日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net

公開日:2018年06月21日

戦略200+・企業活動分析
日本電産株式会社
17年3月期は売上・利益ともに過去最高。家電用モーターが牽引
2017年3月期決算の総括

日本電産の2017年3月期の連結決算は売上高1兆1,993億円(前年度比1.8%増)、営業利益は1,403億円(同18.5%増)と、それぞれ過去最高となった。また、営業利益率は11.7%だった。現在はビジネスポートフォリオの転換を積極的に推進しており、その要である車載事業及び家電・商業・産業用事業の利益が増加したことが、過去最高益を記録したことの大きな要因のひとつである。来年度の業績も、車載用モータの売上拡大や、2017年2月に買収をしたエマソン社欧州事業の業績の寄与などにより増収増益が予想される。そして、中期戦略目標「Vision 2020」の目標値として、売上高2兆円と営業利益率15%を掲げている。これらを達成をするために、近年はM&Aを積極的に行っている。2014年には自動運転の技術集団であるホンダエレシスを買収し、先進的な技術を獲得するなど、長期的な視点に立ったうえでの買収を行ってきた。今後も車載事業、家電・商業・産業用事業の拡大を図るとともに、買収企業とのシナジーの実現を目指す。また、利益率を改善するために生産する上のIoT化、自動化をさらに加速させる必要がある。

企業活動分析レポートのダウンロードには有料の会員登録が必要です。
レポートでは企業の戦略や活動を当社独自のフレームに沿って時系列で整理しています。競合比較や業界分析などに幅広くご活用いただけます。

分析レポートのサンプルを見る

分析レポートのダウンロード


バックナンバー
戦略200+・企業活動分析 レポートイメージ
戦略200+・企業活動分析 レポートイメージ

企業活動分析 サンプルのご案内

当コンテンツの全体像をより具体的にイメージしていただけるように、掲載中の239社の中から1社を抜粋してサンプルとしてご用意いたしました。下記よりご利用下さい。


企業活動分析に関する基調論文


競合他社の業績と比較分析する


おすすめ新着記事

いつ行っても工事中!若者から大人の街へとシフトし始めた渋谷再開発の今を巡る! (前編)
いつ行っても工事中!若者から大人の街へとシフトし始めた渋谷再開発の今を巡る! (前編)

「フクラス」「スクランブルスクエア」「リバーストリート」など、新名所が続々登場している渋谷。これまで「スクランブル交差点」「センター街」が象徴するように若者の街として発展してきたこの街では、現在大規模な再開発プロジェクトが進行中。若者の「シブヤ」から大人の「渋谷」へと変化しつつある街の"今"を紹介します。

躍進「PayPay」、直近利用や増加率でトップに
躍進「PayPay」、直近利用や増加率でトップに

2019年のキャッシュレス決済比率は、26.8%で、2015年の18.2%から一貫して拡大している(経済産業省)。今回の調査結果では、数々のキャンペーンで話題を呼んだ「PayPay」が3ヶ月内利用や今後の利用意向などで大きく伸ばした半面、交通系のキャッシュレス決済は、外出自粛の影響などで伸び悩んだ。

2021年「消費社会白書」の中間総括 「きちんとした」私と「ヒトとの結縁」を守る価値へ転換 ―id消費へ
2021年「消費社会白書」の中間総括 「きちんとした」私と「ヒトとの結縁」を守る価値へ転換 ―id消費へ

新型コロナウイルス感染症の流行は、人々の価値観や消費行動を一変させた。 消費の基調変化は、「きちんと」した私への同調的な自律と、「薄れる」人との絆を取り返すという価値シフトである。消費トレンドは、「デジタル化」された消費を自分に合うように「アナログ化」する「アイデンティティ消費(id消費)」だ。



J-marketingをもっと活用するために
無料で読める豊富なコンテンツ プレミアム会員サービス 戦略ケースの教科書Online


コロナ経営危機を乗り越える!中堅ビジネス向け無料オンライン相談
会員登録のご案内
消費社会白書2020
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
マーケティングモニターのご案内
データでわかる辛口性格診断
page top

JMR生活総合研究所マーケティングサイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2020 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.