日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net

消費者調査データ No.291
飲むヨーグルト・乳酸菌飲料(2019年4月版)
接戦のロングセラー、ブルガリアのむヨーグルト、R-1、カルピスウォーター





本コンテンツのグラフ、詳細データは有料会員サービスでのご提供となっております。
ご利用には有料の会員登録が必要です。
ご登録済みの方は、こちらから全文をご利用ください。
会員のご登録はこちらをご覧ください..

 2017年度のヨーグルトの生産量は前年比-1.7%の微減、2018年度は横ばいの見通しだ。乳酸菌飲料は2017年は増加、2018年度は前年並みと堅実な動きである(全国発酵乳乳酸菌飲料協会)。

 今回は、当社が任意に選んだ34の飲むヨーグルト・乳酸菌飲料のブランドについて、「知っている(認知率)」「3ヶ月以内に広告を見た(広告接触)」「3ヶ月以内に店頭でみた(店頭接触)」「買って飲んだことがある(購入経験)」「3ヶ月以内に買って飲んだ(3ヶ月以内購入)」「今後(も)買って飲みたい(購入意向)」「購入経験者ベースの今後の購入意向(再購入意向)」などの項目についてインターネットモニターに対して行った調査結果をランキング形式でお届けする。

 今回の調査では、明治の「明治ブルガリアのむヨーグルト(以下明治ブルガリアヨーグルト)」「明治プロビオヨーグルトR-1 ドリンクタイプ(以下明治 R-1)」「明治プロビオヨーグルトLG21 ドリンクタイプ(以下プロビオヨーグルトLG21)」「カルピスウォーター(アサヒ飲料)」「New ヤクルト(ヤクルト本社)」などのロングセラーがベスト5を独占する結果となった。

 このうち、「カルピスウォーター」は、認知、購入経験、今後の意向で首位、「明治ブルガリアヨーグルト」は、店頭接触、3ヶ月内購入で首位、「明治 R-1」は広告接触で首位を獲得した。しかし、上位ブランド間の差が小さい項目が多く、特に3ヶ月内購入では、トップと3ポイント以内に4ブランドがひしめいており、上位ブランドで激しいシェア争いが繰り広げられていることがわかる。

 また、購入者のロイヤリティの指標である再購入意向をみると、首位はセブン&アイの「生きて腸まで届く乳酸菌 のむ乳酸菌飲料」が獲得した。10位内には「明治ブルガリアヨーグルト」「New ヤクルト」や「カルピスウォータ」などのロングセラーに交じって「明治 R-1」、「プロビオヨーグルトLG21」などの機能訴求型商品や、「ぜいたく果実 のむヨーグルト(オハヨー乳業)」などのフルーツ系商品もランクインしている。

 高齢化や健康志向を背景に、腸内環境の改善に有効とされる乳酸菌飲料やヨーグルトへの受容性は高止まりしている。固形のヨーグルトよりも手軽に乳酸菌を摂りやすいと伸びてきたが、ここへきて急激な伸びには一服感がある。メーカー各社は、乳酸菌の機能性を訴求した商品に加え、低糖質、低カロリーなどさまざまな切り口の新商品追加リニューアルなどの施策を打っている。ポテンシャルのある市場だけに、再びの伸びの起爆剤になる商品が登場するかが注目される。

本コンテンツのグラフ、詳細データは有料会員サービスでのご提供となります。
【グラフ・詳細データのご利用はこちら】(有料会員向け)

※会員のご登録はこちらをご覧ください。






【提示34ブランド】
  • New ヤクルト(ヤクルト本社)
  • カルピスウォーター(アサヒ飲料)
  • 森永マミー(森永乳業)
  • コーラスウォーター(森永乳業)
  • 日本ルナのスムージー(日本ルナ)
  • ラブレ(カゴメ)
  • 生きて腸まで届くビフィズス菌(カゴメ)
  • ピルクル(日清ヨーク)
  • 生きて腸まで届く乳酸菌のむ乳酸菌飲料(セブン&アイ)
  • トップバリュM-1 配合乳酸菌ドリンク(イオン)
  • 明治ブルガリア のむヨーグルト(明治)
  • 明治プロビオヨーグルトLG21ドリンクタイプ(明治)
  • 明治プロビオヨーグルトR-1 ドリンクタイプ(明治)
  • 明治プロビオヨーグルトPA-3 ドリンクタイプ(明治)
  • ビヒダスのむヨーグルト(森永乳業)
  • ラクトフェリンドリンクヨーグルト(森永乳業)
  • トリプルアタック 飲むヨーグルト(森永乳業)
  • ドリンクヨーグルトおなかへGG!(タカナシ乳業)
  • 恵megumiガセリ菌SP株ヨーグルト ドリンクタイプ(雪印メグミルク)
  • 恵megumiビフィズス菌SP株 カプセルヨーグルト ドリンクタイプ(雪印メグミルク)
  • ジョア(ヤクルト本社)
  • ミルミル(ヤクルト本社)
  • チチヤスのむヨーグルト(チチヤス)
  • Bifix 高濃度ビフィズス菌ドリンク(グリコ)
  • 小岩井 iMUSE(イミューズ)のむ生乳ヨーグルト(小岩井乳業)
  • ぜいたく果実のむヨーグルト(オハヨー乳業)
  • 十勝のむヨーグルト(日清ヨーク)
  • メイトーのむヨーグルト(メイトー)
  • ヤスダヨーグルト(ヤスダ)
  • 生きて腸まで届く乳酸菌のむヨーグルト(セブン&アイ)
  • ローソンのドリンクヨーグルト(ローソン)
  • ファミリーマートコレクション ヨーグルトドリンク(ファミリー
  • トップバリュ プロバイオティクス飲むヨーグルト(イオン)
  • みなさまのお墨付き のむヨーグルト(西友)


【調査設計】
調査手法:インターネットリサーチ
調査期間:2019年3月29日(金)~4月2日(火)
調査対象者:当社インターネットモニター 20歳~69歳
        全国の男女個人
有効回収サンプル数:1,022サンプル
サンプル構成(%)






参照コンテンツ


おすすめ新着記事

成長市場を探せ 麦茶飲料(2019年版)
成長市場を探せ 麦茶飲料(2019年版)

無糖茶市場が拡大を続けている。なかでも成長著しいのが麦茶飲料で、2018年は前年比14%増、9年連続の伸長だ。背景には、近年の猛暑から熱中症対策飲料としての認知が進んだこと、加えて健康効果も知られるようになり、通年商品化したことが挙げられる。需要最盛期を迎え、ますますの市場拡大が期待される。

消費者調査データ 炭酸飲料<br>ウィルキンソン、天然水スパークリング、リピート意向の高い無糖炭酸
消費者調査データ 炭酸飲料
ウィルキンソン、天然水スパークリング、リピート意向の高い無糖炭酸

2018年の炭酸飲料市場は過去最高を記録した。今回も過去の調査同様、「コカ・コーラ」が再購入意向以外の6項目で首位を獲得した。2位以下は「ファンタ」「三ツ矢サイダー」などが少差でひしめく激戦区となっている。一方再購入意向では、無糖の炭酸水が上位3位を独占。健康志向を背景に、今後も伸びが予想されている。

「食と生活」のマンスリー・ニュースレター<br>万能調味料化で用途広がる焼き肉のたれ
「食と生活」のマンスリー・ニュースレター
万能調味料化で用途広がる焼き肉のたれ

成長市場である焼き肉のたれ類。最近では、本来の用途以外の料理に使われることも増えている。今回の調査からも、過半数の人が本来とは別の用途に使用していることがわかった。理由としては「手軽においしい味付けができる」ことが挙げられる。また、ライフステージや調理スキルによっても、その使い方に差がみられた。






マーケティングモニターのご案内
データでわかる辛口性格診断
会員登録のご案内
消費社会白書2019
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
page top

JMR生活総合研究所マーケティングサイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2019 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.