日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net

消費者調査データ No.282
スナック菓子(2018年11月版)
カルビーの王座揺るがず。PBは再購入意向で上位に





本コンテンツのグラフ、詳細データは有料会員サービスでのご提供となっております。
ご利用には有料の会員登録が必要です。
ご登録済みの方は、こちらから全文をご利用ください。
会員のご登録はこちらをご覧ください。

 スナック菓子の市場は、4年連続のプラス成長の後、2016年に前年割れとなったが、2017年は再びプラスとなった(金額ベース・日本スナックシリアルフーズ協会)。

 今回は、当社が任意に選んだスナック菓子34ブランドについて、「知っている(認知率)」、「買って食べたことがある(経験率)」、最近3ヶ月以内における「広告・記事を見たことがある(広告接触)」「店頭などで見たことがある(店頭接触)」、「3ヶ月以内に買って食べた(3ヶ月内購入)」、さらに「今後(も)食べたいと思う(今後購入意向)」と「購入経験者における今後の購入意向(再購入意向)」という7項目について、インターネットモニターに対して行った調査結果をランキング形式でお届けする。

 今回のランキングでは、前回(2017年9月版)前々回(2016年10月版)同様、カルビーの「ポテトチップス」が全項目で首位を獲得した。特に、3ヶ月内購入や今後の購入意向では、2位以下に20ポイント以上の差をつけるなど圧倒的な強さである。2位、3位には、同社の「かっぱえびせん」「じゃがりこ」が7項目中6項目でランクイン、カルビーのスナックが上位を独占した。

 4位以下には、シェア2位グループの湖池屋の「ポテトチップス」や、山崎ビスケットの「チップスター」などがランクインした。

 スナック菓子の市場で、注目されているのが、コンビニのプライベートブランド(PB)の動向だ。コンビニの店頭では、ナショナルブランド(NB)に代わり、PBが多く陳列されるようになってきているからだ。今回の調査でも、認知や店頭接触、今後の購入意向では、20位までのランキングのほぼすべてがNBで占められているが、3ヶ月内購入では17位、18位に「セブン-プレミアム」と「ファミリーマートコレクション」のスナック菓子がランクイン、ユーザーのロイヤリティの指標である再購入意向では、それぞれ2位と3位を占め、「ローソンセレクト」のスナック菓子も8位に食い込んだ。ブランドの想起では順位は低いものの、実際の購入シーンでは売り場で目立つPBに手が伸びていることがうかがえる。

 カルビーという巨人が支配するスナック菓子の市場で、PBも交えた競争はさらに激化しそうだ。

本コンテンツのグラフ、詳細データは有料会員サービスでのご提供となります。
【グラフ・詳細データのご利用はこちら】(有料会員向け)

※会員のご登録はこちらをご覧ください。






【提示34ブランド】
  • ポテトチップス(カルビー)
  • ポテトチップスクリスプ(カルビー)
  • サッポロポテト(カルビー)
  • かっぱえびせん(カルビー)
  • じゃがりこ(カルビー)
  • 堅あげポテト(カルビー)
  • ア・ラ・ポテト(カルビー)
  • ピザポテト(カルビー)
  • ナチュラルカルビー(カルビー)
  • 極じゃが(カルビー)
  • ポテトチップス(湖池屋)
  • 湖池屋プライドポテト(湖池屋)
  • カラムーチョ(湖池屋)
  • ポリンキー(湖池屋)
  • スコーン(湖池屋)
  • ドンタコス(湖池屋)
  • チキンラーメンポテトスティック(湖池屋)
  • じゃがいも心地(湖池屋)
  • ポテトチップス(山芳)
  • プリッツ(江崎グリコ)
  • ビアプリッツ(江崎グリコ)
  • Cheeza[チーザ](江崎グリコ)
  • CRATZ[クラッツ](江崎グリコ)
  • チップスター(ヤマザキビスケット)
  • プリングルズ(森永製菓)
  • とんがりコーン(ハウス食品)
  • オー・ザック(ハウス食品)
  • 暴君ハバネロ(東ハト)
  • ベビースターラーメン(おやつカンパニー)
  • まんまシリーズ(UHA味覚糖)
  • 燃えよ唐辛子(アサヒグループ食品)
  • セブンプレミアムのカップ入りスナック菓子(セブン&アイ)
  • ローソンセレクトのスナック菓子(ローソン)
  • ファミリーマートコレクションのスナック菓子(ファミリーマート)


【調査設計】
調査手法:インターネットリサーチ
調査期間:2018年10月12日~16日
調査対象者:当社インターネットモニター 20歳~69歳
        全国の男女個人
有効回収サンプル数:1,040サンプル
サンプル構成(%)



参照コンテンツ


おすすめ新着記事

成長市場を探せ 冷菓(2019年版)
成長市場を探せ 冷菓(2019年版)

17年の冷菓市場は過去最高を記録するなど、好調を維持し続けている。牽引しているのは中価格帯のアイスだ。「エッセル スーパーカップ」などのスイーツ系や、「sunao」など糖質オフを付加価値にした商品が伸びているとみられる。値上げや増税など逆風要素もある中、各社の今後の動向から目が離せない。

消費者調査データ 冷菓<br>拡大する市場で独走するハーゲンダッツ
消費者調査データ 冷菓
拡大する市場で独走するハーゲンダッツ

18年度の冷菓市場は7年連続で過去最高を更新する見込みだ。今回も過去の調査同様、「ハーゲンダッツ」が複数項目で首位を獲得、盤石の強さを示した。2位以下は「スーパーカップ」「ピノ」「パルム」などのロングセラーブランドがひしめく混戦模様だ。今春、多くの冷菓ブランドが値上げを発表。各社は高付加価値化を図り、健康訴求を行っている。需要最盛期を前に、今後の動向が注目される。

「食と生活」のマンスリー・ニュースレター<br>健康志向と「映え」で伸びるチーズ需要
「食と生活」のマンスリー・ニュースレター
健康志向と「映え」で伸びるチーズ需要

チーズ市場が伸びている。農林水産省によると、チーズの消費量は過去10年で40%以上の成長率だ。特に18年にはチーズの健康効果やEPA発効による値下げがメディアで報じられ、注目が高まった。消費者はどのようにチーズを食べているのか、チーズの食頻度増加の要因を探ってみた。






マーケティングモニターのご案内
データでわかる辛口性格診断
会員登録のご案内
消費社会白書2019
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
page top

JMR生活総合研究所マーケティングサイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2019 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.