半歩先を読む日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net


消費者調査データ No.289
ヨーグルト(2019年3月版)
強いロングセラー。新顔ヨーグルトは成長の牽引車になるか



本コンテンツのグラフ、詳細データは有料会員サービスでのご提供となっております。
ご利用には有料の会員登録が必要です。
ご登録済みの方は、こちらから全文をご利用ください。
会員のご登録はこちらをご覧ください。

 2017年のヨーグルトの生産量は前年比-1.7%の微減、2018年度は横ばいから微減の見通し(全国発酵乳乳酸菌飲料協会)となっており、ここ数年続いた拡大基調に一服の様子がみられる。

 今回は、当社が任意に選んだ35のヨーグルトのブランドについて、「知っている(認知率)」「3ヶ月以内に広告を見た(広告接触)」「3ヶ月以内に店頭でみた(店頭接触)」「買って食べたことがある(購入経験)」「3ヶ月以内に買って食べた(3ヶ月以内購入)」「今後(も)買って食べたい(購入意向)」「購入経験者ベースの今後の購入意向(再購入意向)」などの項目についてインターネットモニターに対して行った調査結果をランキング形式でお届けする。

 今回の調査でも、前回(2018年4月版)同様、「ビヒダスヨーグルト(森永乳業)」、「明治ブルガリアヨーグルトLB81(明治)」、「明治プロビオヨーグルトR-1(明治)」などが上位を占めた。「ビヒダスヨーグルト」は、認知、店頭接触、購入経験、購入意向で1位、「明治プロビオヨーグルトR-1」は、広告接触、再購入意向で、「明治ブルガリアヨーグルトLB81」は3ヶ月以内購入で1位を獲得した。いずれもプレーンタイプで「ビヒダスヨーグルト」は1978年発売、「明治ブルガリアヨーグルトLB81」は1973年、「明治プロビオヨーグルトR-1」は2009年発売のロングセラーブランドである。

 一方、再購入意向の上位には、母数は少ないながらも新顔がみえる。3位の「明治THE GREEK YOGURT(明治)」は2018年発売で脂肪ゼロや砂糖ゼロが特徴。4位の「ロイテリヨーグルト(オハヨー乳業)」は2017年発売で、口腔内の菌バランスを良好に保つロイテリ菌を使用している。

 ヨーグルト市場は、乳酸菌の健康効果が周知されたことから、2015年から2016年にかけて大幅に伸びたが、周知が一巡したことなどから伸び悩んでいる。メーカー各社は、機能性、嗜好性の両面から多彩な新製品を投入しており、再びの成長軌道入りが期待される。

本コンテンツのグラフ、詳細データは有料会員サービスでのご提供となります。
【グラフ・詳細データのご利用はこちら】(有料会員向け)

※会員のご登録はこちらをご覧ください。






【提示35ブランド】
  • 明治ブルガリアヨーグルトLB81(明治)
  • 明治ブルガリアヨーグルト脂肪0(明治)
  • 明治プロビオヨーグルトLG21(明治)
  • 明治プロビオヨーグルトR-1(明治)
  • 明治プロビオヨーグルトPA-3(明治)
  • 明治THEGREEKYOGURT(明治)
  • ビヒダスヨーグルト(森永乳業)
  • 森永ラクトフェリンヨーグルト(森永乳業)
  • 森永アロエヨーグルト(森永乳業)
  • 濃密ギリシャヨーグルトパルテノ(森永乳業)
  • ナチュレ恵megumi(雪印メグミルク)
  • 恵megumiガセリ菌SP株ヨーグルト(雪印メグミルク)
  • 恵megumiビフィズス菌SP株カプセルヨーグルト(雪印メグミルク
  • 牧場の朝ヨーグルト(雪印メグミルク)
  • 小岩井生乳100%ヨーグルト(小岩井乳業)
  • 小岩井iMUSE(イミューズ)生乳ヨーグルト(小岩井乳業)
  • 小岩井まきばヨーグルト(小岩井乳業)
  • ダノンBIO(ダノンジャパン)
  • ダノンヨーグルト(ダノンジャパン)
  • ダノンオイコス(ダノンジャパン)
  • ロイテリヨーグルト(オハヨー乳業)
  • 1日分の鉄分ヨーグルト(オハヨー乳業)
  • ヨーグルトおなかへGG!(タカナシ乳業)
  • チチヤスプレーンヨーグルト(チチヤス)
  • ビフィックス(グリコ)
  • 朝食りんごヨーグルト(グリコ)
  • ソフール(ヤクルト本社)
  • フジッコカスピ海ヨーグルト(フジッコ)
  • バニラヨーグルト(日本ルナ)
  • 増加型ビフィズス菌LKM512ヨーグルト(メイトー)
  • おなかにおいしいヨーグルト(メイトー)
  • トップバリュのヨーグルト(イオン)
  • 生協プレーンヨーグルトビフィズス(ユーコープ)
  • セブンプレミアムのヨーグルト(セブン&アイ)
  • みなさまのお墨付きプレーンヨーグルト(西友)


【調査設計】
調査手法:インターネットリサーチ
調査期間:2019年2月13日(水)~19日(火)
調査対象者:当社インターネットモニター 20歳~69歳
        全国の男女個人
有効回収サンプル数:1,041サンプル
サンプル構成(%)



参照コンテンツ


おすすめ新着記事



J-marketingをもっと活用するために
無料で読める豊富なコンテンツプレミアム会員サービス戦略ケースの教科書Online


お知らせ

2024.03.25

当社合田執筆の「猛スピードのクルマはいらない」 これからの高齢化社会に必要な“まちづくり”とは何か? そのヒントは欧米になかった!」がメルクマールに掲載されました。

新着記事

2024.04.12

成長市場を探せ ビスケット市場、4年連続プラスで初の4,000億超えに(2024年)

2024.04.11

24年1月の「現金給与総額」は25ヶ月連続プラス、「所定外労働時間」はマイナス続く

2024.04.10

マーケティング用語集 イールドカーブ

2024.04.09

24年2月は「完全失業率」、「有効求人倍率」とも悪化

2024.04.08

企業活動分析 任天堂の23年3月期は主にハードウエアの売上減が響き減収減益

2024.04.05

消費者調査データ ノンアルコール飲料(2024年4月版) 首位は「ドライゼロ」、追う「オールフリー」「のんある気分」

2024.04.04

企業活動分析 NTTの23年3月期はITサービス拡大で増収増益、過去最高更新

2024.04.03

24年3月の「乗用車販売台数」は3ヶ月連続の2桁マイナス

2024.04.02

「食と生活」のマンスリー・ニュースレター 20代男性の内食志向にマッチして伸びる冷凍餃子

2024.04.01

24年2月の「新設住宅着工戸数」は9ヶ月連続マイナスに

2024.03.29

企業活動分析 KDDIの23年3月期は法人向け好調等で増収、過去最高益更新

週間アクセスランキング

1位 2024.04.02

「食と生活」のマンスリー・ニュースレター 20代男性の内食志向にマッチして伸びる冷凍餃子

2位 2023.04.05

日本人の7割はチーズ好き ぜいたくニーズに支えられ伸長

3位 2016.03.16

【マーケティングFAQ】どうすればブランド力を強化できるか

4位 2024.03.28

月例消費レポート 2024年3月号 消費は足踏み状態が長期化している-インフレ見通しや消費マインド改善などによる消費回復の後押しに期待

5位 2024.04.03

24年3月の「乗用車販売台数」は3ヶ月連続の2桁マイナス

パブリシティ

2023.10.23

週刊トラベルジャーナル2023年10月23日号に、当社代表取締役社長 松田の執筆記事「ラーケーションへの視点 旅の価値問い直す大事な切り口」が掲載されました。

2023.08.07

日経MJ「CM裏表」に、当社代表取締役社長 松田の執筆記事が掲載されました。サントリー ザ・プレミアム・モルツ「すず登場」篇をとりあげています。

ENGLISH ARTICLES

2023.04.17

More than 40% of convenience store customers purchase desserts. Stores trying to entice shoppers to buy desserts while they're shopping.

2023.02.22

40% of men in their 20s are interested in skincare! Men's beauty expanding with awareness approaching that of women

2022.11.14

Frozen Foods' Benefits Are Expanding, and Child-raising Women Are Driving Demand

2022.09.12

The Penetration of Premium Beer, and a Polarization of the Growing Beer Market

2022.06.20

6.9 Trillion Yen Market Created By Women― Will Afternoon Tea save the luxury hotels in the Tokyo Metropolitan Area