半歩先を読む日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net

(2017.01)
消費者調査 No.241
チョコレート(2017年1月版)
超ロングセラー明治チョコレートを追う森永ダース


チョコレートの最新の調査結果(2018年2月版)はこちら

 2015年の1世帯あたりのチョコレート購入金額は、年間5,502円で、5年連続の増加となり、菓子類のなかでは数少ない成長分野となっています(総務省家計調査報告)。

 今回は、当社が任意に選んだチョコレート29ブランドについて、「知っている(認知率)」、「買って食べたことがある(購入経験率)」、最近3ヶ月以内における「広告・記事(を見たことがある)」「店頭など(で見たことがある)での接触状況(3ヶ月内店頭接触)」、「3ヶ月以内に買って食べた(3ヶ月以内購入)」、さらに「今後(も)買いたいと思う」(今後購入意向)と「購入経験者における今後の購入意向(再購入意向)」という7項目について、インターネットモニターに対して行った調査結果をランキング形式でお届けします。

 今回の調査でも、前回(2016年3月版)同様、「明治ミルクチョコレート(明治)」、「ガーナ(ロッテ)」、「ダース(森永製菓)」「メルティーキッス(明治)」などのロングセラーブランドが上位を占めた。

 昨年、発売90周年を迎えた「明治ミルクチョコレート」は店頭接触3ヶ月内購入、今後の購入意向などの項目で首位を獲得、さらに広告接触以外の6項目で5位以内に入るという強さをみせた。一方、1993年発売の「ダース(森永製菓)」は、認知で「ガーナ(ロッテ)」と同率首位、購入経験では「明治ミルクチョコレート」を僅差でおさえての首位を獲得し、再購入意向以外の6項目で3位内に入り、「明治ミルクチョコレート」を猛追する。この2ブランドに「ガーナ」を加えた3強が上位をがっちりとおさえる構図となった。

 しかし、購入経験者ベースでの今後の購入意向をみると、ロングセラーはやや後退、チョコレートの新しいトレンドをリードする商品が上位を獲得した。首位は「ビーントゥバー(カカオ豆からチョコレートになるまでの全工程を一貫して行なう製法)」で作られた「明治ザ・チョコレート(明治)」が首位、健康志向の「乳酸菌ショコラ(ロッテ)」「チョコレート効果」がそれぞれ2位と3位に入った。独自の特徴を強く打ち出して、ユーザーに受け入れられた例といえよう。

 2017年は、プレミアムチョコレート店の上陸が予定されており、「ブルーボトルコーヒー」もビーントゥバーのチョコレート「TCHO(チョー)」を発売するなど、より本格志向が強まる可能性もある。強いロングセラーは、このまま「強さ」を発揮し続けられるのか、ビーントゥバーや健康志向に続く新しいトレンドは登場するのか。チョコレートの最需要期である2月を前に、チョコレート市場への注目は高まるばかりだ。

 本コンテンツのグラフは無料会員サービス、詳細データは有料会員サービスでのご提供となっております。
 以降の閲覧には会員サービスへのご登録が必要です。

会員サービスのご案内についてはこちらをご覧ください。
会員の方は、下記をクリックしてグラフ・詳細データをご利用ください。





【提示29ブランド】
  • チョコレート効果(明治)
  • 明治ザ・チョコレート
  • 明治ミルクチョコレート
  • 明治ブラックチョコレート
  • メルティーキッス(明治)
  • ガルボ(明治)
  • スイーツデイズ乳酸菌ショコラ
    (ロッテ)
  • ガーナ(ロッテ)
  • V.I.P.(ロッテ)
  • ZERO(ロッテ)
  • GABA(江崎グリコ)
  • バンホーテンチョコレート
    (江崎グリコ)
  • ダース(森永製菓)
  • 森永チョコレート(森永製菓)
  • カレ・ド・ショコラ(森永製菓)
  • ベイク(森永製菓)
  • 半熟ショコラ(森永製菓)
  • ルック24℃(不二家)
  • ドクターズチョコレート
    (マザーレンカ)
  • ピュアショコラ(カバヤ)
  • ボノボン(ヤマキン)
  • ロシェ(フェレロ)
  • エクセレンス(リンツ)
  • キスチョコ(ハーシー)
  • アフターエイト(ネスレ)
  • ウィッタカー ダークガーナ
    チョコレートバー
  • セブンプレミアムの板チョコ
  • トップバリュのチョコレート
  • スイスセレクション(西友)

【調査設計】
調査手法:インターネットリサーチ
調査期間:2016年12月9日~13日
調査対象者:当社インターネットモニター 20歳~69歳
        全国の男女個人
有効回収サンプル数:992サンプル
サンプル構成(%)




お知らせ

2024.03.25

当社合田執筆の「猛スピードのクルマはいらない」 これからの高齢化社会に必要な“まちづくり”とは何か? そのヒントは欧米になかった!」がメルクマールに掲載されました。

新着記事

2024.05.24

消費者調査データ No.407 冷菓(2024年5月版) 「ハーゲンダッツ」、「スーパーカップ」と首位分け合う

2024.05.23

24年3月の「商業動態統計調査」は37ヶ月ぶりのマイナスに

2024.05.22

戦略ケース 三越伊勢丹の復活は本物か

2024.05.22

24年3月の「旅行業者取扱高」は19年比で94%に

2024.05.21

24年4月の「景気の現状判断」は2ヶ月連続で50ポイント割れに

2024.05.21

24年4月の「景気の先行き判断」は6ヶ月ぶりに50ポイント割れに

2024.05.20

企業活動分析 日清製粉グループの23年3月期は二桁の増収増益

2024.05.17

24年3月の「家計収入」は18ヶ月連続のマイナス

2024.05.17

24年3月の「消費支出」は13ヶ月ぶりのプラス

週間アクセスランキング

1位 2024.05.15

MNEXT 未来を読むー四つの資本主義

2位 2024.01.18

「食と生活」のマンスリー・ニュースレター おにぎりブーム到来! おにぎりが選ばれる理由とは(2024年1月)

3位 2024.03.13

戦略ケース なぜマクドナルドは値上げしても過去最高売上を更新できたのか

4位 2022.05.10

消費者調査データ エナジードリンク(2022年5月版) 「レッドブル」「モンスター」認知率拡大、上位の牙城揺るがず

5位 2023.04.05

日本人の7割はチーズ好き ぜいたくニーズに支えられ伸長

パブリシティ

2023.10.23

週刊トラベルジャーナル2023年10月23日号に、当社代表取締役社長 松田の執筆記事「ラーケーションへの視点 旅の価値問い直す大事な切り口」が掲載されました。

2023.08.07

日経MJ「CM裏表」に、当社代表取締役社長 松田の執筆記事が掲載されました。サントリー ザ・プレミアム・モルツ「すず登場」篇をとりあげています。

ENGLISH ARTICLES

2023.04.17

More than 40% of convenience store customers purchase desserts. Stores trying to entice shoppers to buy desserts while they're shopping.

2023.02.22

40% of men in their 20s are interested in skincare! Men's beauty expanding with awareness approaching that of women

2022.11.14

Frozen Foods' Benefits Are Expanding, and Child-raising Women Are Driving Demand

2022.09.12

The Penetration of Premium Beer, and a Polarization of the Growing Beer Market

2022.06.20

6.9 Trillion Yen Market Created By Women― Will Afternoon Tea save the luxury hotels in the Tokyo Metropolitan Area