半歩先を読む日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net



マーケティング用語集
DID(人口集中地区)




DID(人口集中地区)とは

 DID(Densely Inhabited Districtの略)とは人口集中地区のことで、日本の国勢調査において設定される統計上の地区を意味します。市区町村の区域内で、人口密度が1平方キロメートルあたり4,000人以上の基本単位区が互いに隣接して人口が5,000人以上となる地区がこれに該当します。
 町村合併及び新市の創設による市町区域の拡大などにより、市部・郡部といった地域分類が必ずしも都市的地域と農村的地域の特質を明瞭に示さなくなった事情を考慮して、昭和35年国勢調査で初めて設定されました。


DIDの利用

 DIDは都市的地域と農村的地域の区分けや、狭義の都市としての市街地の規模を示す指標として使用されます。ただし、空港、港湾、工業地帯、公園など都市的傾向の強い基本単位区は人口密度が基準を下回る場合でも、当地区に含まれます。
 DIDに基づいた集計は、人口等の都市集中の実態を把握する場合や、市街地の形成の度合を示す基準として利用する場合などに行われており、都市計画、地域開発計画、交通計画、防犯・防災対策などで幅広く利用されています。


各地のDID

 全国の主な人口の都市集中について、2000年から2005年のDID人口密度(人/ km2)の変化をみると、全国では6,647.0から6,714.0(差67.0)となっています。地域別には、東京都区部では13,093.0から13,663.2(差570.2)、大阪市では11,766.2から 11,857.4(差91.2)、名古屋市では7,734.5から7,889.9(差155.4)となっています。関東周辺では、さいたま市で9,022.0から9,344.5(差322.5)、千葉市で6,769.8から7,022.9(差253.1)、横浜市で9,677.6から10,036.3(差358.7)となっており、関東とその周辺への人口集中が進んでいることがわかります。一方、東北や北陸の日本海沿岸県で人口密度の減少幅が大きくなっています。
 DIDは定義上、新たな地域が加わったり、それまでに含まれていた地域が消えたりすることで、その範囲が変化します。そのため、人口密度の変化を単純に捉えることはできませんが、これに達してない地域は、都市の機能や魅力が満たされていないと見ることができ、周辺への人口移動が発生し、都市の空洞化につながる恐れもあります。



参照コンテンツ


おすすめ新着記事

暮らしに寄り添う再開発計画 池袋はコロナ禍でも安心な「都市のリビング」
暮らしに寄り添う再開発計画 池袋はコロナ禍でも安心な「都市のリビング」

豊島区は「公園が街を変える!」というスローガンのもと、池袋周辺の四つの公園の整備を行ってきました。それが、まるでコロナ禍を予期していたかのように屋外を活かしたものになっているのです。今回は、そんな公園を中心とした再開発にスポットを当てた安心安全な街づくりに注目します。

「消滅可能性都市」から緑豊かな「国際アート・カルチャー都市」へ!池袋は今、魅力爆上がりタウンに大変身中!(前編)
「消滅可能性都市」から緑豊かな「国際アート・カルチャー都市」へ!池袋は今、魅力爆上がりタウンに大変身中!(前編)

何かとカオスでダークなイメージがつきまとう街、池袋。しかし2014年、豊島区が「消滅可能性都市」に選ばれたことをきっかけに、官民挙げての再開発プロジェクトが発足。今回は新たに「まち全体が舞台の誰もが主役になれる劇場都市」へと生まれ変わった池袋を訪ねました。

強い「チョコレート効果」、リピート意向高い機能訴求商品
強い「チョコレート効果」、リピート意向高い機能訴求商品

2020年はコロナ禍の巣ごもり消費でチョコレートの需要が伸びた。今回の調査では、前回同様に「チョコレート効果」(明治)が複数項目で首位を獲得、強さを見せつけた。チョコレートの一大需要期であるバレンタイン商戦も、今年はステイホームやECへのシフトなどで大きく様変わりする可能性が高い。生活環境が大きく変化する中での競争の行方が注目される。



J-marketingをもっと活用するために
無料で読める豊富なコンテンツ プレミアム会員サービス 戦略ケースの教科書Online


マーケティング用語集

採用情報
会員登録のご案内
消費社会白書2021
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
マーケティングモニターのご案内
データでわかる辛口性格診断
facebook
page top

当サイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。一部の例外を除き、著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2021 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.