日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net



マーケティング用語集
大都市商圏の戦略




1.大都市商圏

 大都市商圏の特徴として

  • 需要規模が巨大であり、大規模な顧客が多数存在していること、
  • 市場変化のスピードが速いこと、
  • また顧客の情報量も多く、要求水準も高いこと、
  • さらに全国への波及効果を持つこと、
  • 従って、当然ながら競争環境も激しいこと

が言えます。特に首都圏を中心とした大都市商圏に対しては、販売活動、市場管理、組織などそのあり方が一般市場とは大きく変えねばならないとされます。


2.大都市商圏の戦略ポイント

  • きめ細かさ、緻密さ
    大都市商圏ではひとつひとつの得意先の規模が大きく、その密度も高いものがあります。組織もマトリックス型を工夫したり、きめ細かな施策と配慮が必要とされます。
  • 一貫・完結対応
    大都市では得意先の要求水準も高くなり、得意先に合わせた商品化、多頻度少量型の物流対応など販売活動だけでなく、トータルな施策対応がさらに問われます。販売だけでなく、販促、物流対応、開発など企業として総合的に対応していく必要があります。
  • 市場の統合戦略と管理
    大都市ではメーカーや問屋の得意先における帳合や取引関係も複雑です。しかも変化が早いため、市場をトータルに把握し統一的な戦略管理を進めることが欠かせません。

 具体的には、首都圏なら首都圏といったその大都市圏トータルの戦略構築が必要なこと。需要構造、および得意先構造、流通構造、さらに競争関係上の自社のポジショニングなどを構造的にとらえておくことがポイントです。さらにこの戦略にもとづき、戦略の推進管理もたとえば「戦略会議」として組織的に進めていく必要があります。メンバーは各機能関与者が参画し、変化に対応した迅速な施策決定と調整を進めます。



参照コンテンツ


おすすめ新着記事

「食と生活」のマンスリー・ニュースレター<br>在宅時間の増加で増えるおうちカフェこだわり派
「食と生活」のマンスリー・ニュースレター
在宅時間の増加で増えるおうちカフェこだわり派

在宅勤務や外出自粛で自宅で過ごす時間が増える中、コーヒーやお茶の飲み方にも"ある変化"が起きている。今回は在宅時間の増加に着目して、コロナ前後でのコーヒーや日本茶の飲み方の変化を探った。その結果、在宅勤務をしている人ほど豆から挽いたコーヒーや茶葉から淹れた日本茶の飲用が増えていることがわかった。コロナ禍で、手間ひまかけて丁寧にコーヒーやお茶を淹れることにより、おうち時間を大切に過ごしたいという意識が垣間見える。

消費者調査データ 日焼け止め<br>盤石「ビオレUV」、ロングセラーひしめく上位に定着する「スキントーンアクア」
消費者調査データ 日焼け止め
盤石「ビオレUV」、ロングセラーひしめく上位に定着する「スキントーンアクア」

今回の調査では複数項目で「ビオレUV」が首位を獲得した。一方「スキントーンアクア」が再購入意向で首位など、ロングセラーひしめく上位で存在感を増している。10年連続で拡大してきたサンケア市場だが、今年は新型コロナウイルスの影響でインバウンド需要が激減。需要最盛期を前に先行き不透明感が続いている。

企画に使えるデータ・事実 成長市場を探せ ベーコン(2020年版)
企画に使えるデータ・事実 成長市場を探せ ベーコン(2020年版)

ベーコンは、伸び率こそ低いものの、生産量は9年連続で拡大している。肉ブームや食の簡便化志向による加工品の伸びにつられる形でのゆるやかな拡大だ。新型コロナウイルスの影響で巣ごもり消費が拡大している。手軽に使えて、精肉よりも保存期限が長く、麺類や加工食品のトッピングなどにも合わせやすいベーコンも、拡大の可能性は高い。






マーケティング用語集

【ポップアップ広告】モニター登録
会員登録のご案内
消費社会白書2020
研修テキストに使える!コンテンツパッケージ販売のご案内
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
マーケティングモニターのご案内
データでわかる辛口性格診断
page top

JMR生活総合研究所マーケティングサイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2020 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.