日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net

マーケティング用語集
フリーミアム
フリーミアムとは

 フリーミアム(Freemium)とは、基本的なサービスを無料(フリー、無料)で提供し、さらに高度な機能や特別な機能について有償で提供する(Premium、割増)ビジネスモデルを指す造語です。「商品やサービスの一部を無料で提供する」という概念は古典的なものですが、いわゆるWeb2.0以降のネットサービスと親和性が高いことや、現在強まっている節約志向にもマッチするため注目が高まっています。

 このビジネスモデルの考え方は、2006年にベンチャー投資家のフレッド・ウィルソンにより以下のように提唱されています。

 サービスを無料で提供し、場合によっては広告収入で支え、口コミ、紹介ネットワーク、有機的な検索マーケティングなどで非常に効率的に多数の顧客を獲得し、そして、顧客基盤に対して付加価値サービスや強化版サービスを割増価格で提供することです。

 フリーミアムの手法では、無料のサービスまたは商品で大量の集客を果たし、その上で、追加のサービスや商品の購入へ誘導することで、無料のサービスの経費を補完し、利益を確保することになりますが、そのためには

  • 無料のサービス自体が魅力的で、利用や導入がしやすいこと
  • 有料と無料の境目が明確で有料のサービスの優位性がはっきりしていること

などが必要です。

 また、フリーミアムでサービスや商品を提供する場合、何パーセントの顧客が有料のサービスや商品を購入してくれるようにするか、事前にきちんと予測を立てる必要があります。このように提供された有料サービスに対する無料サービスの比率をフリーミアム・レートといいます。


フリーミアムの例

 フリーミアムは、インターネット上で提供されるサービスに多くみられます。
フリーミアムの主な有料サービスには以下のようなものがあります。

  • 機能強化・機能追加
    フリーミアムの主要な手法で、インターネット電話サービスのスカイプは、ネット同士での通話は無料、固定電話との接続について有料で提供しています。また、フリーのソフトウェアなどでも、拡張機能を有料で提供するものもあります。
  • サーバのディスク容量の追加
    Yahoo!フォトなどの写真共有サービスやオンラインストレージサービス(ネット上にデータを保存できるようにするサービス)では、一定のスペースまでは無料で提供し、それを上回る利用を希望する場合は有料で提供しています。
  • 広告の非表示
    無料のブログやホームページなどに表示される広告を、有料版では非表示にするなどです。サイバーエージェントのブログサービスや、Yahoo!ジオシティーズのホームページ提供サービスなどが該当します。
  • バリエーションの追加
    オンラインゲームによくみられる手法で、ゲームへの参加と基本的なアイテムは無料で提供し、ゲーム内で有用なアイテムなどを有料で提供するなどがみられます。
  • サービスの優先提供
    混雑時に専用回線を使うことで、繋がりにくくなったり、接続の質が低下したりしないようにします。ニコニコ動画などが採用しています。

 フリーミアムの採用は、インターネット上だけに限りません。

 マクドナルドは2009年7月から、一部の時間帯に無料でコーヒーを提供し、集客増に成功しましたが、これも無料のコーヒー以外に有料の商品を購入してもらうことを目的としたフリーミアム戦略の成功例といえるでしょう。



参照コンテンツ


おすすめ新着記事

マスク生活で熱中症危険度は高止まり?注目集まる「塩」入り飲料
マスク生活で熱中症危険度は高止まり?注目集まる「塩」入り飲料

今年上期の清涼飲料市場は、外出自粛などの影響を受け前年比10%程度のマイナスとなった。6月以降は回復の兆しがみられ、特に8月は東京都心の猛暑日が1875年の統計開始以来最多を記録するなど、マスク着用とあいまって例年以上に熱中症リスクが増加。メーカー各社も熱中症対策の周知に注力している。(2020.09.16)

新製品投入やフルーツティーなどで伸びる紅茶飲料、コロナ禍でも好調
新製品投入やフルーツティーなどで伸びる紅茶飲料、コロナ禍でも好調

2010年をピークに2015年までダウントレンドにあった2紅茶飲料の生産量は、2016年に反転。2019年は119万8,600Kℓで、4年連続の拡大、過去最高を記録した。今年4、5月は新型コロナウイルス感染拡大による外出自粛で、ペットボトル飲料は全体として低迷したが、紅茶飲料の市場は、トレンドのフルーツティーの新製品やリニューアルで活気をみせている。

伸びる地域ブランド農産物 拡がる購入チャネル
伸びる地域ブランド農産物 拡がる購入チャネル

直売所だけでなく、ネットでの取り扱いの増加などで、地域ブランドの農産物を目にする機会が増えてきている。実際に今回の調査でも、全体の半数を超える人が、最近1年以内に地域ブランド農産物を購入したことがあると答えた。今後の購入意向も高く、多少高くても買いたいと考える人も多い。新型コロナウイルスの感染拡大を受け、ネットチャネルでの購入も増加。加えて消費者の食・健康意識の高まりを背景に、今後も成長余地は大きいとみられる。






マーケティング用語集

【ポップアップ広告】モニター登録
コロナ経営危機を乗り越える!中堅ビジネス向け無料オンライン相談
会員登録のご案内
消費社会白書2020
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
マーケティングモニターのご案内
データでわかる辛口性格診断
page top

JMR生活総合研究所マーケティングサイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2020 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.