半歩先を読む日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net

マーケティング用語集
SPA(製造小売業)


SPA(製造小売業)とは

 SPAとは、アメリカの衣料品小売大手GAPのドナルド・フィッシャー会長が1986年に発表した「Specialty store retailer of Private label Apparel」の頭文字を組み合わせた造語で、製造から小売までを統合した最も垂直統合度の高い販売業態です。

 90年代に入ってその概念も広くなり、現在では素材調達、企画、開発、製造、物流、販売、在庫管理、店舗企画などすべての工程をひとつの流れとしてとらえ、サプライチェーン全体のムダ、ロスを極小化するビジネスモデルと定義されます。


図表


SPAのメリット・デメリット

 メリットは、

  1. 自店の顧客ニーズを的確にキャッチできる
  2. リーズナブルな価格で製造できる
  3. 情報ネットワークを駆使し、売れ行きをチェックし、変化に早期に対応できる
などです。

 一方、デメリットとしては、

  1. 自らの企画、生産であるため、リスクが大きい
  2. 顧客リサーチから企画に仕上げる手間がかかる
  3. 工場管理から店頭オペレーションまで幅広いノウハウが必要である
などが挙げられます。


SPAの実践企業

 「仮説→修正→検証」の繰り返しによる商品作りと、クイックレスポンス体制によって、企画から店頭販売の期間を4ヶ月に短縮化することに成功したワールド(戦略ケース「株式会社ワールド-SPAを制するものはアパレル業界を制す!!ワールドのあくなき挑戦(2001年)」参照)、また部品原料は東レや大手の化学繊維メーカーに任せ、出荷物流もサードパーティを活用、自分たちはマーケティングと企画だけを行い、卸機能と小売に集中して成功したユニクロなどは、独自の仕組み構築によってこのデメリットを克服して成功しているケースです

 従来、日本で採用されてきたSPAビジネスモデルは小売業者が製造、企画を担当するものでした。なぜなら、小売業者の方がPOS分析や購入者分析、店舗開発など「販売」のノウハウを多く所有しており、効率的にSPAモデルを推進できるからです。「ユニクロ」(戦略200+ 企業活動分析「ファーストリテイリング(ユニクロ)」参照)「良品計画」などは、小売業が起点となっている日本のSPA企業の代表です。

 アパレル企業でのSPA導入企業は「ファイブフォックス」「サンエー・インターナショナル」「ワールド」などがあり、今やSPAでないと成功しないというのがアパレル業界の常識となりつつあります。

 さらに2008-09年頃から、流行を捉えた商品をいち早く店頭展開するスピードと「衣料版トヨタ生産方式」と称される在庫調整で売り切る柔軟性をもった「SPA第2世代」と言われるスウェーデンのH&M、米国のフォーエバー21やZARAを展開するスペインのインディテックスグループも日本に上陸、ファストファッションブランド競争を繰り広げています(戦略ケース「外資の第2世代SPA迎撃に備えるファーストリテイリング「ユニクロ」(2008年)」戦略ケース「最後の黒船、第2世代SPA「H&M」が銀座に日本初出店(2008年)」参照)。

 また、SPAモデルへの転換により、価格と質にこだわったオリジナル商品の開発を強化したベビー・子供服の西松屋チェーン(戦略ケース「SPAモデルへの転換により更なる成長を図る西松屋チェーン(2015年)」参照)も、成熟市場にあって業績を伸ばしている企業です。


参照コンテンツ


おすすめ新着記事

都心主要ラグジュアリーホテルのリバイバル戦略と行動直結プロモーション
都心主要ラグジュアリーホテルのリバイバル戦略と行動直結プロモーション

シティホテルの9月の客室稼働率は34.5%(前年同月差-44.8%)と、コロナ前と比べると危機的だ。固定費を圧縮し、助成金などの借り入れで延命するしかない。日本のような支援のないニューヨークでは、ホテルの20%が閉業し、2025年までの回復は難しいと言われている。まさに、業界は「産業衰退死」の段階を迎えている。

錦糸町 千葉県民が支える大人の桃源郷は、いま大注目の消費王国
錦糸町 千葉県民が支える大人の桃源郷は、いま大注目の消費王国

錦糸町といえば、都内屈指の歓楽街。場外馬券場や風俗店などディープなイメージのこの街が、いま若者の人気を集めている。理由のひとつが、JR総武線によるアクセスの良さ。千葉県民の東京デビューの"関所"としても知られ、コロナ禍もあいまって千葉の若者で溢れかえっているのだ。再開発も進み、人口増加中の錦糸町は、エリアマーケティングを行う上でも重要なエリアとなっている。

本当?日本人の魚離れ 8割以上が「魚を食べたい」
本当?日本人の魚離れ 8割以上が「魚を食べたい」

水産庁の「水産白書」によると、国民1人当たりの魚介類消費量は2001年をピークに減少している。魚離れともいわれる昨今、魚が実際にどのように食べられているのか調査を行った。全体として魚を食べる頻度はやや減ってはいるものの、今後の魚食意向については8割の人が「食べたい」と答えいることからも、潜在的支持基盤は大きいと考えられる。本調査ではこのほか、年代や食意識、魚食意向といった属性別に調理頻度や食べる理由、食べない理由などを深堀りしていく。



J-marketingをもっと活用するために
無料で読める豊富なコンテンツ プレミアム会員サービス 戦略ケースの教科書Online


マーケティング用語集

採用情報
J-marketingのトリセツ
会員登録のご案内
消費社会白書2021
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
マーケティングモニターのご案内
データでわかる辛口性格診断
facebook
page top

当サイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。一部の例外を除き、著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2021 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.