半歩先を読む日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net

(2015.12)
コーヒーチェーン(2015年12月版)
鉄壁の王者スターバックス。サードウェーブコーヒーはどこまで伸びるか


 2014年の国内一人当たりコーヒー消費量は、全体では前年比3.7%増でしたが、レギュラーコーヒーは13.4%増となり(出所:全日本コーヒー協会)、市場拡大の牽引車となっています。

 今回は、当社が任意に選んだ24のコーヒーチェーンについて、「知っている(認知率)」「自宅や会社・学校の近くにある(近隣立地)」「利用したことがある(利用経験)」「今後(も)利用したい(利用意向)」などの項目についてインターネットモニターに対して行った調査結果をランキング形式でお届けします。


 今回の調査でも前回(2013年9月版)と同様、「スターバックスコーヒー」が全ての項目で首位を獲得した。とくに、3ヶ月内利用では、2位の「ドトールコーヒー」に12ポイントの差をつけての独走で、今最も利用されているコーヒーチェーンといえる。2桁の成長を続け、国内の店舗数も1,000店の大台を超えており、その勢いにかげりは見えない。

 「スターバックスコーヒー」を追うのは、全項目で2位を獲得した「ドトールコーヒー」である。こちらも店舗数は1,000店超(1,104店 2015.11末現在)で、ユーザーのロイヤリティの指標である再利用意向では、「スターバックスコーヒー」に0.5ポイントの僅差まで迫り、固定ファンの厚さを印象付けた。

 また、前回調査で高い再利用意向を獲得した「コメダ珈琲店」は、同じくフルサービス型の「星乃珈琲店」などとともに、今回も3位グループにつけており、フルサービス型コーヒーチェーンについても一過性のブームではない、人気の定着がうかがえる。

 また、ベースが少ないため参考値に留まるが、87.5%という極めて高い再利用意向を獲得した「ブルーボトルコーヒー」は、豆の産地を重視し、ハンドドリップで一杯ずつ丁寧に淹れるスタイルを特徴とする、サードウェーブコーヒーの代表で、2015年2月に日本初進出を果たした。同じくサードウェーブコーヒーに属する「ゴリラコーヒー」とともに、まだ認知や利用者は少ないものの、メディアへの露出の多さなどから、ブレイク候補とみられている。

 コーヒーチェーン市場は成長市場ではあるものの、海外サードウェーブコーヒーチェーンの上陸や、低価格で手軽なコンビニのカウンターコーヒー(淹れたてコーヒー)などとの競争にさらされている。迎え撃つ既存チェーンは、農園や収穫エリア、精製方法までトレースできるシングルオリジンのプレミアムコーヒーや、ラテアート、人気フードメニューの提供など、さまざまなサービスを打ち出している。2016年はどんな話題のサービスやメニュー、店舗が生まれるのか。コーヒーチェーン市場から目が離せない。

 本コンテンツのグラフは無料会員サービス、詳細データは有料会員サービスでのご提供となっております。
 以降の閲覧には会員サービスへのご登録が必要です。

会員サービスのご案内についてはこちらをご覧ください。
会員の方は、下記をクリックしてグラフ・詳細データをご利用ください。










【提示24チェーン】
  • ブルーボトルコーヒー
  • ゴリラコーヒー
  • カフェ ネスカフェ
  • ドトールコーヒー
  • スターバックスコーヒー
  • タリーズコーヒー
  • セガフレード・ザネッティ
  • エクセルシオール・カフェ
  • サンマルクカフェ
  • プロント
  • ベックスコーヒーショップ
  • シアトルズベストコーヒー
  • カフェ・ド・クリエ
  • カフェ・ベローチェ
  • カフェミラノ
  • カフェ・コロラド
  • ブレンズコーヒー
  • コナズコーヒー
  • 珈琲館
  • UCC 上島珈琲店
  • 喫茶室ルノアール
  • コメダ珈琲店
  • ミヤマ珈琲
  • 星乃珈琲店

【調査設計】
調査手法:インターネットリサーチ
調査期間:調査期間:2015年11月20日~25日
調査対象者:当社インターネットモニター 20歳~69歳
        全国の男女個人
有効回収サンプル数:1,037サンプル
サンプル構成(%)




お知らせ

2024.03.25

当社合田執筆の「猛スピードのクルマはいらない」 これからの高齢化社会に必要な“まちづくり”とは何か? そのヒントは欧米になかった!」がメルクマールに掲載されました。

新着記事

2024.04.12

成長市場を探せ ビスケット市場、4年連続プラスで初の4,000億超えに(2024年)

2024.04.11

24年1月の「現金給与総額」は25ヶ月連続プラス、「所定外労働時間」はマイナス続く

2024.04.10

マーケティング用語集 イールドカーブ

2024.04.09

24年2月は「完全失業率」、「有効求人倍率」とも悪化

2024.04.08

企業活動分析 任天堂の23年3月期は主にハードウエアの売上減が響き減収減益

2024.04.05

消費者調査データ ノンアルコール飲料(2024年4月版) 首位は「ドライゼロ」、追う「オールフリー」「のんある気分」

2024.04.04

企業活動分析 NTTの23年3月期はITサービス拡大で増収増益、過去最高更新

2024.04.03

24年3月の「乗用車販売台数」は3ヶ月連続の2桁マイナス

2024.04.02

「食と生活」のマンスリー・ニュースレター 20代男性の内食志向にマッチして伸びる冷凍餃子

2024.04.01

24年2月の「新設住宅着工戸数」は9ヶ月連続マイナスに

2024.03.29

企業活動分析 KDDIの23年3月期は法人向け好調等で増収、過去最高益更新

週間アクセスランキング

1位 2024.04.02

「食と生活」のマンスリー・ニュースレター 20代男性の内食志向にマッチして伸びる冷凍餃子

2位 2023.04.05

日本人の7割はチーズ好き ぜいたくニーズに支えられ伸長

3位 2016.03.16

【マーケティングFAQ】どうすればブランド力を強化できるか

4位 2024.03.28

月例消費レポート 2024年3月号 消費は足踏み状態が長期化している-インフレ見通しや消費マインド改善などによる消費回復の後押しに期待

5位 2024.04.03

24年3月の「乗用車販売台数」は3ヶ月連続の2桁マイナス

パブリシティ

2023.10.23

週刊トラベルジャーナル2023年10月23日号に、当社代表取締役社長 松田の執筆記事「ラーケーションへの視点 旅の価値問い直す大事な切り口」が掲載されました。

2023.08.07

日経MJ「CM裏表」に、当社代表取締役社長 松田の執筆記事が掲載されました。サントリー ザ・プレミアム・モルツ「すず登場」篇をとりあげています。

ENGLISH ARTICLES

2023.04.17

More than 40% of convenience store customers purchase desserts. Stores trying to entice shoppers to buy desserts while they're shopping.

2023.02.22

40% of men in their 20s are interested in skincare! Men's beauty expanding with awareness approaching that of women

2022.11.14

Frozen Foods' Benefits Are Expanding, and Child-raising Women Are Driving Demand

2022.09.12

The Penetration of Premium Beer, and a Polarization of the Growing Beer Market

2022.06.20

6.9 Trillion Yen Market Created By Women― Will Afternoon Tea save the luxury hotels in the Tokyo Metropolitan Area