
登録済みの方はこちらからログインしてお読みください。

 コロナ禍で、消費動向が変化しています。その変化をいち早く把握し、ビジネスに役立てるために、官公庁などが発表する統計データから気になる動向をご紹介します。


盛り返していたネット購買の伸びが失速し、ピークアウトの気配もうかがわれる。
出前や食品・飲料など、コロナ下で好調を続けてきた品目でも、2021年4月以降は、伸びはプラスながらも、その低下が顕著になっている。
更に、家具や家電などの選択的耐久財を中心に、2021年4月以降の伸びが大きく低下し、マイナスへと落ち込む品目も増えている。


1.ネット購買にはピークアウトの気配

 ネット購買は盛り返しの動きがみられたが、再び失速傾向となっている。

 総務省公表の「家計消費状況調査」によると、二人以上世帯でのインターネットを利用した支出総額は、2021年3月頃を境に低下傾向に転じている(図表1)。


図表1.インターネットを利用した支出総額の推移

ログインして図表をみる


 支出総額の伸びも、2021年3月の+39.1%を天井に急落し、2021年6月時点では+5.0%にまで落ち込んだ(図表2)。


図表2.インターネットを利用した支出総額の前年同月比変化率の推移

ログインして図表をみる



2.好調を続けてきた「出前」などの伸びの低下が顕著に

 個別品目でのインターネットを利用した支出金額の伸びをみると、コロナ下で好調を続けてきた、出前や食品・飲料などの品目でも、2021年4月以降は、伸びの低下が際立っている。

 「インターネットを利用して購入した財(商品)・サービス」として提示した計20品目のうち、2020年4月から2021年6月までの15ヶ月間における前年同月比変化率の値が14ヶ月以上プラスで、2021年6月の変化率も+10%以上であったものは、「出前」「電子書籍」「ダウンロード版の音楽・映像、アプリなど」「食料品」「飲料」「健康食品」「音楽・映像ソフト、パソコン用ソフト、ゲームソフト」の計7品目である(図表3)。


図表3.前年同月比変化率がほぼ一貫してプラスを保ってきた品目での変化率推移

ログインして図表をみる


 そのうち、「電子書籍」「ダウンロード版の音楽・映像、アプリなど」「音楽・映像ソフト、パソコン用ソフト、ゲームソフト」といった、デジタル・コンテンツ3品目を除いた、残りの4品目はいずれも、コロナ下でネット経由での需要を大きく伸ばしたものである。「出前」は、Uber Eatsや出前館などの料理宅配の伸長を背景に、「食料品」「飲料」「健康食品」は、コロナ下で外出自粛が強化された中で、実店舗からネットへの購買シフトが進んだものである。「健康食品」については、ネットへのアクセスなどの宅内余暇時間の増加や健康への関心の高まりなども、ネット購買を後押ししてきたものと考えられる。


3.選択的耐久財を中心にマイナスへ落ち込む品目が目立つ

 概ねプラスを保ってきた品目でも、家具や家電などの選択的耐久財を中心に、マイナスへと落ち込む品目も増えている。

 「インターネットを利用して購入した財(商品)・サービス」として提示した計20品目のうち、2020年4月以降の3ヶ月間における前年同月比変化率の値が1度でも二桁以上のマイナスを記録したのは、「家具」「家電」「医薬品」「書籍」「紳士用衣類」「自動車等関係用品」の計6品目である(図表4)。


図表4.2021年4月以降前年同月比変化率の低下が進みマイナスに転じた品目での変化率推移

ログインして図表をみる


 それら6品目の前年同月比変化率の推移をみると、2020年10月以降は、伸びの低下傾向が共通にみられる。特に、2021年4月以降は、伸びの大幅な低下に加え、マイナスへ落ち込む動きもともに認められる。


 一旦盛り返しの動きがみられていたネット購買も、2021年4月以降は失速し、ピークアウトの気配もうかがわれる。

 「家計調査」における消費支出の伸びは2021年6月に大きく急落し、マイナスに落ち込んでいる。こうした消費の落ち込みは、夏季ボーナスの落ち込みやコロナ感染拡大などの悪影響によるものとみられる。これまで好調を保ってきたネット購買にも、こうした影響がどの程度まで波及してくるのか、今後の動きには要注意だ。



参照コンテンツ


おすすめ新着記事



J-marketingをもっと活用するために
無料で読める豊富なコンテンツプレミアム会員サービス戦略ケースの教科書Online


お知らせ

2024.03.25

当社合田執筆の「猛スピードのクルマはいらない」 これからの高齢化社会に必要な“まちづくり”とは何か? そのヒントは欧米になかった!」がメルクマールに掲載されました。

新着記事

2024.05.17

24年3月の「家計収入」は18ヶ月連続のマイナス

2024.05.17

24年3月の「消費支出」は13ヶ月ぶりのプラス

2024.05.16

24年2月の「現金給与総額」は26ヶ月連続プラス、「所定外労働時間」はマイナス続く

2024.05.16

24年3月は「完全失業率」は横ばい、「有効求人倍率」は改善

2024.05.15

MNEXT 未来を読むー四つの資本主義

2024.05.14

24年3月の「新設住宅着工戸数」は10ヶ月連続マイナスに

2024.05.08

企業活動分析 マルハニチロの23年3月期は、売上高初の1兆円超えで増収増益に

2024.05.13

企業活動分析 伊藤ハム米久HDの23年3月期は価格改定で増収もコスト増響き減益に

週間アクセスランキング

1位 2024.01.18

「食と生活」のマンスリー・ニュースレター おにぎりブーム到来! おにぎりが選ばれる理由とは(2024年1月)

2位 2024.03.13

戦略ケース なぜマクドナルドは値上げしても過去最高売上を更新できたのか

3位 2017.09.19

MNEXT 眼のつけどころ なぜ日本の若者はインスタに走り、世界の若者はタトゥーを入れるのか?

4位 2024.05.08

企業活動分析 ニッスイの23年3月期は売上高過去最高も原材料高や円安で減益に

5位 2009.06.26

【マーケティングFAQ】「需要の価格弾力性」とは

パブリシティ

2023.10.23

週刊トラベルジャーナル2023年10月23日号に、当社代表取締役社長 松田の執筆記事「ラーケーションへの視点 旅の価値問い直す大事な切り口」が掲載されました。

2023.08.07

日経MJ「CM裏表」に、当社代表取締役社長 松田の執筆記事が掲載されました。サントリー ザ・プレミアム・モルツ「すず登場」篇をとりあげています。

ENGLISH ARTICLES

2023.04.17

More than 40% of convenience store customers purchase desserts. Stores trying to entice shoppers to buy desserts while they're shopping.

2023.02.22

40% of men in their 20s are interested in skincare! Men's beauty expanding with awareness approaching that of women

2022.11.14

Frozen Foods' Benefits Are Expanding, and Child-raising Women Are Driving Demand

2022.09.12

The Penetration of Premium Beer, and a Polarization of the Growing Beer Market

2022.06.20

6.9 Trillion Yen Market Created By Women― Will Afternoon Tea save the luxury hotels in the Tokyo Metropolitan Area