半歩先を読む日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net


「消費社会白書2017」セット割引も開始いたしました!

消費社会白書2018
顧客接点のメルティングとアイデンティティ消費
ご案内ページ
顧客接点のメルティングとアイデンティティ消費代表取締役社長 松田久一

 1991年の地価をピークとするバブル崩壊から約27年、日本経済は低成長を続けてきました。この間、消費は経済成長にまったく寄与しませんでした。2013年の安倍政権誕生後に、異次元金融緩和による円安、輸出企業の株高、地価の上昇などによって、資産効果による消費浮上が一部に見られました。しかし、2014年の消費税増税で、再び消費低迷に陥りました。増税から約3年、世界経済の回復、円安による企業収益の回復、雇用増加、賃金上昇、官製バブルの継続による資産効果で、マクロにみれば消費は堅調に推移し、巡航軌道に乗ったようです。

 この白書では、主に五つのファインディングが柱になっています。

  • 世代交代による価値意識と社会ネットワーク関係の変化
  • 消費を牽引している三層の分析
  • 購買行動のネット化の進展による「円環的循環化」
  • 現代の消費欲望についてのファクツ
  • 小売「業態」の分析

 2018年のマーケティング戦略の立案に役立つヒントが、たくさんあると自負しています。

――「消費社会白書2018」のポイント(MNEXT)より抜粋


 毎年発刊している「消費社会白書」最新刊の発刊が近づいてまいりました!発刊以来15年間の知見とデータから「今」を鋭く分析し、「半歩先」を提案。中長期だけでなく、短期のマーケティング戦略を構築するための基本データが満載!
 本書が皆様のお役に立てれば幸いです。


消費社会白書2018 「顧客接点のメルティングとアイデンティティ消費」
構成
 第1章 世界と日本についての見方-近代的価値の揺らぎと階層意識
 第2章 情報ネットワークと社会関係の世代断裂
 第3章 「昭和的価値意識」の転換と「アインデンティティ」志向
 第4章 消費回復を支える「自己ブランディング」と世代交代
 第5章 家族団らんから「ひとり最適化」が進む食生活
 第6章 情報化がもたらす買い物行動の「メルティング」
 第7章 消える業態垣根とロングテール化する小売業
 第8章 リスク資産運用を迫られる預貯金偏重の資産選択行動

 構成詳細はこちら(PDF)
 発行:2017年11月 版形:A4版カラー
 定価:10,000円(税込み)


会員サービスとのセットもご利用ください。

●「消費社会白書2018」+プレミアム会員(個人)年会費セット
  「消費社会白書2018 顧客接点のメルティングとアイデンティティ消費(10,000円)」
    +J-marketing.netプレミアム会員(個人)年会費(10,000円)
  合計 20,000円 → 合計 15,000円(セット割引 25%OFF)でご提供

※会員サービスについてはこちらから詳細をご覧ください。
※「プレミアム会員年会費セット」は、お申し込み後、
 プレミアム会員資格期間の開始まで1~2営業日程度頂戴する場合がございます。
※「プレミアム会員年会費セット」は、個人でご登録の方を対象とさせていただいております。
※「消費社会白書2018」は発刊後1~2営業日程度で発送いたします。

※PDF版のご購入について
PDF版は、プレミアム会員サービスセットのみのご提供です。
プレミアム会員ご登録完了メールに記載のURLよりダウンロードをご利用下さい。
ご登録完了まで1~2営業日程度頂戴する場合がございますが、予めご了承下さい。

 

お知らせ

2024.03.25

当社合田執筆の「猛スピードのクルマはいらない」 これからの高齢化社会に必要な“まちづくり”とは何か? そのヒントは欧米になかった!」がメルクマールに掲載されました。

新着記事

2024.06.21

消費者調査データ ビール系飲料(2024年6月版) 首位「スーパードライ」、キリンの新ビール「晴れ風」にも注目

2024.06.20

24年4月の「広告売上高」は、5ヶ月連続のマイナス

2024.06.19

「食と生活」のマンスリー・ニュースレター 縮小する野菜ジュース市場 値上げ下でブランド継続は4割

2024.06.18

24年4月の「商業動態統計調査」はふたたびプラスに

2024.06.17

企業活動分析 資生堂の23年12月期は国内欧米好調も中国等減少で減収減益

2024.06.17

企業活動分析 花王の23年12月期は、構造改革費用等計上で減収減益に

2024.06.14

成長市場を探せ コロナ禍の「癒し」契機に急拡大するフレグランス(2024年)

2024.06.13

24年4月の「消費支出」は2ヶ月連続のプラス

2024.06.12

24年4月の「家計収入」は19ヶ月連続のマイナス

2024.06.11

24年5月の「景気の現状判断」は3ヶ月連続で50ポイント割れに

2024.06.11

24年5月の「景気の先行き判断」は2ヶ月連続で50ポイント割れに

2024.06.10

企業活動分析 ロレアル(L'Oreal S.A.)23年12月期は増収増益、過去最高を記録

週間アクセスランキング

1位 2021.05.25

MNEXT 眼のつけどころ プロ・マーケティングの組み立て方 都心高級ホテル競争 「アマン」VS.「リッツ」(1)

2位 2024.03.13

戦略ケース なぜマクドナルドは値上げしても過去最高売上を更新できたのか

3位 2017.09.19

MNEXT 眼のつけどころ なぜ日本の若者はインスタに走り、世界の若者はタトゥーを入れるのか?

4位 2013.04.16

戦略ケース 勝者なきセルフ式コーヒーチェーン店の競争

5位 2022.03.11

女性が生み出す6.9兆円の市場―アフタヌーンティーは都心高級ホテルを救えるのか 第1回

パブリシティ

2023.10.23

週刊トラベルジャーナル2023年10月23日号に、当社代表取締役社長 松田の執筆記事「ラーケーションへの視点 旅の価値問い直す大事な切り口」が掲載されました。

2023.08.07

日経MJ「CM裏表」に、当社代表取締役社長 松田の執筆記事が掲載されました。サントリー ザ・プレミアム・モルツ「すず登場」篇をとりあげています。

ENGLISH ARTICLES

2023.04.17

More than 40% of convenience store customers purchase desserts. Stores trying to entice shoppers to buy desserts while they're shopping.

2023.02.22

40% of men in their 20s are interested in skincare! Men's beauty expanding with awareness approaching that of women

2022.11.14

Frozen Foods' Benefits Are Expanding, and Child-raising Women Are Driving Demand

2022.09.12

The Penetration of Premium Beer, and a Polarization of the Growing Beer Market

2022.06.20

6.9 Trillion Yen Market Created By Women― Will Afternoon Tea save the luxury hotels in the Tokyo Metropolitan Area