日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net



マーケティング用語集
フリーミアム




フリーミアムとは

 フリーミアム(Freemium)とは、基本的なサービスを無料(フリー、無料)で提供し、さらに高度な機能や特別な機能について有償で提供する(Premium、割増)ビジネスモデルを指す造語です。「商品やサービスの一部を無料で提供する」という概念は古典的なものですが、いわゆるWeb2.0以降のネットサービスと親和性が高いことや、現在強まっている節約志向にもマッチするため注目が高まっています。
 このビジネスモデルの考え方は、2006年にベンチャー投資家のフレッド・ウィルソンにより以下のように提唱されています。
 サービスを無料で提供し、場合によっては広告収入で支え、口コミ、紹介ネットワーク、有機的な検索マーケティングなどで非常に効率的に多数の顧客を獲得し、そして、顧客基盤に対して付加価値サービスや強化版サービスを割増価格で提供することです。
 フリーミアムの手法では、無料のサービスまたは商品で大量の集客を果たし、その上で、追加のサービスや商品の購入へ誘導することで、無料のサービスの経費を補完し、利益を確保することになりますが、そのためには

  • 無料のサービス自体が魅力的で、利用や導入がしやすいこと
  • 有料と無料の境目が明確で有料のサービスの優位性がはっきりしていること

などが必要です。
 また、フリーミアムでサービスや商品を提供する場合、何パーセントの顧客が有料のサービスや商品を購入してくれるようにするか、事前にきちんと予測を立てる必要があります。このように提供された有料サービスに対する無料サービスの比率をフリーミアム・レートといいます。


フリーミアムの例

 フリーミアムは、インターネット上で提供されるサービスに多くみられます。
フリーミアムの主な有料サービスには以下のようなものがあります。

  • 機能強化・機能追加
    フリーミアムの主要な手法で、インターネット電話サービスのスカイプは、ネット同士での通話は無料、固定電話との接続について有料で提供しています。また、フリーのソフトウェアなどでも、拡張機能を有料で提供するものもあります。
  • サーバのディスク容量の追加
    Yahoo!フォトなどの写真共有サービスやオンラインストレージサービス(ネット上にデータを保存できるようにするサービス)では、一定のスペースまでは無料で提供し、それを上回る利用を希望する場合は有料で提供しています。
  • 広告の非表示
    無料のブログやホームページなどに表示される広告を、有料版では非表示にするなどです。サイバーエージェントのブログサービスや、Yahoo!ジオシティーズのホームページ提供サービスなどが該当します。
  • バリエーションの追加
    オンラインゲームによくみられる手法で、ゲームへの参加と基本的なアイテムは無料で提供し、ゲーム内で有用なアイテムなどを有料で提供するなどがみられます。
  • サービスの優先提供
    混雑時に専用回線を使うことで、繋がりにくくなったり、接続の質が低下したりしないようにします。ニコニコ動画などが採用しています。

 フリーミアムの採用は、インターネット上だけに限りません。
 マクドナルドは2009年7月から、一部の時間帯に無料でコーヒーを提供し、集客増に成功しましたが、これも無料のコーヒー以外に有料の商品を購入してもらうことを目的としたフリーミアム戦略の成功例といえるでしょう。



参照コンテンツ


おすすめ新着記事

消費者調査データ<br>2018年、印象に残ったもの
消費者調査データ
2018年、印象に残ったもの

毎年恒例、2018年はどんな一年だったのか。地震や豪雨、台風などの自然災害、安室奈美恵の引退、大谷翔平や大坂なおみの活躍――。今年起こった出来事や人物、歌、商品などから、印象に残ったものを当社モニターに聞いた結果をランキング形式で発表!

消費者調査データ<br>スナック菓子<br>カルビーの王座揺るがず。PBは再購入意向で上位に
消費者調査データ
スナック菓子
カルビーの王座揺るがず。PBは再購入意向で上位に

成長基調にあるスナック菓子市場。今回の調査では、前回までと同様に「ポテトチップス」(カルビー)が全項目で首位を獲得。再購入意向を除く6項目で「かっぱえびせん」「じゃがりこ」が2位、3位を占め、カルビーが強さを見せつけた。一方再購入意向では「セブンプレミアム」や「ローソンセレクト」といったコンビニPBが上位に食い込んでおり、今後NBとPBの間での激しい競争が予想される。

消費者調査データ<br>シャンプー<br>人気のモイストダイアン、ボタニカルは新たな定番に定着できるか
消費者調査データ
シャンプー
人気のモイストダイアン、ボタニカルは新たな定番に定着できるか

2017年のシャンプー市場は横ばいまたは微増とみられている。今回の調査では、過去2回の調査と同様、「ラックス」「パンテーン」「メリット」の3ブランドが上位を占めた。一方で再購入意向では男性向けの「サクセス薬用シャンプー」、オーガニックやボタニカルをうたう「モイストダイアン」「ボタニカルシャンプー」など、はっきりと特徴を打ち出した商品が上位にランクインした。商品の入れ替わりが激しい市場で、これらが定番となれるかに注目したい。






マーケティング用語集

【ポップアップ広告】モニター登録
マーケティングモニターのご案内
データでわかる辛口性格診断
会員登録のご案内
消費社会白書2019
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
page top

JMR生活総合研究所マーケティングサイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2018 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.