半歩先を読む日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net

(2012.10)
消費者調査 No.161 タブレットPC、ブックリーダー(2012年10月版)
上位独占の「iPad」ファミリーに挑むのは?
 詳細データ(単純集計表・クロス集計表)(ZIP形式・会員サービス)
 タブレットPCの市場は、2010年1月の初代「iPad」発表以来、9.7インチディスプレイを採用したApple社の製品が市場をリードし続けてきました。ブックリーダーは、国内ではシャープやソニーなどから専用製品が発売されていますが、電子書籍市場が未成熟なこともあり、浸透はいまひとつという状況が続いていました。ところが、2012年秋には両市場を揺るがすような製品が次々に発表されています。
 今回は、当社が任意に選んだ27機種のタブレットPC、ブックリーダーについて、「知っている(認知率)」、「現在持っている(所有率)」、「認知者の今後の購入意向」、広告による需要喚起の指標である「広告接触者ベースの今後の購入意向」などの項目をランキング形式でお届けします。
※本稿のための調査は、iPad mini及びKindle Fireの国内発売の発表前に実施されています。

 今回のランキングでは、Apple社の「iPad」ブランド、なかでも第三世代にあたる「新しいiPad」がほとんどの項目で首位を獲得した。
 タブレットPC、ブックリーダーの市場はまだ小さく、所有率ではトップの「iPad 2」でも3.4%、ブックリーダーに至っては「Kobo Touch」の1.2%が最高だ。スマートフォンのランキング、所有率トップの「iPhone 5(Apple)」と比較しても、普及率は低い。
 しかし、「新しいiPad」の店頭接触率は5.9%、今後の購入意向は10.6%、また認知者ベースの今後の購入意向は33.2%と高い。さらには「Microsoft Surface(マイクロソフト)」や、Google社の7インチディスプレイ「Nexus 7」、ブックリーダーの「UT-PB1(パナソニック)」なども認知者ベースの購入意向で15%を超えており、今後の拡大余地は大きいといえるだろう。

 タブレットPCの市場は、「iPad」が市場の過半を占めるような状況が続いていきたが、2012年9月に「Nexus 7」を発売、10月24日にはAmazonが7インチ「Kindle Fire」の日本国内での販売を開始した。Appleも10月23日には同じく7.9インチの「iPad mini」を発表、7インチタブレットPCが一気に注目を集めている。
 GoogleとAmazonは、タブレットPC本体もさることながら、コンテンツサービスによるユーザーの囲い込みを重視、価格をiPadに比べて低く抑えている。「Nexus 7」「Kindle Fire」は、トップブランドとしての「iPad」の揺るぎない地位にどこまで迫ることができるのか。これからが競争の本番を迎えるタブレットPC、ブックリーダーの市場から目が離せない。

 本コンテンツのグラフは無料会員サービス、詳細データは有料会員サービスでのご提供となっております。
 以降の閲覧には会員サービスへのご登録が必要です。

会員サービスのご案内についてはこちらをご覧ください。
会員の方は、下記をクリックしてグラフ・詳細データをご利用ください。








【提示27ブランド】
  • iPad(アップル)
  • iPad 2(アップル)
  • 新しいiPad(アップル)
  • Nexus 7(Google)
  • GALAXY Tab(サムスン電子)
  • MEDIAS TAB(NECカシオモバイルコミュニケーションズ)
  • ARROWS Tab(富士通)
  • Xperia Tablet S(ソニー)
  • ICONIA TAB(Acer)
  • ELUGA Live(パナソニック)
  • ASUS Pad(ASUS)
  • Eee Pad(ASUS)
  • IdeaPad Tablet(レノボ)
  • REGZA Tablet(東芝)
  • SMT-i9100(サムスン電子)
  • Windows タブレット WT301/D(東芝)
  • Optimus Pad(LGエレクトロニクス)
  • Microsoft Surface(マイクロソフト)
  • Kindle Fire HD(Amazon)
  • Kindle Fire(Amazon)
  • Kindle Paperwhite(Amazon)
  • Reader(ソニー)
  • Kobo Touch(楽天)
  • BookPlace(東芝)
  • GALAPAGOS(シャープ)
  • biblio Leaf(Foxconn)
  • UT-PB1(パナソニック)

【調査設計】
調査手法:インターネットリサーチ
調査期間:2012年10月15日~17日
調査対象者:当社インターネットモニター 20歳~69歳
        全国の男女個人
有効回収サンプル数:1,043サンプル
サンプル構成(%)




新着記事

2024.02.21

企業活動分析 味の素の23年3月期は為替の影響や販売増で過去最高益を更新

 

2024.02.20

23年11月の「旅行業者取扱高」は19年比で76%に

2024.02.19

23年12月の「商業動態統計調査」は小売好調で34ヶ月連続のプラスに

2024.02.19

24年1月の「景気の現状判断」は12ヶ月連続で50ポイント超えに

2024.02.19

24年1月の「景気の先行き判断」は3ヶ月連続で全国で50ポイント超えに

2024.02.16

23年12月の「家計収入」は15ヶ月連続のマイナス

2024.02.16

23年12月の「消費支出」は10ヶ月連続のマイナス

2024.02.15

「食と生活」のマンスリー・ニュースレター 男性子育て層の約5割が利用 バンドワゴン効果で拡大する新NISA

2024.02.14

企業活動分析 パナソニックHD A2Wや車載機器・電池などの販売増や為替の影響で増収、原材料高騰が響き2割減益(23年3月期)

週間アクセスランキング

1位 2024.02.07

企業活動分析 ソニーグループの23年3月期は為替の影響やPS5販売増で2桁増収わずかに増益

2位 2023.12.27

2024年の日本を読み解く―24の視点

3位 2021.10.14

都心主要ラグジュアリーホテルのリバイバル戦略と行動直結プロモーション―産業衰退死段階の生き残り戦略【1】

4位 2024.02.09

消費者調査データ スナック菓子(2024年2月版) 圧倒的な強さ、カルビー「ポテトチップス」 再購入意向の高いPB商品

5位 2021.05.25

MNEXT 眼のつけどころ プロ・マーケティングの組み立て方 都心高級ホテル競争 「アマン」VS.「リッツ」(1)

パブリシティ

2023.10.23

週刊トラベルジャーナル2023年10月23日号に、当社代表取締役社長 松田の執筆記事「ラーケーションへの視点 旅の価値問い直す大事な切り口」が掲載されました。

2023.08.07

日経MJ「CM裏表」に、当社代表取締役社長 松田の執筆記事が掲載されました。サントリー ザ・プレミアム・モルツ「すず登場」篇をとりあげています。

ENGLISH ARTICLES

2023.04.17

More than 40% of convenience store customers purchase desserts. Stores trying to entice shoppers to buy desserts while they're shopping.

2023.02.22

40% of men in their 20s are interested in skincare! Men's beauty expanding with awareness approaching that of women

2022.11.14

Frozen Foods' Benefits Are Expanding, and Child-raising Women Are Driving Demand

2022.09.12

The Penetration of Premium Beer, and a Polarization of the Growing Beer Market

2022.06.20

6.9 Trillion Yen Market Created By Women― Will Afternoon Tea save the luxury hotels in the Tokyo Metropolitan Area