半歩先を読む日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net

マーケティング用語集
富裕層
富裕層とは

 富裕層の捉え方はさまざまですが、統計的に確認できるものとしては、高額納税者として捉えられる「納税額が1,000万円以上で、世帯推定年収が3,500万円以上」の層だといえます。

 この層を富裕層とすると、2004年度の国税庁「全国高額納税者名簿」によれば、富裕層は全国で7万5,293人となります。富裕層の分布を47都道府県で見ると、東京が圧倒的に多く、次いで神奈川、大阪、愛知、埼玉の順で多くなっており、この5都府県で60%を占めています。最も富裕層が多い東京の中ではどうかというと、現在高額納税者が最も多く居住するのは、「六本木ヒルズ」のある六本木六丁目と「元麻布ヒルズ」のある「元麻布二丁目」の2エリアです。このエリアに東京郊外や地方から「富裕層」が集中するようになったのはここ数年の出来事です。


マーケティングにおける富裕層

 「格差社会」という言葉が頻繁に用いられるようになり、「中間層」が減少し「下層」と「富裕層」が拡大していると言われています。「富裕層」の60%が上位5都府県に集中していることからもわかるように、地域の経済格差が特定地域への人口移動と「富裕層」の増大を生んでいます。全国的に見れば地方から東京への人口移動、地方では人口30万人以上の都市への人口移動が起こっています。こうして都市の経済は活性化しますが、地方や郊外が衰退していきます。東京内でも地域格差が生まれています。こうした変化や移動の先駆けとなっているのが「富裕層」です。

 富裕層は流行や情報に敏感に反応するという特徴があります。海外の高級ブランドが相次いで新規出店をし、トヨタの高級車レクサスが発売当時話題になるなど、「富裕層ビジネス」がもてはやされたのは記憶に新しいところです。

 しかし、富裕層は日本の人口全体でみれば1%にも満たず、一般的消費財マーケティングのターゲットにはなりにくいといえます。



参照コンテンツ


おすすめ新着記事

星野リゾート進出が変えた「豊島区大塚」 ―官民連携で地域活性化の好事例
星野リゾート進出が変えた「豊島区大塚」 ―官民連携で地域活性化の好事例

都心再開発の多くが完工する2030年頃にかけて、人の流れが大きく変化します。「豊島区大塚」もそのひとつで、官民一体の街づくりによって新たな観光スポットに生まれ変わりました。そもそも大塚といえば、良く言えば下町レトロ、、悪く言えばちょっといかがわしい街のイメージ。それが、2018年の星野リゾート進出によって一変しました。エリアマーケティングでは、大塚のような官民一体型の地域活性策も重要になってくるでしょう。

コロナ下でも強い「ビオレUV」、再購入意向は「スキンアクア」
コロナ下でも強い「ビオレUV」、再購入意向は「スキンアクア」

2年連続で大幅縮小したサンケア市場。今年は、コロナ禍での規制緩和により外出機運も高まっており、再成長が期待されている。今回の調査も、過去同様「ビオレUV」が6項目で首位を獲得、盤石の強さをみせた。唯一首位を譲ったのが再購入意向で、「スキンアクア」が87%と圧倒的支持を獲得。各社も花粉ブロックやホワイトニングなど付加価値製品を投入しており、夏を目前にあつい戦いが予想される。

強さにかげりなし「スーパードライ」、家飲み対応「生ジョッキ缶」「スプリングバレー」も好調
強さにかげりなし「スーパードライ」、家飲み対応「生ジョッキ缶」「スプリングバレー」も好調

ビール市場は17年連続のマイナスと推計される。今回の調査では、全項目で「スーパードライ」が首位を獲得。続くのは「一番搾り」などの定番商品だが、注目は「スーパードライ 生ジョッキ缶」「スプリングバレー」だ。ともにコロナ下の家飲み需要に特化した商品で、業界の新しい動きとして期待が集まっている。



J-marketingをもっと活用するために
無料で読める豊富なコンテンツ プレミアム会員サービス 戦略ケースの教科書Online


マーケティング用語集

採用情報
J-marketingのトリセツ
会員登録のご案内
消費社会白書2022
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
データでわかる辛口性格診断
facebook
page top

当サイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。一部の例外を除き、著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2022 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.