半歩先を読む日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net

(2013.11)
リアル店舗とインターネットによる「創客」と「送客」を巡る熱き戦い
~イオンのオムニチャネル戦略構想を読む~

 イオン(参照:企業活動分析「イオン」)は11月20日、ソフトバンクテレコムとヤフーとの協業により、実店舗とインターネットを連携させて顧客に新しいショッピングスタイルを提供する、とリリースした。具体的にいえば、スマートフォンやタブレット端末を使ったO2O(参照:マーケティング用語集「O2O」)サービス展開である。そのスタートは12月20日にグランドオープンする同社の旗艦店「イオン幕張新都心店」である。ポイントは4点ある。


 本コンテンツの全文は、有料会員サービスでのご提供となっております。
 以降の閲覧には有料の会員サービスご登録が必要です。

会員サービスのご案内についてはこちらをご覧ください。
有料会員の方は、下記をクリックして全文をご利用ください。





採用情報
J-marketingのトリセツ
会員登録のご案内
消費社会白書2021
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
マーケティングモニターのご案内
データでわかる辛口性格診断
facebook
page top

当サイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。一部の例外を除き、著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2021 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.