半歩先を読む日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net


(2017.04)

「食」のマンスリー・ニュースレター 第83号
気持ちは込めたいけど、手間はかけたくない~調理のジレンマ~



JMR生活総合研究所では、めまぐるしく変化する「食」の今を切り取り、「ニュースレター」として整理したPDFファイルのご提供を行っています。
これは、
  • 「食」に関する弊社オリジナル調査の結果と、
  • 主要紙誌の「食」関連の掲載記事から見えてくる「食」のトレンドを整理したヘッドラインクリップ
の二部で構成し、お届けするものです。
本コンテンツの全文は、有料会員サービスでの公開となっております。
ご利用には有料の会員登録が必要です。
ご登録済みの方は、こちらから全文をご利用ください。
有料会員のご登録はこちらをご覧ください。


「食」のマンスリー・ニュースレター 第83号は、
  1. オリジナル調査結果 気持ちは込めたいけど、手間はかけたくない~調理のジレンマ~
  2. 業界クリップ - 2017年1-2月の動向
の2部構成でお届けします。


1.夕食のおかずを用意するのにかかるステップは平均9.07ステップ(本文抜粋)
レポートイメージ

 コンビニでのチルド弁当やカット野菜、料理キット、冷凍食品などが広まり、家庭内の調理が変化している。では、人々はどのくらい手をかけているのか。今回は夕食の用意にかけている手間数(ステップ数)について調査した。
 平日の夕食を自身で用意している人は70.6%であった。次に、主食とおかずではどれくらいの調理ステップ数をかけているか聞いたところ、主食で平均2.25ステップ、おかずで9.07ステップであることがわかった。


* オリジナル調査結果の分析 構成(全4頁)
  1. 夕食のおかずを用意するのにかかるステップは平均9.07ステップ
  2. 女性の夕食ステップ数の差は「共働き/専業主婦」ではなく、「ライフステージ」が影響
  3. 夕食に手間をかける人の情報源はレシピサイト
  4. 調理ステップも調理時間も減らしたい

* 業界クリップ 2017年1-2月(全7頁)

  1. 消費者の動き        【バレンタインの消費動向】
  2. 売れている食品・メニュー  【レトルトカレーの人気】
  3. 東京市場          【バレンタイン向け限定メニューの登場】
  4. 地産地消          【給食の地産地消の課題】
  5. 食品企業の経営       【12月期の業績】
  6. 製品開発          【定番にプラスアルファの価値】
  7. 価格政策          【和牛の代替ブランド「アンガス牛」】
  8. プロモーション       【「プレミアムフライデー」への対応】
  9. チャネル政策・チャネル動向 【人手不足への対応】
  10. ヘッドラインクリップ    2017年1-2月の動向



バックナンバー

  • 【第81号】 変わるバレンタインデー ~"恋する日"から"感謝の日"へ
  • 【第80号】 多彩な元日の食事~世代交代で進むおせち離れ

  • おすすめ新着記事

    「東京エディション虎ノ門」日本上陸!マリオットの最高級ホテルは富裕層の心を掴むか
    「東京エディション虎ノ門」日本上陸!マリオットの最高級ホテルは富裕層の心を掴むか

    東京五輪に向けて都心での開業ラッシュが続くホテル。そのほとんどがラグジュアリー向けです。トレンドは、宿泊だけでなく、食べる、遊ぶ、集うなどをトータルに提案するライフスタイル型ホテルです。今回は、富裕層向けの中でもハイエンドに位置する「東京エディション虎ノ門」を訪れました。NYのナイトクラブを源泉とするこのブランドの独特なコンセプトと、実際に滞在して感じた空気をお伝えします。

    首位争いは「オールフリー」「ドライゼロ」、再購入意向は健康系商品
    首位争いは「オールフリー」「ドライゼロ」、再購入意向は健康系商品

    2020年のノンアルコール飲料市場は、前年比1%増の2,266万ケースと7年連続で堅実な成長を続けている。コロナ下で飲食店での酒類提供が制限され、代替としても注目を集めるノンアルコール飲料。さらに健康志向の強まりも存在感を後押ししている。今まではノンアルコール飲料といえばビールテイスト飲料がその8割以上をビールテイストが占めていたが、昨今はバラエティ化の動きがみられる。認知や購入ではサントリーの「オールフリー」とアサヒビールの「アサヒ ドライゼロ」が首位争いを繰り広げたが、再購入意向では、別の傾向がみられる。

    コロナ禍で存在感放つプレミアム系ビール
    コロナ禍で存在感放つプレミアム系ビール

    コロナ禍で飲食店での酒類提供が制限されるなど、ビール各社にとって苦しい状況が続いている。その一方、宅内需要取り込みのための競争も激化している。今回の調査では、外での飲酒が減った人が、宅内での飲酒を増やしていることがわかった。中でも、伸びているのが「プレモル」「エビス」などのプレミアム系だ。



    J-marketingをもっと活用するために
    無料で読める豊富なコンテンツ プレミアム会員サービス 戦略ケースの教科書Online


    採用情報
    J-marketingのトリセツ
    会員登録のご案内
    消費社会白書2021
    「戦略200+」比較分析ツールのご案内
    マーケティングモニターのご案内
    データでわかる辛口性格診断
    facebook
    page top

    当サイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。一部の例外を除き、著作権はJMR生活総合研究所に属します。

    Copyright (c) 1997-2021 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.