日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net

消費者調査データ 番外編 平成の31年間で印象に残ったもの
東日本大震災、阪神淡路大震災、地下鉄サリン事件......深く残る平成の記憶





本コンテンツのグラフは無料会員サービスでのご提供となっております。
ご利用には無料の会員登録が必要です。
ご登録済みの方は、こちらから全文をご利用ください。
会員のご登録はこちらをご覧ください。



 31年にわたった平成も、残り3ヶ月を切った。平成とは、どんな時代だったのか。消費者調査データの番外編として、当社インターネットモニターに、平成の31年間に起った主な出来事49件から「印象に残ったもの」を上位3位まで選んでもらった。まずは、10%以上を獲得したものを挙げる。

  1. 東日本大震災(平成23年)60.2%
  2. 阪神・淡路大震災(平成7年)42.3%
  3. 地下鉄サリン事件(平成7年)34.9%
  4. アメリカ同時多発テロ事件(平成13年)19.2%
  5. ベルリンの壁崩壊(平成元年)13.0%

 この他にも10位以内には「バブル崩壊(平成9年)」や「酒鬼薔薇事件(平成9年)」が入っており、災害や事件の印象が深く刻まれていることがうかがえる。



§1位は6割が挙げた「東日本大震災」

 印象に残った出来事の首位は平成23年(2011年)「東日本大震災」で、3位までに挙げた人は62.0%。うち、「一番印象に残った」と回答した人は40.1%にのぼる。属性別でみると、年代別では20代が高いものの、すべての年代で6割前後が挙げている。地域別では東北が全体に比べ20ポイント以上高く、次いで関東が高い。地元や、被害のあった地域で高く、西日本では相対的に低いものの、もっとも低い近畿でも46%となっている。震災当日からもうすぐ8年がたつが、震災のもたらした傷の深さがうかがえる結果となった。


§1995年の衝撃「阪神・淡路大震災」「地下鉄サリン事件

 2位は平成7年(1995年)の「阪神・淡路大震災」で、「印象に残った」と答えたのは42.3%、うち「一番印象に残った」と回答したのは16.6%だった。3位は同じく平成7年(1995年)の「地下鉄サリン事件」で34.9%、「一番印象に残った」は7.9%だった。発生からすでに24年が経過していることから、50代以上で「印象に残った」としている人が多い。地域別では、「阪神・淡路大震災」は近畿が73.2%で、中国、四国も高く、北陸、関東以東では4割を切っている。


 平成の次の元号は4月1日に発表される。ラグビーワールドカップ日本大会や、東京オリンピックなど、華やかな国際的スポーツイベントに彩られて始まる新しい時代が、明るくあることを期待したい。


本コンテンツのグラフは無料会員サービスでのご提供となります。
【グラフを含めた完全版はこちら】(無料会員向け)

※会員のご登録はこちらをご覧ください。




【調査設計】
調査手法:インターネットリサーチ
調査期間:2019年1月11日~16日
調査対象者:当社インターネットモニター 20歳~69歳
        全国の男女個人
有効回収サンプル数:1,2178サンプル
サンプル構成(%)



おすすめ新着記事

成長市場を探せ 納豆(2020年版)
成長市場を探せ 納豆(2020年版)

「健康に良い」「免疫力を高める」などのイメージを持つ納豆が売れている。市場規模は2018年までに7年連続のプラスと成長を続けている。最近では納豆菌の研究が進み、免疫機能を高めるとされる菌株を使った商品も好調だ。新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の国内感染が報じられてからは、予防に効果があるというフェイクニュースが流れたことも記憶に新しい。健康意識の高まりを背景に、今後も持続的な成長が期待できそうだ。

「食と生活」のマンスリー・ニュースレター<br>新型コロナウイルスのインパクト! コロナは購買行動にどのような影響を与えた!?
「食と生活」のマンスリー・ニュースレター
新型コロナウイルスのインパクト! コロナは購買行動にどのような影響を与えた!?

2020年1月16日に新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の国内での罹患者確認から2ヶ月が経った。感染症対策商品が売れ、マスクや消毒用アルコールなどの品薄は未だ改善の見通しが立っていない。今回は、新型コロナウイルスの発生が生活者の購買行動にどのような影響を及ぼしているのか調査した。衛生意識の高まりや、テレワークの浸透などで生活様式が変わっていく中、新型コロナウイルスは今後の消費者の購買行動にも変化をもたらしそうだ。

成長市場を探せ 電気洗濯機(2020年版)
成長市場を探せ 電気洗濯機(2020年版)

電気洗濯機の生産金額は2008年頃から前年割れが続き、2013年には最大時の半分程度まで縮小。しかし2014年からは5年連続で上向いている。下支えするのが高付加価値化だ。自動で洗濯方法を最適化する「AIお洗濯」や、洗剤や柔軟剤の「自動投入」、スマホ連携など、時短・省手間ニーズを取り込んでいる。今後もこうした高付加価値化が進むことで、市場の拡大が見込まれる。






会員登録のご案内
消費社会白書2020
研修テキストに使える!コンテンツパッケージ販売のご案内
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
マーケティングモニターのご案内
データでわかる辛口性格診断
page top

JMR生活総合研究所マーケティングサイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2020 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.