半歩先を読む日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net

公開日:2021年08月31日

消費動向速報
失速するネット購買
主任研究員 菅野守


図表の閲覧には有料の会員登録が必要です。
登録済みの方はこちらからログインしてお読みください。

 コロナ禍で、消費動向が変化しています。その変化をいち早く把握し、ビジネスに役立てるために、官公庁などが発表する統計データから気になる動向をご紹介します。


盛り返していたネット購買の伸びが失速し、ピークアウトの気配もうかがわれる。
出前や食品・飲料など、コロナ下で好調を続けてきた品目でも、2021年4月以降は、伸びはプラスながらも、その低下が顕著になっている。
更に、家具や家電などの選択的耐久財を中心に、2021年4月以降の伸びが大きく低下し、マイナスへと落ち込む品目も増えている。


1.ネット購買にはピークアウトの気配

 ネット購買は盛り返しの動きがみられたが、再び失速傾向となっている。

 総務省公表の「家計消費状況調査」によると、二人以上世帯でのインターネットを利用した支出総額は、2021年3月頃を境に低下傾向に転じている(図表1)。


図表1.インターネットを利用した支出総額の推移

ログインして図表をみる


 支出総額の伸びも、2021年3月の+39.1%を天井に急落し、2021年6月時点では+5.0%にまで落ち込んだ(図表2)。


図表2.インターネットを利用した支出総額の前年同月比変化率の推移

ログインして図表をみる



2.好調を続けてきた「出前」などの伸びの低下が顕著に

 個別品目でのインターネットを利用した支出金額の伸びをみると、コロナ下で好調を続けてきた、出前や食品・飲料などの品目でも、2021年4月以降は、伸びの低下が際立っている。

 「インターネットを利用して購入した財(商品)・サービス」として提示した計20品目のうち、2020年4月から2021年6月までの15ヶ月間における前年同月比変化率の値が14ヶ月以上プラスで、2021年6月の変化率も+10%以上であったものは、「出前」「電子書籍」「ダウンロード版の音楽・映像、アプリなど」「食料品」「飲料」「健康食品」「音楽・映像ソフト、パソコン用ソフト、ゲームソフト」の計7品目である(図表3)。


図表3.前年同月比変化率がほぼ一貫してプラスを保ってきた品目での変化率推移

ログインして図表をみる


 そのうち、「電子書籍」「ダウンロード版の音楽・映像、アプリなど」「音楽・映像ソフト、パソコン用ソフト、ゲームソフト」といった、デジタル・コンテンツ3品目を除いた、残りの4品目はいずれも、コロナ下でネット経由での需要を大きく伸ばしたものである。「出前」は、Uber Eatsや出前館などの料理宅配の伸長を背景に、「食料品」「飲料」「健康食品」は、コロナ下で外出自粛が強化された中で、実店舗からネットへの購買シフトが進んだものである。「健康食品」については、ネットへのアクセスなどの宅内余暇時間の増加や健康への関心の高まりなども、ネット購買を後押ししてきたものと考えられる。


3.選択的耐久財を中心にマイナスへ落ち込む品目が目立つ

 概ねプラスを保ってきた品目でも、家具や家電などの選択的耐久財を中心に、マイナスへと落ち込む品目も増えている。

 「インターネットを利用して購入した財(商品)・サービス」として提示した計20品目のうち、2020年4月以降の3ヶ月間における前年同月比変化率の値が1度でも二桁以上のマイナスを記録したのは、「家具」「家電」「医薬品」「書籍」「紳士用衣類」「自動車等関係用品」の計6品目である(図表4)。


図表4.2021年4月以降前年同月比変化率の低下が進みマイナスに転じた品目での変化率推移

ログインして図表をみる


 それら6品目の前年同月比変化率の推移をみると、2020年10月以降は、伸びの低下傾向が共通にみられる。特に、2021年4月以降は、伸びの大幅な低下に加え、マイナスへ落ち込む動きもともに認められる。


 一旦盛り返しの動きがみられていたネット購買も、2021年4月以降は失速し、ピークアウトの気配もうかがわれる。

 「家計調査」における消費支出の伸びは2021年6月に大きく急落し、マイナスに落ち込んでいる。こうした消費の落ち込みは、夏季ボーナスの落ち込みやコロナ感染拡大などの悪影響によるものとみられる。これまで好調を保ってきたネット購買にも、こうした影響がどの程度まで波及してくるのか、今後の動きには要注意だ。



参照コンテンツ


おすすめ新着記事

星野リゾート進出が変えた「豊島区大塚」 ―官民連携で地域活性化の好事例
星野リゾート進出が変えた「豊島区大塚」 ―官民連携で地域活性化の好事例

都心再開発の多くが完工する2030年頃にかけて、人の流れが大きく変化します。「豊島区大塚」もそのひとつで、官民一体の街づくりによって新たな観光スポットに生まれ変わりました。そもそも大塚といえば、良く言えば下町レトロ、、悪く言えばちょっといかがわしい街のイメージ。それが、2018年の星野リゾート進出によって一変しました。エリアマーケティングでは、大塚のような官民一体型の地域活性策も重要になってくるでしょう。

コロナ下でも強い「ビオレUV」、再購入意向は「スキンアクア」
コロナ下でも強い「ビオレUV」、再購入意向は「スキンアクア」

2年連続で大幅縮小したサンケア市場。今年は、コロナ禍での規制緩和により外出機運も高まっており、再成長が期待されている。今回の調査も、過去同様「ビオレUV」が6項目で首位を獲得、盤石の強さをみせた。唯一首位を譲ったのが再購入意向で、「スキンアクア」が87%と圧倒的支持を獲得。各社も花粉ブロックやホワイトニングなど付加価値製品を投入しており、夏を目前にあつい戦いが予想される。

値上げの時代の生き残りマーケティング
値上げの時代の生き残りマーケティング

2022年は経済の大きな転換期になりそうです。ようやく新型コロナのエンデミック化かと思えば、ウクライナ侵攻、値上げと、経済へのマイナスインパクトが続いています。これらは表面的な現象であり、根底は新たな経済、新しいグローバルな経済秩序への転換です。日本経済に大きな影響を与えるのは、利上げ、サプライチェーン寸断、コロナ、ウクライナ侵攻の四つです。これらの要因が供給と物価に影響を与え、需要をシュリンクさせ、消費市場を減少させることになります。この状況に、マーケティングとしてどう対応したらよいか、ということをお伝えします。



J-marketingをもっと活用するために
無料で読める豊富なコンテンツプレミアム会員サービス戦略ケースの教科書Online


採用情報
J-marketingのトリセツ
会員登録のご案内
消費社会白書2022
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
データでわかる辛口性格診断
facebook
page top

当サイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。一部の例外を除き、著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2022 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.