日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net

消費者調査データ No.264
チョコレート(2018年2月版)
チョコレート効果、カレ・ド・ショコラ、本物志向や健康志向の商品が人気





本コンテンツのグラフ、詳細データは有料会員サービスでのご提供となっております。
ご利用には有料の会員登録が必要です。
ご登録済みの方は、こちらから全文をご利用ください。
会員のご登録はこちらをご覧ください。

 2016年のチョコレート市場は、前年比4.4%増の5,260億円で、ここ3年で約400億円の拡大となっています(全日本菓子協会)。

 今回は、当社が任意に選んだチョコレート29ブランドについて、「知っている(認知率)」、「買って食べたことがある(購入経験率)」、最近3ヶ月以内における「広告・記事(を見たことがある)」「店頭など(で見たことがある)」での接触状況(3ヶ月内店頭接触)、「3ヶ月以内に買って食べた(3ヶ月以内購入)」、さらに「今後(も)買いたいと思う(今後購入意向)」と「購入経験者における今後の購入意向(再購入意向)」という7項目について、インターネットモニターに対して行った調査結果をランキング形式でお届けします。

 今回の調査でも、前回(2017年1月版)同様、上位には「明治ミルクチョコレート(明治)」、「ガーナ(ロッテ)」、「ダース(森永製菓)」「メルティーキッス(明治)」「チョコレート効果(明治)」などのロングセラーブランドがランクインした。

 昨年発売20年を迎えた「チョコレート効果」は、購入経験で7位にとどまったものの、3ヶ月内購入で首位、広告接触と今後の購入意向で首位と4.2ポイント差の3位となるなど、7項目中5項目で3位内に入るなど高い人気をみせている。

 その「チョコレート効果」を、再購入意向で1.1ポイントの僅差とはいえ上回ったのが「カレ・ド・ショコラ(森永製菓)」である。満足度の指標である再購入意向の上位には、本格志向の「カレ・ド・ショコラ(森永製菓)」や「ザ・チョコレート(明治)」、健康志向の「チョコレート効果」や「シールド乳酸菌チョコレート(森永製菓)」など特徴のある商品が入った。独自の特徴がユーザーに支持された結果といえる。

 少子高齢化で伸び悩む菓子市場のなかで、チョコレートは健康志向などを訴求し、固定ファンを獲得することで拡大を続けてきた。高付加価値化のすすむチョコレート市場の行方が注目される。

本コンテンツのグラフ、詳細データは有料会員サービスでのご提供となります。
【グラフ・詳細データのご利用はこちら】(有料会員向け)

※会員のご登録はこちらをご覧ください。






【提示29ブランド】
  • チョコレート効果(明治)
  • 明治ザ・チョコレート(明治)
  • 明治ミルクチョコレート(明治)
  • 明治ブラックチョコレート(明治)
  • メルティーキッス(明治)
  • ガルボ(明治)
  • フラン(明治)
  • スイーツデイズ乳酸菌ショコラ(ロッテ)
  • ガーナ(ロッテ)
  • シャルロッテ(ロッテ)
  • 紗々(ロッテ)
  • ZERO(ロッテ)
  • GABA(江崎グリコ)
  • バンホーテンチョコレート(江崎グリコ)
  • 神戸ショコラ(江崎グリコ)
  • リベラ(江崎グリコ)
  • ダース(森永製菓)
  • 森永チョコレート(森永製菓)
  • カレ・ド・ショコラ(森永製菓)
  • ベイク(森永製菓)
  • シールド乳酸菌チョコレート(森永製菓)
  • ドクターズチョコレート(マザーレンカ)
  • ボノボン(ヤマキン)
  • ロシェ(フェレロ)
  • エクセレンス(リンツ)
  • キスチョコ(ハーシー)
  • アフターエイト(ネスレ)
  • トップバリュのチョコレート
  • スイスセレクション(西友)


【調査設計】
調査手法:インターネットリサーチ
調査期間:2018年1月17日~19日
調査対象者:当社インターネットモニター 20歳~69歳
        全国の男女個人
有効回収サンプル数:1,004サンプル
サンプル構成(%)



参照コンテンツ


おすすめ新着記事

消費者調査データ ファーストフード<br>「マクドナルド」全項目首位 グルメバーガーブームの次のトレンドは?
消費者調査データ ファーストフード
「マクドナルド」全項目首位 グルメバーガーブームの次のトレンドは?

今回の調査では「マクドナルド」が全6項目で首位を獲得、2位以下に大差をつけた。マックは昨今、メニューを頻繁に入れ替えたり、スマホアプリ決済を導入するなど顧客満足度の向上に努めてきたが、こうした取組が評価されたと考えられる。一方でグルメバーガー系は下位に沈んでおり、ブームには一服感もみられる。

「食と生活」のマンスリー・ニュースレター<br>新型コロナウイルスのインパクト! コロナは購買行動にどのような影響を与えた!?
「食と生活」のマンスリー・ニュースレター
新型コロナウイルスのインパクト! コロナは購買行動にどのような影響を与えた!?

⽇本酒全体の出荷量は2012年以降減少している。しかし、⼤都市圏では、⽇本酒の品ぞろえを多くして、話題になっている飲⾷店も増えているようだ。調査の結果、日本酒初回飲用時にポジティブな印象があるほど、また食意識の高い人ほど日本酒に好意的な傾向がみられた。

成長市場を探せ 納豆(2020年版)
成長市場を探せ 納豆(2020年版)

「健康に良い」「免疫力を高める」などのイメージを持つ納豆が売れている。市場規模は2018年までに7年連続のプラスと成長を続けている。最近では納豆菌の研究が進み、免疫機能を高めるとされる菌株を使った商品も好調だ。新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の国内感染が報じられてからは、予防に効果があるというフェイクニュースが流れたことも記憶に新しい。健康意識の高まりを背景に、今後も持続的な成長が期待できそうだ。






会員登録のご案内
消費社会白書2020
研修テキストに使える!コンテンツパッケージ販売のご案内
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
マーケティングモニターのご案内
データでわかる辛口性格診断
page top

JMR生活総合研究所マーケティングサイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2020 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.