半歩先を読む日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net

(2016.10)
消費者調査 No.235
スナック菓子(2016年10月版)
カルビーが上位独占、盤石の強さ!


本コンテンツの最新版(2018年11月版)はこちらからご覧ください。

 2014年度のスナック市場は、前年度比104%で、3年連続の拡大となりました(金額ベース 日本スナック・シリアルフーズ協会)。

 今回は、当社が任意に選んだスナック菓子34ブランドについて、「知っている(認知率)」、「買って食べたことがある(購入経験率)」、最近3ヶ月以内における「広告・記事(を見たことがある)」「店頭など(で見たことがある)」での接触状況(3ヶ月内店頭接触)、「3ヶ月以内に買ってべた」(3ヶ月以内購入)、さらに「今後(も)買いたいと思う」(今後購入意向)と「購入経験者における今後の購入意向(再購入意向)」という7項目について、インターネットモニターに対して行った調査結果をランキング形式でお届けします。

 今回のランキングでは、カルビーの製品が全項目でトップ3を独占した。上位10位内をみても、各項目で4~6ブランドがランクインしており、再購入意向にいたっては、7ブランドがカルビーの製品である。

 トップ3をみると、「ポテトチップス(カルビー)」が全項目で1位。これは前回(2013年10月版)と同様である。それに続くのは、「じゃがりこ(カルビー)」で、3ヶ月内購入や今後の購入意向など4項目で2位を獲得。「じゃがビー(カルビー)」「かっぱえびせん(カルビー)」などが3位内に入るブランドで、「さっぽろポテト(カルビー)」「かっぱえびせん(カルビー)」なども上位に食い込んでいる。

 これら上位ブランドは、もっとも発売期間の短い「じゃがビー」が今年で発売10周年、「じゃがりこ」が21年、「ポテトチップス」が41年、「かっぱえびせん」にいたっては52年と、ロングセラー商品ばかりである。

 カルビー以外で10位内にランクインしてきたのは、「ポテトチップス(湖池屋)」「チップスター(ヤマザキビスケット)」「カラムーチョ(湖池屋)」など、ポテト系のブランドが目立つものの、いずれもカルビーの「ポテトチップス」との差は大きく、追い上げは難しいといえる。

 スナック菓子市場の中核は、ポテトスナックであり、そのポテト系スナック菓子の約7割をカルビーが供給している。少子化や健康志向の高まりなど、スナック菓子には逆風にも思える環境が続いているが、カルビーは、3ヶ月ごとにフレーバーの入れ替えを行い、限定品やアンテナショップなどで話題づくりをするなど、ユーザーを飽きさせない工夫で成長を実現、高いシェアを維持してきた。ユーザーのロイヤリティの指標である再購入意向の高さをみても、カルビーの強さは明白だ。「かっぱえびせん」以来、次々とヒット商品を輩出してきたカルビーの次の一手が注目される。

 本コンテンツのグラフは無料会員サービス、詳細データは有料会員サービスでのご提供となっております。
 以降の閲覧には会員サービスへのご登録が必要です。

会員サービスのご案内についてはこちらをご覧ください。
会員の方は、下記をクリックしてグラフ・詳細データをご利用ください。





【提示34ブランド】
  • ポテトチップス(カルビー)
  • ポテトチップス クリスプ(カルビー)
  • ポテトチップス ギザギザ(カルビー)
  • 堅あげポテト(カルビー)
  • サッポロポテト(カルビー)
  • かっぱえびせん(カルビー)
  • じゃがりこ(カルビー)
  • Jagabee(じゃがビー)(カルビー)
  • Vegips(ベジップス)(カルビー)
  • ポテトチップス(湖池屋)
  • ポテトチップス プレミアム(湖池屋)
  • カラムーチョ(湖池屋)
  • ポリンキー(湖池屋)
  • スコーン(湖池屋)
  • ドンタコス(湖池屋)
  • ポトットプラス(湖池屋)
  • ポテトチップス(山芳)
  • プリッツ(江崎グリコ)
  • ビアプリッツ(江崎グリコ)
  • かるじゃが(江崎グリコ)
  • Cheeza[チーザ](江崎グリコ)
  • CRATZ[クラッツ](江崎グリコ)
  • チップスター(ヤマザキビスケット)
  • プリングルズ(日本ケロッグ)
  • とんがりコーン(ハウス食品)
  • オー・ザック(ハウス食品)
  • カール(明治)
  • おっとっと(森永製菓)
  • ポテロング(森永製菓)
  • 暴君ハバネロ(東ハト)
  • ベビースターラーメン(おやつカンパニー)
  • セブンプレミアム厚切りポテト(セブン&アイ)
  • トップバリュポテトチップ(イオン)
  • みなさまのお墨付きポテトチップス(西友)

【調査設計】
調査手法:インターネットリサーチ
調査期間:2016年9月20日~23日
調査対象者:当社インターネットモニター 20歳~69歳
        全国の男女個人
有効回収サンプル数:1,007サンプル
サンプル構成(%)




お知らせ

2024.03.25

当社合田執筆の「猛スピードのクルマはいらない」 これからの高齢化社会に必要な“まちづくり”とは何か? そのヒントは欧米になかった!」がメルクマールに掲載されました。

新着記事

2024.07.19

企業活動分析 ライオン株式会社(2023年12月期) 増収も土地譲渡益の反動等で減益に

2024.07.19

企業活動分析 ユニリーバ(Unilever)(2023年12月期) 減収減益、事業部門の業績格差受け、新成長戦略を修正へ

2024.07.19

24年6月の「景気の先行き判断」は3ヶ月連続で50ポイント割れに

2024.07.18

24年6月の「景気の現状判断」は4ヶ月連続で50ポイント割れに

2024.07.17

MNEXT 円安は歓迎すべきかー過熱する円安論争

2024.07.16

企業活動分析 山崎製パン株式会社 23年12月期は大幅な増収増益で過去最高益に

2024.07.12

消費者調査データ スポーツドリンク・熱中症対策飲料(2024年7月版) 首位「ポカリスエット」、追い上げる「アクエリアス」

2024.07.11

24年5月の「消費支出」はふたたびマイナスに

2024.07.10

24年5月の「家計収入」は20ヶ月ぶりのプラス

2024.07.09

24年4月の「現金給与総額」は28ヶ月連続プラス、「所定外労働時間」はマイナス続く

2024.07.08

企業活動分析 大塚HD 23年12月期は売上は過去最高を記録、医療事業の減損損失で減益に

2024.07.08

企業活動分析 小林製薬の23年12月期は、R&Dや宣伝広告への積極投資を行い増収減益に

2024.07.05

成長市場を探せ 初の6,000億円超え、猛暑に伸びるアイスクリーム(2024年)

2024.07.04

24年5月は「完全失業率」は横ばい、「有効求人倍率」は悪化

2024.07.03

MNEXT コロナ禍の前中後の内食もどりはあったのか? -食欲望の現在-

2024.07.03

24年6月の「乗用車販売台数」は6ヶ月連続で前年割れに

2024.07.02

24年5月の「新設住宅着工戸数」は再びマイナスに

2024.07.01

企業活動分析 サントリーHD 23年12月期は二桁の増収増益、2年連続売上利益ともに過去最高を達成

週間アクセスランキング

1位 2024.03.13

戦略ケース なぜマクドナルドは値上げしても過去最高売上を更新できたのか

2位 2017.09.19

MNEXT 眼のつけどころ なぜ日本の若者はインスタに走り、世界の若者はタトゥーを入れるのか?

3位 2024.03.08

消費者調査データ カップめん(2024年3月版)独走「カップヌードル」、「どん兵衛」「赤いきつね/緑のたぬき」が2位争い

5位 2024.07.03

MNEXT コロナ禍の前中後の内食もどりはあったのか? -食欲望の現在-

パブリシティ

2023.10.23

週刊トラベルジャーナル2023年10月23日号に、当社代表取締役社長 松田の執筆記事「ラーケーションへの視点 旅の価値問い直す大事な切り口」が掲載されました。

2023.08.07

日経MJ「CM裏表」に、当社代表取締役社長 松田の執筆記事が掲載されました。サントリー ザ・プレミアム・モルツ「すず登場」篇をとりあげています。

ENGLISH ARTICLES

2023.04.17

More than 40% of convenience store customers purchase desserts. Stores trying to entice shoppers to buy desserts while they're shopping.

2023.02.22

40% of men in their 20s are interested in skincare! Men's beauty expanding with awareness approaching that of women

2022.11.14

Frozen Foods' Benefits Are Expanding, and Child-raising Women Are Driving Demand

2022.09.12

The Penetration of Premium Beer, and a Polarization of the Growing Beer Market

2022.06.20

6.9 Trillion Yen Market Created By Women― Will Afternoon Tea save the luxury hotels in the Tokyo Metropolitan Area