日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net

消費者調査データ No.289
ヨーグルト(2019年3月版)
強いロングセラー。新顔ヨーグルトは成長の牽引車になるか





本コンテンツのグラフ、詳細データは有料会員サービスでのご提供となっております。
ご利用には有料の会員登録が必要です。
ご登録済みの方は、こちらから全文をご利用ください。
会員のご登録はこちらをご覧ください。

 2017年のヨーグルトの生産量は前年比-1.7%の微減、2018年度は横ばいから微減の見通し(全国発酵乳乳酸菌飲料協会)となっており、ここ数年続いた拡大基調に一服の様子がみられる。

 今回は、当社が任意に選んだ35のヨーグルトのブランドについて、「知っている(認知率)」「3ヶ月以内に広告を見た(広告接触)」「3ヶ月以内に店頭でみた(店頭接触)」「買って食べたことがある(購入経験)」「3ヶ月以内に買って食べた(3ヶ月以内購入)」「今後(も)買って食べたい(購入意向)」「購入経験者ベースの今後の購入意向(再購入意向)」などの項目についてインターネットモニターに対して行った調査結果をランキング形式でお届けする。

 今回の調査でも、前回(2018年4月版)同様、 「ビヒダスヨーグルト(森永乳業)」、「明治ブルガリアヨーグルトLB81(明治)」、「明治プロビオヨーグルトR-1(明治)」などが上位を占めた。「ビヒダスヨーグルト」は、認知、店頭接触、購入経験、購入意向で1位、「明治プロビオヨーグルトR-1」は、広告接触、再購入意向で、「明治ブルガリアヨーグルトLB81」は3ヶ月以内購入で1位を獲得した。いずれもプレーンタイプで「ビヒダスヨーグルト」は1978年発売、「明治ブルガリアヨーグルトLB81」は1973年、「明治プロビオヨーグルトR-1」は2009年発売のロングセラーブランドである。

 一方、再購入意向の上位には、母数は少ないながらも新顔がみえる。3位の「明治THE GREEK YOGURT(明治)」は2018年発売で脂肪ゼロや砂糖ゼロが特徴。4位の「ロイテリヨーグルト(オハヨー乳業)」は2017年発売で、口腔内の菌バランスを良好に保つロイテリ菌を使用している。

 ヨーグルト市場は、乳酸菌の健康効果が周知されたことから、2015年から2016年にかけて大幅に伸びたが、周知が一巡したことなどから伸び悩んでいる。メーカー各社は、機能性、嗜好性の両面から多彩な新製品を投入しており、再びの成長軌道入りが期待される。

本コンテンツのグラフ、詳細データは有料会員サービスでのご提供となります。
【グラフ・詳細データのご利用はこちら】(有料会員向け)

※会員のご登録はこちらをご覧ください。






【提示35ブランド】
  • 明治ブルガリアヨーグルトLB81(明治)
  • 明治ブルガリアヨーグルト脂肪0(明治)
  • 明治プロビオヨーグルトLG21(明治)
  • 明治プロビオヨーグルトR-1(明治)
  • 明治プロビオヨーグルトPA-3(明治)
  • 明治THEGREEKYOGURT(明治)
  • ビヒダスヨーグルト(森永乳業)
  • 森永ラクトフェリンヨーグルト(森永乳業)
  • 森永アロエヨーグルト(森永乳業)
  • 濃密ギリシャヨーグルトパルテノ(森永乳業)
  • ナチュレ恵megumi(雪印メグミルク)
  • 恵megumiガセリ菌SP株ヨーグルト(雪印メグミルク)
  • 恵megumiビフィズス菌SP株カプセルヨーグルト(雪印メグミルク
  • 牧場の朝ヨーグルト(雪印メグミルク)
  • 小岩井生乳100%ヨーグルト(小岩井乳業)
  • 小岩井iMUSE(イミューズ)生乳ヨーグルト(小岩井乳業)
  • 小岩井まきばヨーグルト(小岩井乳業)
  • ダノンBIO(ダノンジャパン)
  • ダノンヨーグルト(ダノンジャパン)
  • ダノンオイコス(ダノンジャパン)
  • ロイテリヨーグルト(オハヨー乳業)
  • 1日分の鉄分ヨーグルト(オハヨー乳業)
  • ヨーグルトおなかへGG!(タカナシ乳業)
  • チチヤスプレーンヨーグルト(チチヤス)
  • ビフィックス(グリコ)
  • 朝食りんごヨーグルト(グリコ)
  • ソフール(ヤクルト本社)
  • フジッコカスピ海ヨーグルト(フジッコ)
  • バニラヨーグルト(日本ルナ)
  • 増加型ビフィズス菌LKM512ヨーグルト(メイトー)
  • おなかにおいしいヨーグルト(メイトー)
  • トップバリュのヨーグルト(イオン)
  • 生協プレーンヨーグルトビフィズス(ユーコープ)
  • セブンプレミアムのヨーグルト(セブン&アイ)
  • みなさまのお墨付きプレーンヨーグルト(西友)


【調査設計】
調査手法:インターネットリサーチ
調査期間:2019年2月13日(水)~19日(火)
調査対象者:当社インターネットモニター 20歳~69歳
        全国の男女個人
有効回収サンプル数:1,041サンプル
サンプル構成(%)



参照コンテンツ


おすすめ新着記事

消費者調査データ<br>エナジードリンク<br>3強ブランドが上位独占
消費者調査データ
エナジードリンク
3強ブランドが上位独占

エナジードリンクの市場はここ2年間で伸び率はやや落ち着いたものの、成長を続けている。今回の調査でも、「リアルゴールド」「レッドブル」「モンスターエナジー」が上位を独占。これらブランドの3ヶ月以内購入率は5%前後とユーザー層は限定的だが、市場には新規参入も相次いでいる。少ないパイを奪い合う今後の市場動向から目が離せない。

「食と生活」のマンスリー・ニュースレター<br>2019春の食品値上げラッシュ!値上げ方法で明暗
「食と生活」のマンスリー・ニュースレター
2019春の食品値上げラッシュ!値上げ方法で明暗

消費税率10%への増税を控えたこの春、食品メーカー各社が相次ぎ値上げを行った。価格を変えずに容量を減らした「実質値上げ」も目につく昨今、消費者の値上げへの受け止め方を調査した。単純値上げか、実質値上げか、容量を増やしつつの値上げか――。値上げ方法の巧拙によって明暗分かれる結果がみえてきた。

消費者調査データ<br>キャッシュレス決済(2019年4月版)<br>Suica、WAON、nanaco、上位に満足度で食い込むQRコード決済
消費者調査データ
キャッシュレス決済(2019年4月版)
Suica、WAON、nanaco、上位に満足度で食い込むQRコード決済

政府主導で普及が進みつつあるキャッシュレス決済。市場規模も高い伸びが見込まれている。今回の調査では、多くの項目で交通系の「Suica」、流通系の「WAON」が上位を争う展開となった。QRコード決済では「PayPay」が認知度が圧倒的だが、利用可能チャネルの少なさから浸透度は低い。新たなサービスが続々登場する中、成長市場の覇者となるのはどれか。今後の市場に注目したい。






マーケティングモニターのご案内
データでわかる辛口性格診断
会員登録のご案内
消費社会白書2019
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
page top

JMR生活総合研究所マーケティングサイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2019 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.